コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

横浜市歴史博物館 テーマ展「ハマっ子、三浦半島をゆく」

横浜市歴史博物館

横浜市都筑区中川中央1-18-1

三浦半島には海とかかわる歴史的な見どころが豊富に存在しています。たとえば、江戸時代の浦賀には「海の関所」である浦賀番所が置かれ、三崎は漁業の拠点として栄えました。そして弥生時代にさかのぼれば、海岸に沿って点在する海蝕洞穴遺跡は弥生人の海との密接なつながりを示しています。
 展示パート1では、江戸時代の三浦半島を横浜市域とのつながりも意識しながら当館所蔵資料から紹介します。展示パート2では、弥生時代の三浦半島を特徴づける海蝕洞穴遺跡である間口洞穴出土資料(神奈川県立歴史博物館蔵、神奈川県指定重要文化財)を展示します。
 横浜市域と隣接する三浦半島地域への理解を深めるとともに、横浜市域の弥生時代・江戸時代の様相を、従来とは異なった視点から紹介します。

ジャンル 地域系ネタ / 展覧会・展示会
地域 横浜市(ベイエリアを除く)
開催日 6月21日(水) 〜 7月27日(木)
時間 9:00~17:00(発券は16:30まで)
休館日 月曜日(7/17を除く)
券種/料金 大人:200円、高校・大学:100円、小・中学生:100円
お問い合わせ 横浜市歴史博物館
045-912-7777
URL http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/
主催 横浜市歴史博物館

横浜市歴史博物館

横浜市都筑区中川中央1-18-1

アクセス
横浜市営地下鉄「センター北」駅より徒歩5分