コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

何を怖れる フェミニズムを生きた女たち

横浜シネマリン

横浜市中区長者町6-95

個人的なことは、政治的である。

本作品は、70年代の日本のウーマンリブに始まる40数年の日本のフェミニズムの歴史と、現在も続いているさまざまな女たちの活動を映像で綴るドキュメンタリーです。
70年代初頭に始まったリブ運動からほぼ40年。今や女性をとり巻く環境は大きく変わりました。この変化には、女がのぞんだ変化も、のぞまなかった変化も、想定外の変化もありました。のぞんだ変化の多くは、女であることを愛し、女たちと共感し、女たちとつながって、それぞれの立場で活躍してきたリブやフェミニズムの女たちの志がもたらした成果でした。
男社会から疎まれても、同性たちの偏見や誤解の目にさらされても、すすんで自らを「フェミニスト」と名のり、目の前に立ちはだかる壁と闘いながら生きてきた女たち。彼女たちのエネルギッシュな生と活動の軌跡は、同時代を生きている者や後から産まれた者たちに大きな勇気を与えてくれるでしょう。
そんな女たちも年齢を重ね、回顧の季節を迎えています。彼女たちが生きてきた歴史と人生の厚みを、まだ間に合ううちに記録に刻み、次の世代に手渡したいと、このほどドキュメンタリー映画の製作を企画いたしました。
映像による記録と表現は、多くのひとに豊かなメッセージを届けてくれるであろうと期待して。
「フェミニズムを生きた女たち」をつくる会(公式HPより)

ティーチインゲスト決定  10:00の回上映終了後
初日2月7日(土) 松井久子監督
2月8日(日)   上野千鶴子さん
2月9日(月)   池田恵理子さん
2月11日(水)   田中美津さん
2月15日(日)   桜井陽子さん

ジャンル 映画
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 2月7日(土) 〜 2月27日(金)
時間 10:00~12:00
出演 監督:松井久子
出演:池田恵理子、井上輝子、上野千鶴子、加納実紀代、駒尺喜美、桜井陽子、 高里鈴代、高橋ますみ、滝石典子、中西豊子、田中喜美子、田中美津、樋口恵子、 米津知子、他
券種/料金 一般 ¥1500 大学・専門 ¥1300 高校以下・シニア ¥1000
※会員料金あり ※各種割引サービスあり
お問い合わせ 横浜シネマリン TEL 045-341-3180
URL http://urx2.nu/gSOo

横浜シネマリン

横浜市中区長者町6-95

アクセス
JR根岸線  関内駅 徒歩5分
横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
京浜急行 日ノ出町駅 徒歩5分