コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

  • 新宮 晋の宇宙船 新宮晋《雲の日記》2016年
    長崎県美術館での展示時に撮影
    (c)Susumu Shingu
  • 画像:新宮晋《空のこだま》2016年<br>長崎県美術館での展示時に撮影<br>(c)Susumu Shingu 新宮晋《空のこだま》2016年
    長崎県美術館での展示時に撮影
    (c)Susumu Shingu
  • 画像:新宮晋《オーロラ》2016年<br>長崎県美術館での展示時に撮影<br>(c)Susumu Shingu 新宮晋《オーロラ》2016年
    長崎県美術館での展示時に撮影
    (c)Susumu Shingu
  • 画像:新宮晋《小さな惑星》2016年<br>長崎県美術館での展示時に撮影<br>(c)Susumu Shingu 新宮晋《小さな惑星》2016年
    長崎県美術館での展示時に撮影
    (c)Susumu Shingu

新宮 晋の宇宙船

横須賀美術館

神奈川県横須賀市鴨居4-1

「無限に広がる宇宙に存在する数えきれない星の中でも、色彩豊かで、様々な光や音が響き合う、とびっきりユニークな星、地球に、一人の人間としてボクは生まれた。これはどう考えても、奇跡としか言いようがない」 *新宮晋「この星に生まれて」(本展図録所収)より

新宮(しんぐう)晋(すすむ)(1937-)は、風や水の流れなどを受けてユニークな動きをみせる屋外彫刻でひろく知られるアーティストです。見る者に自然のエネルギーをあらためて感じさせる作品は、国内のみならず世界各地に設置され、その土地の風景と一体となって親しまれています。


今回の個展「新宮 晋の宇宙船」では、屋内空間のために生み出された近作・新作14点によって、美術館をひとつの大きな作品のように構成します。そこには、空気や水、光に恵まれたユニークな星、地球を愛する新宮の自然観、世界観、創る喜びが表現されています。

また会期中、美術館前の「海の広場」に、風で動く21点の彫刻群を設置します。これらは、新宮が2000年6月から1年半にわたり、それぞれ自然環境のまったく異なる地球上の6箇所で行ったインスタレーション「ウインドキャラバン」で用いられた作品です。

— 展覧会の見どころ —
■室内のわずかな空気の流れで、無重力空間のような動きを見せる作品
室内のために制作された作品の多くは、天井から吊るす「ハンギング・モビール」です。ごく軽量に作られた金属の軸とたくさんの帆で構成された《星の海》は、わずかな空気の動きで帆が回転し、全体のバランスを崩すことで、連鎖的にゆっくりと動き続けます。その姿は、まるで満点の星がきらめくようです。

■水の流動性、重さによって動く作品
本展では、水の力で動く2つの作品を、室内で展示します。
《小さな惑星》では、メタリックな流線型の6つのパーツが、内部に水を流し入れることで、互いの運動の影響をうけながらゆっくりと回転します。静かな水面の上で、作品に反射した光が飛び交うと、宇宙のような幻想的な空間があらわれます。

■「海の広場」に展開する、ウインドキャラバンの作品
2000年6月から1年半にわたって、それぞれ特異な自然環境にある地球上の6箇所(兵庫県三田市・新宮のアトリエ前の田んぼ/ニュージーランド・オークランド沖の無人島/フィンランド・北極圏の凍結した湖/モロッコ・サハラ砂漠につながる岩山/モンゴル・緑の大草原/ブラジル・海と湖の間の大砂丘)を旅した「ウインドキャラバン。」このプロジェクトで実際に使用された21点の彫刻作品が、観音崎の潮風を受けてよみがえります。

■長編ドキュメンタリー映画「ブリージング・アース」上映会
「ウインドキャラバン」を経て、地球環境への関心をさらに深めた新宮はやがて、風や自然エネルギーだけで自活する村「ブリージンング・アース」のアイデアを持つようになります。ドイツの映画監督トーマズ・リーデルスハイマーはその実現に向けての新宮の活動を6年にわたり取材。長編ドキュメンタリー映画「ブリージング・アース:新宮晋の夢」(2012年/93分)としてまとめました。「新宮 晋の宇宙船」関連事業として、2回にわたりこの映画の上映会を行います。

日時:11月5日(土)、12月3日(土) 18:10〜19:40
(17:30 開場・18:00までに入場してください)
定員:先着120名(いす席70名)
開場:横須賀美術館エントランスホール
参加費:無料

ジャンル 展覧会・展示会
地域 横須賀三浦地域
開催日 11月3日(木) 〜 12月25日(日)
時間 10:00〜18:00
開催日詳細 休館日:11月7日(月)、12月5日(月)
券種/料金 一般900(720)円、高大・65歳以上700(560)円、中学生以下無料

*()内は20名以上の団体料金 
*市内在住または在学の高校生は無料 
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料

*11月3日(木・祝)は無料観覧日です。
チケット情報 前売り券は美術館受付、横須賀芸術劇場チケットセンター(横須賀芸術劇場1階、横須賀中央駅モアーズシティ1階)でお求めになれます。
お問い合わせ tel:046-845-1211
e-mail:kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp
URL http://www.yokosuka-moa.jp/
主催 横須賀美術館

横須賀美術館

神奈川県横須賀市鴨居4-1