コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

人の縁と文化をつなぐ、旅人たちの成果発表会「逗子海岸映画祭」

人の縁と文化をつなぐ、旅人たちの成果発表会「逗子海岸映画祭」

ゴールデンウィークの逗子の風物詩となった「逗子海岸映画祭」。アーティストやミュージシャン、写真家、料理人ら地元のクリエーターが作り上げるテーマパークのような空間は、彼らが移動式映画館「CINEMA CARAVAN」での旅を通して交流してきた、国内外のさまざまなバックグラウンドを持つ人たちとのコミュニケーションが体感できる文化交流の場でもあります。

今回は8回目となる今年の開催を前に、地域間交流にかける思いや、場作りへのこだわりについて、発起人の長島源さんにお話をうかがいました。



第8回逗子海岸映画祭
会場:神奈川県逗子海岸
日程:2017年4月28日〜5月7日
開場:11時〜上映終了時(※4月28日、5月1日、5月2日の平日は15時開場)
映画上映:19時〜
入場料金:一般1,500円、高校生以下無料(逗子市民の方は身分証明証の提示により500円)
主催:逗子海岸映画祭実行委員会
共催:逗子アートフェスティバル
協力:逗子市
後援:逗子市観光協会、逗子市教育委員会
http://zushifilm.com/





Interview&Text:齊藤 真菜
Photo:加藤 甫

ローカルtoローカルのつながりを集約

ーー映画祭と、年間を通しての活動は、それぞれどんな位置付けなのでしょうか?

映画館兼カフェのCINEMA AMIGOが地元に根ざした拠点、シネマキャラバンが外とつないでいく活動です。年1回の逗子海岸映画祭は、自分たちが逗子の中と外で培ってきたいろんなつながりを、映画やアート作品やワークショップなど何らかの形で来場者に体験してもらう、映画祭といっても映画だけがメインではない、文化体験のイベントです。

IMG_6705_th
逗子海岸映画祭発起人でミュージシャンの長島源さん

メンバーはみんな旅好きなので、「拠点を持った旅人」というのは最初からコンセプトとしてありました。単なる旅って、行った先で交流が生まれても、一過性のもので終わってしまうけど、自分たちが育てていける拠点を持った上で旅に出ると、旅先で得たものを持ち帰ってきて反映できたり、単発で終わらずに今度はこっちに招待できたり、それがあることで交流するときの密度が違ったりする。そういうことによって、つながりが太くなっていくのかなと。

ーースペインのバスク地方との地域間交流は、どんなきっかけで始まったのですか。

現地在住で、バスク文化を日本に伝えたいという志を持った日本人の人が、現地の映像作家たちと作った映像作品を日本で見せる機会はないかとシネマアミーゴを訪ねてきてくれたのが、最初の縁でした。そこで、シネマアミーゴで映画の上映イベントをやったり、バスクの人を招待するイベントをやったりして、今度はシネマキャラバンの志津野雷がサンセバスチャンに取材に行く機会があって、そこから行き来が始まりました。

そうして2010年ぐらいからバスクの人たちを招待するということをしてきた中で、冊子を作ったんですが、それをバスク在住の彼がサンセバスチャン国際映画祭のディレクターに見せたら、「もしこちらに来るなら映画祭の中でシネマキャラバンをやったら」と言ってくれたんです。それで2013年には、シネマキャラバンのコアメンバー10人くらいを含めた合計25、6人で、日本からサンセバスチャン国際映画祭に参加しました。

その時にさらに多くの現地の人と仲良くなってから、毎年何かしらの形で、バスクからのアーティストや料理人が逗子海岸映画祭に来てくれるようになりました。

IMG_6705_th
(c) ZUSHI BEACH FILM FESTIVAL

ーーインドネシアはどうでしょうか。

シネマキャラバンのメンバーでもある現代アート作家の栗林隆くんが、インドネシアのジョグジャカルタというところに拠点を移したんです。ジョグジャカルタのアートシーンは今すごく盛んで、いろんなつながりができるし、物価も安いので大きな作品も作りやすいんですね。

2015年にジョグジャカルタの「ART JOG(アートジョグ)」という現代アートの祭典にシネマキャラバンで呼ばれて行ってから、今度は現地の人たちが逗子海岸映画祭に来てくれるようになりました。隆くんのアシスタントや学生など、アーティストの卵たちが半分勉強も兼ねて日本に来て、作品を作って発表するほか、期間中は設営も手伝ってくれています。

IMG_6705_th

僕らがよく使っている「勝手に姉妹都市」という言葉は、実は鎌倉のNPOのルートカルチャーの皆さんが言い始めた表現なんですが、僕らとしては、日本×スペインや日本×インドネシアというよりも、逗子×サンセバスチャン、逗子×ジョグジャカルタというように、ローカルtoローカルというのを意識しています。日本国内でも白川郷や夕張、野沢など何カ所かつながっている地域があるんですが、国内外関係なく、そのつながりが網の目のようになっていって、交流が進んでいけばいいなと。

地方深くに秘められた魅力を掘り起こす

――シネマキャラバンの旅先では、どんな場の作り方をするんですか?

