コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

公開セミナー 第41回 名作の舞台裏 土曜ドラマ『64(ロクヨン)』

情文ホール(横浜情報文化センター6階)

〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター内

テレビ番組のスタッフや出演者が、自ら制作した番組を振り返る人気公開セミナー「名作の舞台裏」第41回は、横山秀夫のベストセラーをドラマ化、原作の持つ緊迫感・重厚感を見事に映像化し話題となったNHK土曜ドラマ『64』を取り上げます。

【番組概要】
 わずか7日間で幕を閉じた昭和64年に起きた未解決誘拐殺人事件、通称「64(ロクヨン)」。時効間近となった平成14年、事件は警察庁長官のD県警視察を契機として、再び動き出す。長官慰問を拒む遺族。当時の捜査員などロクヨン関係者に敷かれたかん口令。刑事部と警務部の鉄のカーテン。謎のメモ。そして長官視察直前に発生した新たな誘拐事件は、ロクヨンをそっくり模倣したものだった・・・。
 土曜ドラマ『64』は、原作の持つ多重な人物関係、複雑な構造、緊迫感を正確に映像化した質の高い警察ドラマとして高い評価を受け、平成27年度 文化庁芸術祭 テレビ・ドラマ部門大賞を受賞した。(2015年4月18日~5月16日放送・全5回/NHK)

ジャンル etc.
地域 横浜市(ベイエリアを除く)
開催日 6月19日(日)
時間 13時30分−16時30分(13時開場)
※番組上映のあと、ゲストによるトーク
出演 ゲスト:ピエール瀧(出演)、大森寿美男(脚本)、屋敷陽太郎(制作)、井上剛(演出) 
司 会:渡辺紘史(放送人の会)
券種/料金 無料(抽選で200名)
チケット情報 <応募方法>
 往復はがきに 1)催事名「64」 2)住所 3)氏名 4)年齢 5)職業 6)希望人数(3名まで) を記入し、返信の表面に返信先の住所と氏名を明記の上、6月6日(月/必着)までに放送ライブラリー「名作の舞台裏」係宛てお送りください。
お問い合わせ <郵送・お問い合わせ先>
放送ライブラリー
〒231-0021 横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
TEL 045(222)2828
URL http://www.bpcj.or.jp/event/blog/2016/04/post20160426.html
主催 (一社)放送人の会、(公財)放送番組センター

情文ホール(横浜情報文化センター6階)

〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター内