コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

パッケージデザインワークショップ参加者募集

寒川町役場、特産品を取り扱う企業など

〒253-0196神奈川県高座郡寒川町宮山165番地

藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町の2市1町で構成する“湘南広域都市行政協議会広域文化活動部会”が実施する湘南の新たな魅力を発見・発信していく湘南の魅力発見プロジェクト。
湘南地域の文化振興、次世代育成、地域間交流などを目的に、平成28年度から5年間にわたり、ワークショップ事業および映像配信事業の実施・発表を行います。
2020年(平成32年度)に開催される東京オリンピックも視野に入れ、文化・芸術という側面から新しい湘南の魅力を地域内外に向けて広く発信していきます。
今年度は、2市1町の特産品のパッケージデザインを制作するワークショップを開催します。
デザインした作品は、その制作過程を収めた映像作品とともに展示・上映会などの方法により発表を行います。

※事業の詳細につきましては、下記サイトをご覧ください。
http://www.town.samukawa.kanagawa.jp/soshiki/chomin/kyodobunka/bunka/event/1388105272494.html

JPDAさんにも取り上げていただいておりますので、よろしければご覧ください。
http://www.jpda.or.jp/whoswho_news/

主催者名:

ジャンル アート
地域 湘南地域
開催日 10月15日(日)
時間 日程により異なる
開催日詳細 9月30日(土曜日)、10月1日(日曜日)、10月8日(日曜日)、10月15日(日曜日)、12月3日(日曜日)
出演 <パッケージデザインワークショップ講師>
佐藤勝則氏(寒川町在住/グラフィックデザイナー)
東京芸術大学デザイン科卒業。森永製菓の菓子パッケージ制作に長年携わる。チョコボール、たべるマスク、BAKE、チョコモナカジャンボ、サンデーカップ、ICEBOXなど長年親しまれているブランドのほか、企業ロゴやグラフィックなどを手がけている。

<映像制作者>
前原佑柾氏(映像ディレクター)
京都精華大学芸術学部映像コース卒業。アーティストのライブの撮影や、日本を代表するクリエイター真鍋大度が参加する“ライゾマティクス”の展示作品の記録映像制作、音楽家蓮沼執太の展示等様々なプロジェクトに携わる。

<広報物制作、ワークショップアドバイス、ディレクション>
フクナガコウジ氏(藤沢市出身/グラフィックデザイナー)
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。手作りキャラメルnumbersugarのパッケージデザイン、ライブハウスwwwのフライヤーデザイン等に従事するほか、味噌を軸に日本の文化を世界に広める“大晦日”のプロジェクトを主催している。

<プロジェクトアドバイザー>
中野仁詞氏(藤沢市在住/キュレーター)
慶應義塾大学大学院美学美術史学専攻前期博士課程修了。神奈川芸術文化財団、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館、ヨコハマトリエンナーレ2017のキュレーター。美術、音楽、ダンスなど幅広い芸術分野の企画・制作に関わる。女子美術大学/東海大学非常勤講師。
お問い合わせ 湘南広域都市行政協議会広域文化活動部会
担当:白井 佑布子
メール:kyoudou@town.samukawa.lg.jp
電話:0467-74-1111
URL http://www.town.samukawa.kanagawa.jp/soshiki/chomin/kyodobunka/bunka/event/1388105272494.html
主催 湘南広域都市行政協議会広域文化活動部会

寒川町役場、特産品を取り扱う企業など

〒253-0196神奈川県高座郡寒川町宮山165番地