コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

横浜マニラ姉妹都市締結50周年記念事業 
貿易都市マニラの栄光―考古学が語る太平洋航路の成立と発展

横浜ユーラシア文化館 企画展示室

横浜市中区日本大通12

【休館日:月曜日ただし3月21日(月・祝)は開館、3月22日(火)は休館】

15世紀中葉、ヨーロッパ諸国は、アジアへそして未知の世界へ、競って大規模な航海を試み始めました。大航海時代の始まりです。彼らが求めたのは中国の高級磁器や東南アジアの香辛料です。それらを得るために当時のヨーロッパの強国スペインがアジアの拠点とした場所、それがマニラでした。以来、マニラは、中国、東南アジア、新大陸、そしてヨーロッパの文物が行きかう国際都市として栄え、マニラから大西洋を横断して新大陸のアカプルコに至る航路が確立されます。日本の肥前の磁器がフィリピン経由で新大陸まで運ばれたことも、考古学的資料から明らかになっています。
本展では、横浜・マニラ姉妹都市提携50周年を記念し、フィリピン国立博物館所蔵の考古学資料約60点を展示して、新大陸を経由してヨーロッパとアジアを結んだ港町やマニラの華やぎを伝えます。

ジャンル アート
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 1月30日(土) 〜 4月3日(日)
時間 午前9時30分~午後5時00分(発券は閉館の30分前まで)
※毎週水曜日(祝日を除く)は午後7時まで
券種/料金 一般300円、小中学生150円
お問い合わせ 横浜ユーラシア文化館
TEL 045-663-2424
URL http://www.eurasia.city.yokohama.jp/exhibition/index.html
備考 主催 横浜ユーラシア文化館

横浜ユーラシア文化館 企画展示室

横浜市中区日本大通12

アクセス
みなとみらい線「日本大通り」駅③出口から徒歩0分
JR関内駅南口、市営地下鉄関内駅1番出口から徒歩10分
市江バス「日本大通り駅県庁前」下車徒歩1分