コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

[特別展 鏑木清方没後45年]女性美と自然美~神奈川とのゆかり~ (鎌倉市)

鎌倉市鏑木清方記念美術館

 大正初め、30代半ばの鏑木清方は、日本画壇から美人画の名手として注目されていましたが、大正4年から美人画を主軸としつつ、新たな表現を求め自然の風景に重きを置いた作品を描くようになりました。
 風景画を手がけていく中、清方は次第に神奈川の景色に心惹かれていきます。「金沢八景」として名高い横浜・金沢への旅行をきっかけに、当地に別荘を持ち、金沢の風景に度々取材しました。
 そして、戦後には風光明媚な鎌倉を終の棲家の場に選び、豊かな自然に囲まれつつ創作活動を行いました。
 本特別展では、明治から昭和に描かれた自然の風情豊かな美人画作品を、清方の代表的な美人画作品≪朝涼≫や、初公開作品とともに紹介します。
【観覧料】
一般 300円、小・中学生 150円
【休館日】
 毎週月曜日(5月1日(月)は開館)
【展示解説】
 4月22日(土)、5月13日(土) 午後1時30分から

ジャンル 展覧会・展示会
地域 横須賀三浦地域
開催日 4月20日(木) 〜 5月24日(水)
開催日詳細 2017年4月20日(木)~2017年5月24日(水)9:00~17:00(入館は16:30まで)
お問い合わせ 鎌倉市鏑木清方記念美術館
URL http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
備考 ※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

鎌倉市鏑木清方記念美術館

アクセス
鎌倉駅から小町通りを北に徒歩7分左折