コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

コレクション展「1937――モダニズムの分岐点」

神奈川県立近代美術館[葉山館]

〒240-0111 三浦郡葉山町一色2208-1  

 今から80年前の1937年。ヨーロッパでは「パリ万博」や「退廃美術展」が開催されたこの年、中国大陸での戦争が本格化し始めました。日本の美術界では、「新文展」や大小さまざまな在野団体が発足し、また、前衛運動が活発に展開しつつも、それらは時局の流れに否応なく巻き込まれていきます。
 本展では朝井閑右衛門、阿部合成、麻生三郎、内田巌、小野忠重、松本竣介、村井正誠、吉原治良などが1937年前後に制作した油彩、版画約50点を中心に、それぞれの作家が見つめていた世界を探ります。
 また、1937年に東京ほかで開催された「海外超現実主義作品展」に注目し、同展を企画した二人の詩人・批評家、瀧口修造と山中散生(やまなかちるう)がアンドレ・ブルトンらシュルレアリストたちと交わした書簡や原稿などを通して、前衛思潮の国際的な交流の一端を紹介します。あわせて、ロシア革命から20年を迎えたソヴィエト連邦の宣伝グラフ雑誌『ソヴィエト連邦建設』や、村山知義が映画、演劇の活動などを記録した「スクラップブック」を加え、同時代のモダニズムの行方を追います。

――――――――――――――――――――――
●○展覧会関連企画○●
――――――――――――――――――――――
すべて申込不要、参加無料。
ただし展示室で行われる企画は、本展の当日観覧券が必要です。

◆館長によるオープニング・トーク
「生誕160年 マックス・クリンガー版画展」&
コレクション展「1937――モダニズムの分岐点」について
日時:9月16日(土)午後2時-3時
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 展示室

◆担当学芸員によるギャラリー・トーク
日時:9月23日(土・祝)午後2時-2時30分
   10月21日(土)午後2時30分-3時
   11月2日(木)午後2時30分-3時
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 展示室3

◆近代美術館入門講座(葉山町共催)
「海外超現実主義作品展」(1937年)について
講師:朝木由香(当館学芸員)
日時:9月23日(土・祝) 午前10時-11時
会場:葉山町福祉文化会館 大会議室
http://www.town.hayama.lg.jp/manabu/profile/fukushibunka_access.html

◆無料開館日
11月3日(金・祝)「文化の日」は、神奈川県立近代美術館で開催中の
展覧会を無料でご覧いただけます。

◆ファミリー・コミュニケーションの日
毎月第1日曜日(今回は10月1日と11月5日)は、18歳未満のお子様連れの
ご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご観覧いただけます。

◆10月1日は「会話を楽しむ日」
小さなお子様連れのご家族もご遠慮なく美術館でお過ごしください。

ジャンル 展覧会・展示会
地域 横須賀三浦地域
開催日 9月16日(土) 〜 11月5日(日)
お問い合わせ 神奈川県立近代美術館[葉山館]
TEL 046-875-2800 / FAX 046-875-2968
URL http://www.moma.pref.kanagawa.jp/

神奈川県立近代美術館[葉山館]

〒240-0111 三浦郡葉山町一色2208-1