コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

彼女について私が知っている二、三の事柄

横浜シネマリン

横浜市中区長者町6-95

「メイド・イン・USA」と同時に製作されたゴダール監督作品。4000世帯を収容するパリ郊外の団地で夫と子供ふたりと暮らすジュリエット。夫にとって自慢の妻だが、昼間は売春をして買い物を楽しんでいる主婦のひとりだった―。ベトナム戦争が激化し、中国では文化大革命が起きていた1966年、来るべき時代を予感し、高度資本主義化する都市を、新たな映像と音声のコラージュによって捉えた”彼女(パリ首都圏)”についてのシネマ・エッセイ。 

【新旧ゴダールをめぐるフリートークショー】
▶2/28(土)『女と男のいる舗道』18:45の回上映後

足立正生さん(映画監督)×寺岡裕治さん(映画系編集者)
▶3/7(土)『彼女について私が知っている二、三の事柄』18:45の回上映後
山内マリコさん(小説家)×寺岡裕治さん(映画系編集者)
▶3/13(金)『男性・女性』18:45の回上映後
青山真治さん(映画監督)×坂本安美さん(アンスティチュ・フランセ日本映画プログラム主任/映画批評家)

【特集『ゴダールの60年代、そして現在』上映作品】
『さらば、愛の言葉』 2/28(土)〜3/13(金)
『女と男のいる舗道』  2/28(土)〜3/3(火)
『彼女について私が知っている二、三の事柄』 3/4(水)〜3/8(日)
『男性・女性』    3/9(月)〜3/13(金)

ジャンル 映画
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 3月4日(水) 〜 3月8日(日)
時間 連日18:45〜
出演 監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール
出演:マリナ・ブラディ、ロジェ・モンソレ、ラウール・レビ
券種/料金 一般1300円 大学・専門学生1100円 高校以下・シニア1000円
※会員料金あり ※各種割引サービスあり
お問い合わせ 横浜シネマリン TEL 045-341-3180
URL http://urx2.nu/h47i

横浜シネマリン

横浜市中区長者町6-95

アクセス
JR根岸線  関内駅 徒歩5分
横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
京浜急行 日ノ出町駅 徒歩5分