MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
美術・写真
2019.04.12

創造性溢れる「ポーランド・ポスター」を代表する14作家176点を展覧!!

神奈川県立近代美術館 葉山 開催期間:2019.04.06〜2019.06.23
65日後に終了

「日本・ポーランド国交樹立100年記念 ポーランド・ポスター展」

 

20世紀のデザイン史に揺るぎない位置を占める「ポーランド派ポスター」。それは、ワルシャワ美術アカデミーで教鞭を執ったユゼフ・ムロシュチャク(1910-1975)とヘンリク・トマシェフスキ(1914-2005)というポーランド・ポスターの双璧と彼らの教え子や、その周辺のグラフィックデザイナーたちが、1950年代後半から1970年代にかけて制作した映画、演劇、音楽、サーカスなどのデザイン性に優れたポスターを指します。当時のポーランド人民共和国は、共産主義の統一労働者党の一党独裁と経済的な低迷の時代でしたが、グラフィックデザイナーたちは、逆に商業主義にとらわれない創造性に溢れるポスターを制作し、ポーランドのみならず世界中のグラフィックデザインに大きな影響を与えました。

神奈川県立近代美術館は、日本ではいち早く、1975年と1980年に旧鎌倉館でポーランドのポスターを紹介する展覧会を開催し、その際、ポーランド政府から寄贈された1960年代と1970年代を中心とするポスター290点を所蔵しています。この度、ワルシャワ国立美術館の分館であるヴィラヌフ・ポスター美術館の協力を得てそれらを改めて調査整理し、日本とポーランドの国交樹立から100年となる今年、ポーランド・ポスターを代表する14作家(1デザインチームを含む)176点を展覧します。

 


ユゼフ・ムロシュチャク《ボリス・ゴドゥノフ》1959年デザイン、1969年印刷 神奈川県立近代美術館蔵 photo by©市瀬真以

 


ユゼフ・ムロシュチャク《言葉とイメージ ニューヨーク近代美術館コレクション・ポスター展覧会》1971年 神奈川県立近代美術館蔵 photo by©市瀬真以

 

《展覧会の見どころ》
1. 35年ぶりの本格公開
神奈川県立近代美術館のポーランド・ポスターがまとまって公開されるのは、1984年8月から12月に神奈川県下の5市を巡回した「神奈川県立近代美術館所蔵 ポーランド現代ポスター展」で80点が展示されて以来となります。

2. 服部一成さんデザインのポスター
JAGDA新人賞(2000年)、第6回亀倉雄策賞(2004年)、毎日デザイン賞(2011年)の他、2018年のワルシャワ国際ポスター・ビエンナーレで銅メダルを獲得した服部一成さんが本展覧会のポスター、チラシ等のデザインを手掛けています。

 


マチェイ・ウルバ二ェツ《溶接工は目を守れ 視力は何にも代えられない》1968年 神奈川県立近代美術館蔵 photo by©市瀬真以

 


フベルト・ヒルシェル《サーカス》1963年 神奈川県立近代美術館蔵 photo by©市瀬真以

 

日本・ポーランド国交樹立100年記念
ポーランド・ポスター展
[日時]4月6日(土)〜6月23日(日)9:30〜17:00(最終入館16:30)
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山
[休館日]月曜日(4月29日、5月6日は開館)
[料金]一般¥1,000、20歳未満・学生¥850、65歳以上¥500、高校生¥100、中学生以下無料、障がい者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)無料
[TEL]046-875-2800(神奈川県立近代美術館 葉山)
[URL]http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
※同展の観覧券で同日に限りコレクション展「彫刻のある風景」もご覧いただけます。
※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:4月7日、5月5日、6月2日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」となりますので、小さなお子様連れの方も、遠慮なくご覧ください。
*その他の割引につきましてはお問い合わせください。

 

関連イベントもCHECK!!
担当学芸員によるギャラリートーク
[日時]4月7日(日)、5月6日(月・祝)、6月8日(土)各日14:30〜15:00
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 展示室2・3
[料金]無料(申込不要/但し、高校生以下は「ポーランド・ポスター展」の当日観覧券が必要です)

近代美術館入門講座(葉山町共催)
「ポーランド人民共和国のポスター芸術について」

[日時]4月13日(土)10:00〜11:00
[会場]葉山町福祉文化会館 大会議室
[講師]籾山昌夫(神奈川県立近代美術館  普及課長)
[料金]無料
*福祉文化会館への案内地図(外部サイトへ

記念講演会「ポーランド・ポスターの胚胎」
[日時]4月27日(土)14:00〜15:30
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
[講師]矢萩喜從郎(建築家、デザイナー)
[定員]60名(申込不要/当日先着順)
[料金]無料

館長トーク
「ポーランド・ポスター展」&コレクション展「彫刻のある風景」
[日時]5月18日(土)14:00〜15:00
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 展示室
[出演]水沢勉(神奈川県立近代美術館館長 )
[料金]無料(申込不要/但し、高校生以下は「ポーランド・ポスター展」の当日観覧券が必要です)

※詳細は神奈川県立近代美術館 葉山の公式サイトをご覧ください。

 

 

  • 地域
    湘南地域
  • 場所(会場)
    神奈川県立近代美術館 葉山

    葉山館は、神奈川県立近代美術館の3番目の建物として2003年3月に竣工、10月に開館しました。天井高や照明環境に変化をつけた展示室のほか、資料の収集と情報の発信拠点を目指す美術図書室、視聴覚設備のある講堂、保存技術の粋を集めた収蔵庫など、多様な施設を備えた美術館となっています。生活の中で美術館に親しんでいただけるよう、エントランスホールから中庭、レストラン、ミュージアムショップ、庭園、さらに地下1階の美術図書室などは、観覧料なしでご利用いただけます。

    (写真2枚目/葉山館レストラン)©Norihiro Ueno
    (写真3枚目/葉山館エントランス)Kijuro Yahagi©

    • ショップ・スポット名
      神奈川県立近代美術館 葉山
    • 住所
      神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
    • 電話
      046-875-2800(代表)
    • 営業時間
      9:30〜17:00(最終入場16:30) 【休館日】月曜日(但し祝日および振替休日の場合は開館)、展示替期間(但しレストランと駐車場は月曜を除き営業)、年末年始
    • 駐車場
      有(収容台数48台、身障者専用2台、バス3台の計53台) 【有料駐車場営業】8:30〜18:00(最終入庫16:30) ※料金は美術館HP等でご確認ください。
    • 平均利用額
      【観覧料】(コレクション展)一般¥250、20未満と学生¥150、65歳以上¥100、高校生¥100 ※企画展の観覧料は展覧会によって異なります。 ※「国際博物館の日」と「文化の日」は特別に無料開館となります。
    • URL

    Map

このスポットの記事
関連記事