MAGCUL マグカル

MAGCUL(MAGNET+CULTURE)
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
美術・写真
2019.12.14

100年的超現實主義。從繪畫實驗到Tabaimo圖像

POLA MUSEUM OF ART 期間:2019.12.15-2020.04.05
結束46天

「超現實主義和繪畫-大理,恩斯特和日本的“蘇爾”」

(本網頁內容是利用Google自動翻譯服務製作,無法保證翻譯結果完全正確。請以此為前提後再行使用。)

「シュルレアリスム」は、20世紀の芸術に最も大きな影響をおよぼした芸術運動のひとつで、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが中心となって推し進めたものです。彼らは理性を中心とする近代的な考え方を批判し、理性の支配の及ばない無意識の世界に「超現実」という新たなリアリティを追い求めました。やがてシュルレアリスムは詩や思想だけではなく絵画の分野にも拡大します。ドイツ出身の画家マックス・エルンストは、コラージュやフロッタージュなど実験的な手法を用い、思いがけなイメージを生じさせる作品を生み出していきました。またスペインからこの運動に加わったサルバドール・ダリは「偏執狂的=批判的」方法という独自の理論にもとづいて絵画を制作し、美術だけではなくファッション界をも巻き込む大きな流行を作り出していきます。

こうした動向は同時代の日本にも伝えられ、1930年代を通して「超現実主義」という訳語のもと、最新の前衛美術のスタイルとして一大旋風を巻き起こします。しかし、日本では「無意識の探求」という本来の目的を離れ、現実離れした奇抜で幻想的な芸術として受け入れられます。そして、しだいに東洋的な思想と混ざり合いながら独自の絵画表現や「シュール」という感覚が生まれるに至ります。

本展は、西洋におけるシュルレアリスムの運動からどのようにシュルレアリスム絵画が生まれたのか、さらに超現実主義から、いわゆる「シュール」と呼ばれる独自の表現への展開に焦点をあてる試みです。

《ココが見どころ!!》

1. シュルレアリスムの100年の歩み。フランスから日本へ。その歴史と変遷をたどる初めての展覧会。

2019年はシュルレアリスム誕生から100年という節目にあたります。フランスで誕生したシュルレアリスムは、理性を中心とした意識では捉えきれない新しい現実を表現することをめざして始まりました。シュルレアリスム独特の実験的な技法「オートマティスム(自動筆記)」や「コラージュ」が出現したのが1919年です。しかし、日本では現実の外にある幻想的な世界を表現するものとして受け入れられていき、「シュール」という独自の発展を遂げ、映画や漫画にも影響を与えました。この100年におけるシュルレアリスムの変遷隨著超現實主義從法國到日本,再到美國和亞洲的擴張,大約有100幅畫作和版畫。

2.介紹源自超現實主義的繪畫技術,例如脫鈣和磨砂。
畫家們進行了各種探索,以表現無法被意識捕捉的現實世界。為了捕獲超出主動性的判斷和理性的事物,將偶然性和即興性的表達方式併入表達方式中。不熟練的人很容易解決這些技術,例如貼花椰菜((皮),轉錄(擦洗)和磨碎(刮毛)。它著重於繪畫技術,它被認為是進入無意識領域的原始方法,是出於深奧的目的,在日本繪畫表達的過渡過程中也接受了超現實主義。

3.介紹日本的“超現實”世界,不僅在繪畫中,而且在電影和漫畫中也可以發現。
日本超現實主義繪畫是日本畫家第一次能夠將西方繪畫昇華為他們自己的表現形式。自明治時代以來,日本畫家一直在努力達到西方繪畫的水平。但是,從1930年左右開始,那些追求自己的表達方式,使自己在西方畫家中脫穎而出並避免成為西方超現實主義繪畫的子類的人出現了。
可以說,畫家充分咀嚼西方繪畫技術,西方藝術潮流實時流入日本的環境,影響了獨特表達的實現。
該展覽展示了一個獨特的“超現實”世界,日本畫家首次通過油畫獲得了自由表達,並觀看了被認為是原始資料的視頻裝置,特效電影和漫畫。介紹有助於文化發展的各種表達方式。

399“ height =” 500“ />
賀賀古賀《白色貝殼》,1932年(昭和7年),波拉美術館收藏

超現實主義和繪畫
-大理,恩斯特和日本的“蘇爾”
[日期] 12月15日(星期日)-2020年4月5日(星期日)9:00-17:00(最後入場時間為16:30)
*展覽期間全天開放。
*有些作品可以互換,包括印刷品和照片。 <上半年:12月15日星期日-2020年2月5日星期三/下半年:2020年2月6日星期四至2020年4月5日星期日>
[地點]波拉藝術博物館
[價格]成人1,800日元,老年人折扣(65歲以上)1,600日元,大學生和高中生1300日元,初中生及以下免費
[組織者]波蘭藝術基金會波蘭藝術博物館
[諮詢] 0460-84-2111

    基於“自然與藝術之間的和諧”的理念,波拉藝術博物館於2002年在神奈川縣箱根町開業。波拉藝術博物館的藏品由波拉企業家的第二代鈴木綱吉(Tsuneji Suzuki)收集了40多年。 10,000點考慮到箱根的自然風光,建築物的高度在離地面8 m的高度,許多建築物都放置在地下,因此融入了森林。為了欣賞富士箱根伊豆國家公園的自然風光,長廊於2013年7月隆重開幕。在山毛櫸樹生長的森林中,您可以與藝術品一起享受自然漫步。

    莫奈,雷諾阿和其他印象派畫家是日本最多的西方繪畫收藏。您可以在箱根放鬆身心並欣賞地道的藝術品。作為我們的承諾之一,展覽室的燈光設置在“巴黎的七月黃昏”,以便您可以欣賞印象派畫家的精美作品。此外,您可以盡情享受展覽和季節性參觀,而不必累,例如根據每個展覽的主題更新原始商品和餐廳的課程菜單。在燈光充足的建築空間中度過片刻,這裡有大量活躍於現代世界的藝術家的作品和作品。

    • Address
      1285 Kozukayama, Sengokuhara, Hakone-machi, Ashigarashimo-gun, Kanagawa
    • TEL
      0460-84-2111
    • Business Hour
      [Opening hours] 9: 00-17: 00 (admission until 16:30), open all year round (temporary closure for exhibition change)
    • Credit Card
      Possible (VISA, MASTER, JCB, AMEX, Diners, UnionPay)
    • Parking Area
      Yes
    • Average Usage
      [Admission Fees] Adults: ¥ 1,800, Large and High School Students: ¥ 1,300, Junior High School Students and below: Free * Please check the official website for details such as usage fees.

    Map

Related article