コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

第10回乙女文楽教室

ひとみ座スタジオ

〒211-0035 神奈川県川崎市中原区井田3-10-31

【伝統人形芝居を川崎で子どもたちに!】
 川崎の人形劇団ひとみ座は、50年近く伝統人形芝居「乙女文楽」を伝承してきました。これまで国内、海外で公演を行い、好評を博してきました。
近年は、近隣の川崎市立井田病院でのボランティア公演や、井田神社での奉納公演など、地元に密着した活動も積極的に行い、川崎の地域文化としても浸透しつつあります。その様な中、地域の子どもたちに「乙女文楽」に親しんでもらいたいと、2008年より、川崎市内の小中学生を対象に、「乙女文楽教室」を開始しました。今年度、その第10回目を企画します。

【地域における青少年育成への貢献】
 毎回教室には、学校や年齢の枠を超えた様々な子どもたちが参加してくれます。中には、親が外国人、また帰国子女といった海外の文化を背景に持つ子どもたちもいます。人口増加に伴い、住民が多様化していく川崎で、子どもたちが互いに協力し切磋琢磨し、また地域の大人と交流しながら、地域芸能を伝承していくことは、地域における青少年育成の場としての役割を果たすことができると考えています。

【地域で伝承される「乙女文楽」を目指す】
「乙女文楽教室」は回を重ねるごとに、地域の方々にも知られるようになり、地域で子どもたちの上演を望む声が増えてきました。
これまでも、井田神社、秋の大祭での奉納公演を始めとし、地域寄席オープニングでの上演、PTA主催の学校行事、市の人形劇祭りでの上演など、地域で子どもたちが発表する場を積極的に設けてきました。そして少しずつ、地域の方々にも楽しみにしてもらえる、乙女文楽教室へと発展してきました。
また、教室に参加した子どもたちが、教室修了後も地域で乙女文楽を上演する機会をつくり、一過性の体験から、継続的な“伝承”を目指し、“乙女文楽教室修了生の会”を立ち上げました。
将来は地域の人たちによる、乙女文楽の伝承グループが誕生することを願っています。

対 象: 小学校高学年~高校生
定 員: 10名(先着順定員になり次第締め切り)
参加費 :無料
指 導: ひとみ座乙女文楽の人形遣い
けいこ日: 10回(発表会を除く) 各日10時~12時
      7月25日(火)・26日(水)・27日(木)・8月2日(水)・3日(木)
       9日(水)・10日(木)・16日(水)・17日(木)・26日(土)
発表会: 8月27日(日)

ジャンル 伝統芸能 / etc.
地域 川崎市
開催日 7月25日(火) 〜 8月27日(日)
開催日詳細 2017年7月25日~8月27日(発表会を入れ全11回)
券種/料金 参加費 :無料
お問い合わせ 【お問い合わせ・お申込み】
公益財団法人 現代人形劇センター
神奈川県川崎市中原区井田3-10-31
TEL 044-777-2228 / FAX 044-777-3570
mail asia@puppet.or.jp
URL http://www.puppet.or.jp
備考 後 援: 川崎市/川崎市教育委員会/(公財)川崎市国際交流協会
助 成: 文化庁・伝統文化親子教室事業/神奈川県
協 力: モトスミ・ブレーメン通り商店街振興組合/
      井田中ノ町商栄会/モトスミ・オズ通り商店街

ひとみ座スタジオ

〒211-0035 神奈川県川崎市中原区井田3-10-31

アクセス
東急東横線『元住吉駅』東口のバス停『元住吉』より井田営業所行・蟹ヶ谷行・新城行 どれかに乗り『井田営業所』下車 徒歩1分
JR南部線『武蔵新城駅』のバス停『新城駅前』より川崎駅西口行・井田営業所行・井田病院行・元住吉行・労災病院行 どれかに乗り『井田営業所』下車 徒歩1分
JR『川崎駅』より新城駅行・井田営業所行・蟹ヶ谷行 どれかに乗り『井田営業所』下車 徒歩1分