マグカルとは
in English

「マグカル」とは?

神奈川県では、神奈川の文化・芸術の魅力が、マグネットとなって、人々を引き付け、街に魅力と賑わいをもたらすマグネット・カルチャー、略して「マグカル」を推進しています。神奈川芸術劇場(KAAT) や青少年センターなどさまざまな場所で活気ある街づくりを進めていきます!

マグカルとは マグカルとは
マグカルとは マグカルとは

神奈川発オリジナルミュージカル「HEADS UP!」

神奈川芸術劇場(KAAT) にて、ラサール石井さんプロデュースのミュージカル「HEADS UP!」が開催されました。
公演全体では、約1万人の観客動員数で、初日を過ぎてから日に日に評判が上がり、最終日近くには3階の立見席まで全て完売状態となり、初日、千秋楽には終演後観客総立ちのスタンディングオベーションを頂きました。

マグカルを担う人づくり「マグカル劇場」

『ミュージカルあふれる神奈川』事業実施の上で不可欠となる舞台芸術人材を育成し、優れた舞台作品に出演したいと思う人材や、舞台作品の制作に関わりたいと思う若い才能が集まる場所をつくるため、神奈川県立青少年センターを青少年の発表の場として提供しています。
新たな人材の発掘と育成を行う「マグカル劇場」の取組みをベースに、さらに大きな舞台へ引き上げ、マグカルの発信力を高めるステップ・アップ・システムを推進しています。

カナガワ リ・古典プロジェクト in 大山

地域の伝統芸能を、新たな芸術文化として再(=Re) 発信する、神奈川発の「リ・古典プロジェクト」は、2年前に横浜でスタートし、平成26年の江の島に続き、平成27年は11月に大山で開催しました。
新進の演出家を起用し、文化遺産の「見せ方」の工夫を行うことで、普段伝統芸能に馴染みのない方々に対しても、伝統文化の新しい魅力を発信しました。
また、通常の伝統芸能普及公演には見ることのない多数の若い方々が来場し、延べ1,000人が集まりました。

カナガワ リ・古典プロジェクト in 大山 カナガワ リ・古典プロジェクト in 大山

アーティスト・イン・レジデンス

国内外のアーティストが、地域に滞在しながら、歴史や文化、住民との交流を通じて芸術作品を制作する「アーティスト・イン・レジデンス」を、平成27 年度は小田原で実施しました。実際にアーティストが制作している現場を見学できたり、ワークショップで一緒に制作できたりと、アートを通じて多くの方々が交流しました。

アーティスト・イン・レジデンス アーティスト・イン・レジデンス

神奈川かもめ短編演劇祭

神奈川発信の短編演劇コンテスト、「神奈川かもめ短編演劇祭」では、全国各地から選りすぐられた10団体に加え、韓国の2団体も横浜に集結し、地域色・国際色豊かな新しい短編演劇コンテストを開催しました。
この演劇祭を通して、県内で活躍する演劇に携わる方々同士での交流が促進され、舞台芸術人材の育成に寄与しただけでなく、ご来場いただいた観客の皆様にも大変好評を得ました。

神奈川かもめ短編演劇祭 神奈川かもめ短編演劇祭

KANAGAWA 全国高等学校ストリートダンスバトル

県内で最初の国登録有形文化財として指定され、神奈川、横浜の魅力的な建物として“キングの塔” の愛称で親しまれている「神奈川県庁本庁舎」、西洋式街路として異国文化の趣に溢れる「日本大通り」にて、県内外の高校生たちが、日頃の努力と活動の成果を発表し、アツいダンスバトルを繰り広げました。参加者・観客合わせて3,100 名が訪れ、大きな賑わいをもたらしました。

KANAGAWA 全国高等学校ストリートダンスバトル KANAGAWA 全国高等学校ストリートダンスバトル

県庁本庁舎一般公開「県庁民俗芸能スクエアvol.2 ~かながわを彩る獅子舞~」

神奈川県内の貴重な文化遺産である民俗芸能を県民の方々に広く知っていただくため、県庁本庁舎一般公開日を活用し、民俗芸能の公演を行いました。
入場者数は第1部延べ300 名、第2部延べ600 名で、客席はほぼ満席で立ち見の方も出るなど、非常に盛況で、県内の6団体もの獅子舞を同日・同会場で上演したことにより、「県内の獅子舞を比較して見ることができ、有意義な催しであった」との意見を多数いただきました。

県庁本庁舎一般公開「県庁民俗芸能スクエアvol.2 ~かながわの獅子舞百景~」 県庁本庁舎一般公開「県庁民俗芸能スクエアvol.2 ~かながわの獅子舞百景~」

アーカイブ

バイトショウ カナガワ リ・古典2016in小田原 サマーマグカルフェスタ2016

このような様々な取組みにより、マグカルによる賑わいの創出を着実に進めてきました。「マグカル」については、その名称や取組み内容を、県民の方々に知っていただきたいと考えています。
そこで、マグカル(マグカル ドット ネット)では、Facebook・twitter とも連動し、神奈川県の地域情報など、多彩な情報をリアルタイムで発信していきます。
今後は、ラグビーワールドカップ2019 や、東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、様々な芸術文化に取り組んでいる、市町村や芸術団体と連携、協力しながら、県民の皆さまと一緒に、世界に向けてオール神奈川で発信していきます。ご期待ください。

ページトップへ戻る