コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

三溪園 早朝観蓮会

三溪園 外苑 蓮池

横浜市中区本牧三之谷58-1

蓮の花は、明け方からゆっくりと開き始め、午前7時頃一番の見ごろを迎えます。9時頃から再び閉じ始め、昼ごろには完全に閉じてしまいます。泥の中から清らかな花を咲かせることから俗世間から現れた優れた人材にもたとえられ、インドでは聖者の花、中国では君子の花といわれました。三溪園の創設者 原 三溪がとりわけ好んだ花です。
夏本番を迎えるこの季節、早朝6時に開園し、蓮に親しんでいただきます。

■開催日
7/18(土)~8/9(日)の土・日曜日、祝日 …9日間

■蓮の体験コーナー

○蓮の葉っぱでお面づくり
○蓮の茎から糸をとる
○蓮の葉っぱのシャワー
※天候や開花状況などにより、内容が変更となる場合があります。
※蓮のシャワーで濡れてもよいように、小さなお子様は、サンダル履きや着替えのご用意をお勧めします。

■プレゼント
朝8:00~抽選で20名様に栽培用の種をプレゼントします。(育て方の説明書付き)

■園内茶店の限定メニュー
早朝観蓮会のもう1つのお楽しみ、早朝限定メニューを今年も園内の茶店3軒でご用意します。
蓮を観賞した余韻に浸りながら味わう朝食は格別です。
○雁ヶ音茶屋(6:00~9:00)
 中華風がゆ 800円(ホタテ貝柱、しいたけ、鶏肉入りの特製お粥、デザート(葛きり)付)
○三溪園茶寮(6:00~9:00)
 朝がゆセット1100円(赤だし、温泉卵、紀州梅干、水ようかんなどが彩り豊かに盛り付けられたお膳)
○待春軒(6:00~9:30)
 麦とろ御飯 1000円(大和芋のとろろやハスのきんぴら、黒蜜寒天など)

■観覧の範囲
期間中は蓮越しに三重塔がながめられる蓮池の北西区域も特別に開放します。

◆関連企画
 中区絵本フェスティバル2015「蓮のおはなし」
 8/9(日) 11:00~、14:00~(各回30分程度)
 特別公開中の鶴翔閣で、蓮が登場する物語を中心に紹介します。
 「中将姫」、「夏の朝」、「くもの糸」など
 参加費:無料(入園料のみ) 定員:30名  協力:めぐみ座

ジャンル etc.
地域 横浜ベイエリア(中区・西区)
開催日 8月8日(土) 〜 8月9日(日)
時間 午前6:00~8:30
※三溪記念館、合掌造りは9:00から通常公開となります。
※その他の古建築は9:00まで雨戸を閉めたままとなります。
券種/料金 入園料のみ(大人500円、小学生200円)
早朝観蓮会終了後は、そのまま園内を観賞できます。
お問い合わせ 三溪園 TEL 045-621-0635
URL http://www.sankeien.or.jp/news/news623.html
備考 主催 三溪園

三溪園 外苑 蓮池

横浜市中区本牧三之谷58-1

アクセス
■横浜駅東口2番のりば(市バス8・148系統)35分本牧三渓園前下車、徒歩5分
■桜木町2番のりば(市バス8・148系統)25分、本牧三渓園前下車、徒歩5分
■みなとみらい線 元町中華街駅4番出口 山下町から(市バス8・148系統)15分、本牧三渓園前下車、徒歩5分