コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

  • 日産アートアワード 2017 展 石田尚志(2015 ファイナリスト)日産グローバル本社展示風景
  • 画像:毛利悠子(2015 グランプリ受賞者)カムデン・アーツ・センターオープンスタジオ Courtesy the artist and Camden Arts Centre 毛利悠子(2015 グランプリ受賞者)カムデン・アーツ・センターオープンスタジオ Courtesy the artist and Camden Arts Centre

日産アートアワード 2017 展

BankART Studio NYK 2F

横浜市中区海岸通 3-9

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は本年、第 3 回「日産アートアワード2017」を開催します。今回は、ファイナリストの作品を展示する「日産アートアワード 2017」展(会期:2017年9月16日(土)~11月5日(日))を「ヨコハマトリエンナーレ 2017」の期間中に、BankART Studio NYK(横浜)にて開催します。

「日産アートアワード」は、隔年で開催する現代美術のアワードで、日産自動車株式会社が創業80年を迎えた2013年、「人々の生活を豊かに」というビジョンのもと、現代美術における優れた日本人アーティストの活動を支援し、次世代へと続く日本の文化発展の助力になることを目指して発足しました。2015年の第 2 回では、本アワードがアーティストにとってさらなる飛躍の通過点となることを期待して、グランプリ受賞者へ賞金に加えてロンドンレジデンスの機会を提供しました。今回も、グランプリ受賞者には海外レジデンスの機会を提供します。

日産自動車社長のカルロス ゴーンは、「今年も日産アートアワードを通じて、日本人アーティストと文化コミュニティをサポートできることを誇りに思います。また特に今年は、横浜トリエンナーレと同時開催できることを光栄に思います。日本人アーティストによる作品を楽しみにしています。多くの方が、この賞により、日本の文化発展に興味を持つことを期待しています。」と語りました。

過去2回のファイナリストは、世界各地の大型アートフェスティバルへの出展をはじめ、有力アートメディアなどで紹介されるなど、更なる活躍を見せています。本年は、2015ファイナリストのひとり、岩崎貴宏氏が5月に行われる現代アートのオリンピックとも称される国際美術展ヴェネチアビエンナーレの日本館出品作家に選出され、今後も国際舞台での活躍が期待されています。

また日産自動車では、「日産アートアワード」の一環として、ファイナリストの作品を企業コレクションとして集め、その一部を、グローバル本社内(横浜)に展示しています。今後は横浜市との連携のもと、社外への貸出しも実施し、多くの方に現代アート作品のコレクションを見ていただける機会を提供していきます。

「日産アートコレクション」最新の展示について
日産自動車グローバル本社社屋では、現在、来社されるお客様や従業員にむけて、2013、2015のファイナリスト作品の一部、計8点を展示しています。9月にはYCC ヨコハマ創造都市センター 1階ギャラリーにてコレクション作品の展示を行う予定です。

「日産アートアワード 2017」について
「日産アートアワード」が目指すもの:
「日産アートアワード」は、才能ある日本人アーティストをグローバルな視点で選抜し、海外のアートシーンでプレゼンスを高めることを後押しすると共に、日本現代美術の軌跡を後世に残し、人々がアートに親しむ社会作りを目的に、隔年で開催される現代美術のアワードです。現代社会を瑞々しい感性で鋭く見抜き、特に過去2年間の活躍が目覚ましかったアーティストに贈られます。また、本アワードを継続し、日産自動車が作品を蒐集することで、国際アートシーンにおける日本現代美術の参照点となることを目指しています。

ジャンル アート
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 9月16日(土) 〜 11月5日(日)
休館日 第二・第四木曜日
お問い合わせ 日産アートアワード 企画・運営事務局
Tel:03-6277-5561
E-mail:naa@a-i-t.net
URL http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/
主催 日産自動車株式会社
企画・運営:NPO 法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:BankART1929

BankART Studio NYK 2F

横浜市中区海岸通 3-9