コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説:「仲秋に響く琴の音」 中森貫太 狂言:「文荷(ふみにない)」野村萬斎 他  能:「小督(こごう)」 シテ:中森健之介 ワキ:則久英志  笛:杉信太朗 小鼓:観世新九郎 大鼓:安福光雄 質疑応答:中森貫太

鎌倉能舞台

〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13

10月18日の鎌倉能舞台での県民能は「秋の名曲」 をテーマに御覧頂きます。 午後の部は野村萬斎師による狂言「文荷(ふみにない)」 と、中森健之介による平家物語を題材とする人気曲「小督(こごう)」を上演いたします。 解説&終演後の質疑応答付き。能には現代語訳や型・囃子の説明を日本語と英文で表示しますので、初めて能楽にチャレンジする方にもお楽しみいただけます。

能「小督(こごう)」あらすじ:
 帝の命を受け、平清盛の威光を怖れて嵯峨野に身を隠した小督の局を訪ねる源仲國。
 折しも十五夜の名月の元、局の弾く琴の音を聞きつけ対面を果たし、帝の御書を手渡す。
ひとこと:
 見どころの一つ「駒之段」や、帝との甘美な一時を語るクセなど見所や聞き所の多い名曲です。
 直面(能面を掛けない)のシテなので表情が出ないように気をつけないといけません。
 十五夜の夜に琴の音を頼りに嵯峨野を馬で徘徊する、良い風情の曲です。

ジャンル 伝統芸能
地域 横須賀三浦地域
開催日 10月18日(水)
時間 14:00開演
(13:30開場)
出演 解説:中森貫太      
狂言方:野村萬斎、深田博治、月崎晴夫、野村太一郎 他 
シテ方:中森貫太、中森健之介、奥川恒治、遠藤喜久、鈴木啓吾、永島 充、佐久間二郎、小島英明、桑田貴志、新井麻衣子、河井美紀
ワキ方:則久英志      
笛方:杉信太朗、小鼓方:観世新九郎、大鼓方:安福光雄 
券種/料金 全席自由席 5,500円
座席指定料・・・1,000円
(お好きなお席を指定できます)
チケット情報 ●鎌倉能舞台
TEL・FAX
0467-22-5557
(電話・FAX・HP内のフォーム・お葉書などで承ります)
WEB http://www.nohbutai.com/ticket/
●イープラス
http://eplus.jp/sys/T1U37P0422480150
お問い合わせ 鎌倉能舞台
TEL・FAX
0467-22-5557
URL http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002229157P0030001
主催 公益財団法人 鎌倉能舞台

鎌倉能舞台

〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13

アクセス
◎電車
江ノ電「長谷」駅 下車徒歩7分 

◎バス
JR鎌倉駅(横須賀線・湘南新宿ライン)よりバスにて15分「長谷観音前」下車  徒歩5分