コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

陽光礼讃 谷川晃一・宮迫千鶴展

神奈川県立近代美術館 [葉山館]

三浦郡葉山町一色2208-1

 1960年代から画家、美術評論家として活躍してきた谷川晃一(1938-)と、妻で画家、エッセイストとしても名高い宮迫千鶴(1947-2008)。夫婦ともに美術と著述の両分野において第一線で活動しました。

 その二人が理想とするライフ・スタイルに行き着いたのは、1988年に伊豆高原に移住してからだといいます。都会を離れ、豊かな自然と陽光満ちた地で「日々の暮らしの中の芸術」を実践するとともに、サンタ・フェやアリゾナ、フィンランドなどを旅し、ネイティブな文化への共感を深めていきました。

 本展では、二人が東京から伊豆高原に移住し、海と山に囲まれた場所での暮らしの中から生み出された作品に焦点を当てて紹介します。アクリル画、水彩画、コラージュや布作品、身近にある様々な材料を組み合わせて作られたボックス・アート、そして最大の見どころは谷川による最新作です。特に「雑木林シリーズ」と題された新作シリーズは、伊豆高原のアトリエの窓から見える緑豊かな雑木林の風景を、単純化されながらも豊かなフォルムと、発光するかのように輝く色彩のアクリル絵具で描いたものです。

 伊豆高原での日々の暮らしや自然へのまなざし、ネイティブな文化への憧れなどをテーマにした、明るい色彩に満ちた作品の数々を、葉山館という海に面した陽光あふれる場所でぜひご覧ください。

↓陽光礼讃展プレスリリース↓
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/press/2016r_yokoraisan.pdf

――――――――――――――――――――――
●○展覧会関連企画○●
――――――――――――――――――――――
■谷川晃一氏によるアーティスト・トーク
「雑めく心」11月13日(日)
「陽光礼讃」12月3日(土)
各日:午後2時-3時30分
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
定員:70名(当日先着順)
*申込不要、参加無料

■対談 谷川晃一氏×原田光氏(美術評論家)
日時:2017年1月14日(土)午後2時-3時30分
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
定員:70名(当日先着順)
*申込不要、参加無料

■学芸員によるギャラリー・トーク
日時:11月20日(日)、12月18日(日)各日午後2時-2時30分
*申込不要、参加無料(ただし「陽光礼讃」展の当日観覧券が必要です。)

ジャンル アート
地域 湘南地域
開催日 10月22日(土) 〜 1月15日(日)
時間 午前9時30分―午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催日詳細 休館日:月曜日(ただし1月9日は開館)、12/29(木)-1/3(火)
券種/料金 一般1200円(団体1100円)/20歳未満・学生1050円(団体950円)65歳以上600円/高校生100円※()内は20名以上の団体料金です。
※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。その他の割引につきましてはお問い合わせ下さい。
※ファミリー・コミニュケーションの日:毎月第1日曜日(今回は11月6日、12月4日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は、割引料金(65歳以上の方を除く)でご観覧いただけます。
※無料開館日:11月3日(木・祝)「文化の日」は、神奈川県近代美術館で開催中の展覧会を無料でご観覧いただけます。
※入館にあたっては、地共済「B券」、公共学校共済「施設割引券」がご利用できますので、ご活用ください。
お問い合わせ tel. 046-875-2800
fax. 046-875-2968
URL http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
主催 神奈川県立近代美術館

神奈川県立近代美術館 [葉山館]

三浦郡葉山町一色2208-1