コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

なぜ今ヌードなのか?! 絵画の主題《裸婦》 若江漢字

カスヤの森現代美術館 MUSEUM HAUS KASUYA

神奈川県横須賀市平作7-12-13

【休館日:毎週月・火曜日(12月24日~1月6日は冬期休館)】 

 若江漢字は1960年代後半より美術家として国内外で発表を続け、これまでに写真を使用し「視覚」の問題を哲学的に問うコンセプチュアルな作品や政治、経済、環境問題等を含む社会的なテーマを扱ったインスタレーションなどを数多く手掛け、その年代ごとに特徴的な表現で注目を集める作品を制作している。

 本展では絵画の古典的なテーマとして様々なアーティストによって繰り返し描かれ、作品化されて来た「裸婦」に挑んでいる。クラーナハやゴヤ、アングルらが残した名作からの巧妙かつ大胆な引用などを交え、独自の視点と解釈によって制作された新作絵画を中心に展観する。
 「裸婦」については現在、ポルノを含めれば裸の女性像は巷に氾濫し、何かそれだけでは特別な領域として意識付けする事が困難に感じられる。かつて絵画の象徴的なテーマに掲げられた「裸婦」は過去のモノと捉える見方も強くある中、本展で若江氏が「裸婦」をテーマにどのような切り口で作品を構築し、新たな扉を開くのか非常に興味深い。

◆会期中のイベント
12月7日(日)14:00~作家を囲んでの茶話会:若江漢字 会費/1000円(入館料を含む)
1月18日(日)14:00~巌谷國士・トークショー

ジャンル アート
地域 横須賀三浦地域
開催日 11月14日(金) 〜 1月25日(日)
時間 10:00-18:00
(入館は17:30まで)
券種/料金 一般600円、学生500円(小学生300円)
お問い合わせ カスヤの森現代美術館 
TEL 046-852-3030
URL http://www.museum-haus-kasuya.com/
備考 ◎主催 カスヤの森現代美術館

カスヤの森現代美術館 MUSEUM HAUS KASUYA

神奈川県横須賀市平作7-12-13

アクセス
・JR横須賀線、衣笠駅より徒歩12分。
・京浜急行汐入駅下車、京急バス衣笠行きにて約15分、金谷バス停下車、徒歩4分
・横浜横須賀道路で横須賀ICから約5分、 阿部倉トンネルを通り突き当りを左折、福泉寺の先を左折。