コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

第4回 版と表現展 木口木版画の世界

岩崎ミュージアム 山手ゲーテ座

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町254

「版」ー木の版に彫ることから始まった、この原初的な表現は「版画」という絵画性を内包しつつ、今に生き続けている。
木口木版画は、18世紀末から19世紀末の一時代を最もハイビジョン化した視覚表現でもあった。
木口木版の彫版は、アナログで実にシンプルな技法で、黄楊(ツゲ)や椿材を水平に輪切りした面を研磨し、そこにビュラン(彫刻刀)で彫って絵を描くだけの版画である。
しかし、これほど彫り手の技量と感覚に左右される版画は他にないと言ってもいいかもしれない。
ここに集まった15名の版画家は「木口木版画の世界」を表現する現代の先鋭的ビュランスト達である。
ビュランを駆使し、まだ見ぬ自己の世界を木口という宇宙の闇に「光」を彫り起す作家達は「版」の血脈を今なお引き継ぐ者達である。【三塩 佳晴】

10月1日(日)13:00~15:00
ワークショップ「木口木版印をつくる」
木口木版画の原理を理解していただくワークショップ。
蔵書票などに活用される木口木版による印鑑を作ります。
作った印はお持ち帰りいただけますので、自由に何時でも紙に押印して楽しむことが出来ます。
■講 師 栗田政裕
■対 象 小学校高学年くらいから大人まで
■定 員 20名(要予約)
■参加費 500円(材料費込み・税込み)

10月1日(日)15:30~16:30
ギャラリートーク「木口木版画の魅力」
「紙の宝石」と呼ばれ、われわれを魅了してやまない、その技法・作品について語り合います。
■パネリスト 柄澤齊・栗田政裕・三塩佳晴
■ 司 会  藤嶋俊會(美術評論家)
■ 参加費  無料・要予約

ジャンル 展覧会・展示会
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 9月27日(水) 〜 10月22日(日)
時間 9時40分~18時(入館は17時30分迄)
休館日 10月2日(月)・10日(火)・16日(月)
出演 小川 淳子/柄澤 齊/河内 利衣/栗田 政裕/小泉 美佳/鈴木 康生/釣谷 幸輝/長島 充/野口 和洋/林 千絵/牧野 妙子/松岡 淳/三塩 佳晴/宮崎 敬介/森山佳代子
券種/料金 大人/¥300
小人(小・中学生)/¥100

岩崎ミュージアム 山手ゲーテ座

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町254

アクセス
みなとみらい線 元町・中華街駅 アメリカ山公園口(6番)より徒歩3分