コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

マグカルとは

「マグカル」とは?

神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー、略して「マグカル」の取組を推進しています。ここでは、主に県が実施しているマグカルの取組をご紹介します。

「スキヤキ・ソング」世界発信プロジェクト

神奈川にゆかりのある中村八大による作曲、永六輔作詞の「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」は、アメリカのヒットチャートで1位を記録し、今なお世界中で歌い継がれています。こうした昭和の名曲の数々を、現代のアーティストが歌い、奏でるコンサートを開催しました。
世代を超えて歌い継がれる名曲に多くの方々が集い、地域の賑わいを創出しました。

かながわミュージカルサミット2016

県内の市民ミュージカル団体の発表の場の確保と人材育成、さらに、広く県民にミュージカル鑑賞機会を提供し、より身近な文化芸術として関心を高め、市民ミュージカルを盛り上げる機運を醸成するため、県内4団体が青少年センターで一堂に会するミュージカルサミットを開催しました。
県内の市民ミュージカル団体が交流し、また、多くの方々に市民ミュージカルを鑑賞いただきました。

「ナミとチャル文明開化は横須賀から始まった!」の一幕 「『アリス』不思議の国のアリスより」の一幕

マグカル・パフォーミングアーツ・アカデミー

約1年間にわたり、一流の講師陣による実践的な歌・ダンス・演技のレッスンを学ぶ講座「マグカル・パフォーミングアーツ・アカデミー」を開講し、舞台芸術人材の育成に取り組みました。
レッスンを受けた受講生等による本公演「バイトショウYOKOHAMA~青春編~」では、将来舞台芸術での活躍を目指す方々をはじめ、多くの方々に舞台芸術の魅力をアピールしました。

マグカル・パフォーミングアーツ・アカデミー マグカル・パフォーミングアーツ・アカデミー

アーティスト・イン・レジデンス

アーティスト・イン・レジデンスは、国内外のアーティストが地域に滞在しながら、住民との交流を通じて芸術作品を制作する事業です。県は、平成28年度、県内各地域で活動する3団体と共催で実施しました。

ラトビアからの参加アーティスト、アスナテ・ボッチキスさんは日本とラトビアの共通点として松の木に着目 マーティン・ランズさん、アースラ・イーグリーさん

全国高等学校ストリートダンスバトル

神奈川県庁本庁舎は、県内で最初の国登録有形文化財として指定され、神奈川、横浜の魅力的な建物として“キングの塔” の愛称で親しまれています。この本庁舎に面した「日本大通り」において、県内外の高校生たちが、日頃の努力と活動の成果を発表する熱いダンスバトルを繰り広げました。7,000名の観客が訪れ、大きな賑わいをもたらしました。

全国高等学校ストリートダンスバトル 全国高等学校ストリートダンスバトル

野外演劇「常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)」

神奈川県出身の劇作家・秋元松代の代表作を、作品にゆかりのある白旗神社(藤沢市)で上演しました。2日間で約200名の方に観覧いただき、地域のにぎわいを創出することができました。
また、裏方から出演までを神奈川県内の大学生が行い、舞台芸術人材の育成につながりました。

野外演劇「常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)」 野外演劇「常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)」

神奈川かもめ短編演劇祭

全国各地、海外から、選りすぐりの演劇団体による短編演劇祭を、KAAT神奈川芸術劇場で開催しました。1団体につき1作品20分で公演し、バラエティ豊かな作品の数々をお楽しみいただきました。
演劇団体の交流の場として、また、韓国と台湾の演劇人をゲストとして招き、国際交流の場にもなりました。

神奈川かもめ短編演劇祭 神奈川かもめ短編演劇祭

神奈川県地劇ミュージカル公開コンペ

より多くの方々に、文化芸術の「鑑賞機会」や「参加機会」の充実に繋がるよう、地元の伝説や民話などを題材に盛り込んだ、地域色豊かなミュージカルのコンテスト「地劇*ミュージカル 公開コンペ」を開催しました。
当日は、700名を越える多くの方々にご来場いただき、大変な好評をいただきました。
* 各地の歴史・伝統・文化に根差した地域発の演劇を意味する「地劇」は、神奈川県マグカル・テーブル座長を務めるマーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏による造語です。

神奈川県地劇ミュージカル公開コンペ 神奈川県地劇ミュージカル公開コンペ

マグカルを担う人づくり「マグカル劇場」

舞台作品の制作や出演を目指す舞台芸術人材を育成するため、神奈川県立青少年センターを青少年の発表の場「マグカル劇場」として提供しています。 新たな人材の発掘と育成を行う「マグカル劇場」の取組をベースに、優れた作品の団体をKAAT(神奈川芸術劇場)で上演する機会を提供する「マグカル・シアター IN KAAT」も実施しています。

マグカル・テーブル

年間を通じた街のにぎわいの創出及び広域的な文化芸術振興施策の展開について、専門知識や文化芸術活動経験を有する方々から意見やアイディアをいただくため、マグカルテーブルを設置しています。

マグカル・テーブル マグカル・テーブル

マグカル・テーブルについて

アーカイブ

バイトショウ カナガワ リ・古典2016in小田原 サマーマグカルフェスタ2016

このような様々な取組みにより、マグカルによる賑わいの創出を着実に進めてきました。「マグカル」については、その名称や取組み内容を、県民の方々に知っていただきたいと考えています。
そこで、マグカル(マグカル ドット ネット)では、Facebook・twitter とも連動し、神奈川県の地域情報など、多彩な情報をリアルタイムで発信していきます。
今後は、ラグビーワールドカップ2019 や、東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、様々な芸術文化に取り組んでいる、市町村や芸術団体と連携、協力しながら、県民の皆さまと一緒に、世界に向けてオール神奈川で発信していきます。ご期待ください。

平成27年度の活動はこちら