コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

「岡本太郎-赤の衝動-」 岡本太郎美術館 常設展 (川崎市)

川崎市岡本太郎美術館

多摩区枡形7-1-5 生田緑地内

画像:岡本太郎 《傷ましき腕》 1936/1949年
岡本太郎は「あなたの好きな色は何ですか?」と尋ねられると必ず「赤」と答えていました。
絵画作品でも象徴的に使われている「赤」は岡本太郎にとって炎や太陽、血、そして命の色でした。
抽象絵画をこころざしたパリ留学中から1980年代にいたるまで、岡本は赤の色彩をもちいた作品を数多く描いています。
本展では、そんな岡本が生涯描き続けた「赤」の作品をご紹介します。

ジャンル 展覧会・展示会
地域 川崎市
開催日 4月13日(木) 〜 7月2日(日)
時間 9:30~17:00(入館締切 16:30)
開催日詳細 2017年4月13日(木)~2017年7月2日(日)
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は除く)、祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
券種/料金 4/13~4/21※常設展のみ開催期間
 一般500円/高大学生・65歳以上300円/中学生以下無料
4/22~7/2※企画展・常設展合わせてご覧いただけます。
 一般1000円/高大学生・65歳以上800円/中学生以下無料
お問い合わせ 川崎市岡本太郎美術館 電話:044-900-9898
URL http://www.taromuseum.jp/
備考 ※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

川崎市岡本太郎美術館

多摩区枡形7-1-5 生田緑地内

アクセス
小田急線 向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分
小田急線 向ヶ丘遊園駅北口から 「専修大学行」バスに乗車、「専修大学前」下車、徒歩約6分
東急田園都市線 溝の口駅から 「向ヶ丘遊園駅東口行」バスに乗車、「生田緑地入口」下車、徒歩約8分