コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

廣江理枝 オルガンリサイタル ~ 聖なる歌、祈りの詩 ~

神奈川県民ホール 小ホール

〒231-0023 横浜市中区山下町3-1

《名オルガニストが奏でる、祈りの音楽》
1998年に日本人として初めてフランス・シャルトル大聖堂国際オルガンコンクールを制覇し、第一線で活躍を続ける廣江理枝が、「聖なる歌」に思いを寄せて様々なオルガンの名曲をお届けします。前半は神奈川県民ホールに設置されたドイツ・クライス社製のオルガンの魅力を最大限に感じられる、バッハなどバロック時代の音楽を中心に。後半はロマン派以降で、主に人間の苦しみ、哀しみを神に訴える祈りをテーマにしたオルガン作品を。委嘱新作・小鍛冶邦隆の作品は、バッハの〈天にまします我らの父よ〉BWV682に関連して作曲されます。オルガン音楽の第一人者 廣江理枝ならではの聴き応えのあるプログラムを、どうぞご堪能ください。

<プログラム>
J.A.ギラン:「第2旋法の組曲」より1.前奏曲 2.ティエルス・アン・タイユ 4.バス・ド・トランぺット
J.S.バッハ:コラール「天にまします我らの父よ」BWV682(クラヴィーア練習曲集第3部より)
小鍛冶邦隆:新作(神奈川県民ホール委嘱作品・初演)
J.S.バッハ:コラール・パルティータ「ようこそ、やさしきイエスよ」BWV768
C.トゥルヌミール:「過越のいけにえ」によるコラール即興曲
L.ボエルマン:「ゴシック組曲」作品25 より “聖母マリアへの祈り”
F.リスト:バッハのカンタータ「泣き、嘆き、悲しみ、おののき」とロ短調ミサ曲「十字架につけられ」の通奏低音による変奏曲
M.デュリュフレ :アランの名による前奏曲とフーガ 作品7

ジャンル 音楽
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 9月24日(土)
時間 開演:15:00 (14:30開場)
出演 廣江 理枝(オルガン)
券種/料金 全席指定 一般3,000円 ペア(一般2枚)5,500円 学生(24歳以下)2,000円
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
チケット情報 チケットかながわ TEL 0570-015-415 (10:00~18:00)
http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/ (インターネット予約・24時間受付)
URL http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=34415
主催 神奈川県民ホール
備考 神奈川県民ホール 事業課
045-633-3798

神奈川県民ホール 小ホール

〒231-0023 横浜市中区山下町3-1

アクセス
みなとみらい線日本大通り駅3番出口より徒歩約8分
JR根岸線・市営地下鉄関内駅より徒歩約15分