MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
伝統芸能
2020.02.14

能「藍染川」を中森貫太、狂言「文荷」を野村萬斎が演じる〈能を知る会〉横浜公演

横浜能楽堂 開催日:2020.03.12
開催まであと22日

「「能を知る会横浜公演-天満天神がおこす奇跡劇-」 能「藍染川」中森貫太、狂言「文荷」野村萬斎」

 

能を知る会横浜公演は、「天満天神がおこす奇跡劇」をテーマに、天満天神の威徳と男女の生々しい恋愛を描く稀曲「藍染川【あいそめがわ】」を上演致します。前半は神主を巡り、手紙を介してふたりの女がやり取りをする様、後半は一転ガラッと変わり天満天神の威徳を見せるという、上演頻度が非常に少ない珍しい曲となっております。狂言は太郎冠者と次郎冠者が主人の恋文を巡り面白おかしいやりとりを繰り広げる「文荷【ふみない】」を野村萬斎師に演じていただきます。

公演の最初には、国文学研究資料館の名誉教授、小林健二様に藍染川を始め、能楽についてのお話をしていただきます。また、能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

 

 

「能を知る会横浜公演-天満天神がおこす奇跡劇-」
能「藍染川」中森貫太、狂言「文荷」野村萬斎
[日時]3月12日(木)14:00〜(13:15開場)
[会場]横浜能楽堂
[内容]
講演:「天満天神がおこす奇跡劇」小林健二(国文学研究資料館名誉教授)
仕舞:「老松【おいまつ】」 観世喜之、「鳥追舟【とりおいぶね】」観世喜正
狂言:「文荷【ふみにない】」野村萬斎
能 :「藍染川【あいそめがわ】」中森貫太
[料金](全席自由)正面席¥7,000、脇・中席¥5,500(プラス¥1,000で座席指定可能です)
[チケット販売]
■鎌倉能舞台 お電話またはFAX(下記参照)・公式サイト内のフォーム・Eメール(下記参照)・お葉書(宛名下記参照)などで承ります。
イープラス
[主催]公益財団法人 鎌倉能舞台
[TEL・FAX]0467-22-5557
[MAIL]webmaster@nohbutai.com

 

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

    高い企画・制作力によって知られる、日本の古典芸能のアーツセンター。
    能を始めとする日本の古典芸能の上演だけに止まらず、
    海外とのコラボレーションにより新たな作品も生み出しています。

    • 住所
      神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘 27-2
    • 電話
      045-263-3055

    Map

関連記事