コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

ポートレイトで感じる三浦のまち「三浦の人びと展」

三崎水産物地方卸売市場

三浦市三崎5丁目245−7

三浦市をテーマにしたポートレイト展「三浦の人びと展」を開催します。
本展は第1回展示を10/29(土)、10/30(日)の2日間開催し、作品を三崎口駅、三浦海岸駅、三崎港、商店街などに展示。来場者には専用スマートフォンアプリを使って作品を案内します。
そして第2回展示は12/1〜12/11までの期間、昭和初期からの遠洋漁業基地「みさき魚市場」として知られる「三浦市三崎水産物地方卸売市場」を会場に、全作品を一堂に展示します。
三崎口駅、三浦海岸駅、三崎水産物地方卸売市場をギャラリーと見立てて作品を展示するのは、それぞれの場にとって初の試みとなります。

この写真展ですがドイツの写真家アウグスト・ザンダーが100年前に試みた「20世紀の人びと」というプロジェクトを、三浦を舞台にして実施しようという試みとなります。
アウグスト・ザンダーは20世紀初頭のドイツ・ライン地方で暮らす人々を撮影し、ポートレート写真によってひとつの社会の全体像を記録しようと試みました。
昔ながら続いてきた農業・水産業が中心となっている三浦市は、ザンダーが試みたポートレイトによる「写真による文化作品」を再現することができると考え企画しました。

フォトグラファーはスタジオボイスの「日本の写真家100人」に選出され、雑誌や広告など、ポートレイト写真を中心に幅広い分野で活動している有高唯之氏が務めます。

主催:「三浦の人びと展」実行委員会 / ミサキファンクラブ
写真:有高唯之
企画:合同会社オン・ザ・ハンモック
協力:横須賀美術館 / 三崎港町祭り
後援:神奈川県 / 三浦市 / 三浦市観光協会 / 三浦半島食彩ネットワーク
協賛:マホロバ・マインズ三浦
助成:平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業

第1回展示
時期:2016年10月29日(土)、30日(日)
場所:三崎口駅 三浦海岸駅 三崎港ほか

第2回展示
時期:2016年12月1日(木)〜12月11日(日)
時間:10 : 00 〜 17 : 00
場所:三崎水産物地方卸売市場(入場無料)

ジャンル アート
地域 横須賀三浦地域
開催日 12月1日(木) 〜 12月11日(日)
時間 10 : 00 〜 17 : 00
出演 撮影:有高唯之
券種/料金 無料
お問い合わせ 「三浦の人びと展」実行委員会事務局
TEL:050-3706-8669
MAIL:info@misakifc.com
URL http://misakifc.com/peopleofmiura/
主催 「三浦の人びと展」実行委員会 / ミサキファンクラブ

三崎水産物地方卸売市場

三浦市三崎5丁目245−7