シネマキャラバンは、まちおこし的な形と、アーティスト集団として呼ばれるときと、2通りあって、その時々で違うんですが、基本的に現地の人と一緒に作り上げるということや、その土地にあるものを活かすことを大事にしています。

白川郷に行ったときは、スクリーン自体を伝統工芸品の美濃和紙で作ったり、スクリーンフレームを合掌造りに使われる材料で作ったりしました。また、料理も、現地の食材を使いながら、現地の人が発想しないようなメニューを提供して、地域の新しい食の提案をするというようなこともしています。

IMG_6705_th
美濃和紙とねそ(マンサク)で作ったスクリーン (c) ZUSHI BEACH FILM FESTIVAL

新潟の大地の芸術祭では、現地の限界集落をモチーフに作品化してほしいという依頼で、それを表現したインスタレーションと映画上映、パフォーマンスをしました。

――サンセバスチャン映画祭ではどうですか。

日本の文化紹介という名目ですが、シネマキャラバンでつながりのある国内の地域のカルチャー紹介をするというコンセプトにして、会場は現地のアーティストとコラボレーションして作り上げています。また、昨年はオランダの「SONSBEEK」というアートイベントにアーティスト集団として呼ばれて行ったのですが、そこでつながったアーティストもサンセバスチャンに呼んで、3都市間の交流になりました。

IMG_6705_th
縁日のような空間や、「花魁道中」の演出も (c) ZUSHI BEACH FILM FESTIVAL

――逗子海岸映画祭の会場は、とても洗練された雰囲気で、都内からのお客さんも多いですね。

お客さんの8割方は、海外の遊園地に来たようなちょっとした非日常的な雰囲気を味わいに来てくれているのかなと思います。企業ロゴだらけの商業的な雰囲気になってしまったり、学芸会っぽい感じになってしまわないように、僕らもすごくこだわっていて、趣旨に賛同してくれるスポンサーさんだけにお付き合いいただきながら、会場作りをしています。

そういう部分をとっかかりにして来てくれた人の何割かでも、僕らが本当に伝えたいほかの地域のカルチャーやメッセージを、拾って持ち帰ってもらえたらいいなと思っています。

IMG_6705_th
(c) ZUSHI BEACH FILM FESTIVAL

培った人間力をコミュニティの強みに

――一番のメッセージは何ですか?

シネマキャラバンは常に「地球と遊ぶ」をキーコンセプトにしています。たとえば逗子海岸映画祭では嵐が直撃するようなときもあるし、そういうことを一つひとつ皆でクリアしていくことで、関わる人たちの根本的な生きていく強さのようなもの、人間力が上がっていって、それがコミュニティの強みになるということを一番大事にしていますね。

今後は、文化を紹介するだけでなく、ほかの地域でやっていることで逗子でも取り入れられるようなもの、地元の住環境を良くしていくような取り組みを広げていってムーブメントにすることで、街の魅力を作っていくきっかけにできたら良いですね。

関連するURL
http://zushifilm.com/

あなたにおすすめの特集記事

NEW

雨の日でも楽しめる鎌倉♪鶴岡八幡宮から徒歩で行ける…

鎌倉駅から小町通りを抜け、鶴岡八幡宮へ向かう道沿いにも様々...
6月28日公開

続きを読む:雨の日でも楽しめる鎌倉♪鶴岡八幡宮から徒歩で行ける…
NEW

マグカル読者プレゼント♪ 箱根ラリック美術館招待券

箱根ラリック美術館は、アール・ヌーヴォーとアール・デコの時...
6月24日公開

続きを読む:マグカル読者プレゼント♪ 箱根ラリック美術館招待券

「慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ」

1901年に創立。慶應大学の学生が主体となって運営を続け、...
6月21日公開

続きを読む:「慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ」

Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第2回

『このお店を知っていたら、かっこいい女かも。』女友達を連れ...
5月31日公開

続きを読む:Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第2回

「神奈川西・日本の伝統文化」 祭り特集 (湯河原編)

毎年5月第4土曜日に開催する「湯かけまつり」は、湯河原の初...
5月20日公開

続きを読む:「神奈川西・日本の伝統文化」 祭り特集 (湯河原編)

横浜は『怪人』だけじゃない!KAAT 神奈川芸術劇場周…

KAAT 神奈川芸術劇場で現在上映されている、劇団四季のミ...
5月19日公開

続きを読む:横浜は『怪人』だけじゃない!KAAT 神奈川芸術劇場周…

マグカルレポート Vol.1 第65回ザよこはまパレード

横浜開港記念みなと祭 第65回ザよこはまパレード(国際...
5月18日公開

続きを読む:マグカルレポート Vol.1 第65回ザよこはまパレード

「KAAT EXHIBITION 2017」詩情の森 語りかたられる…

4月30日から、KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ...
5月5日公開

続きを読む:「KAAT EXHIBITION 2017」詩情の森 語りかたられる…

神奈川県民ホール、5月のおススメコンサート

1.KODA KUMI LIVE TOUR 2017 ~W...
4月30日公開

続きを読む:神奈川県民ホール、5月のおススメコンサート

GW限定プレゼント企画♪ 普及公演「横浜狂言堂」

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日 普及公演「横浜...
4月30日公開

続きを読む:GW限定プレゼント企画♪ 普及公演「横浜狂言堂」

FMヨコハマ×マグカルドットネットコラボ企画

「覇魂(ばっこん)!」の雄叫びでお馴染みのFMヨコハマ...
4月26日公開

続きを読む:FMヨコハマ×マグカルドットネットコラボ企画

マグカル・サイトリニューアル記念♪プレゼント

<プレゼント1>「モーション・ブルー・ヨコハマ」ライブご招...
4月26日公開

続きを読む:マグカル・サイトリニューアル記念♪プレゼント

あなたにおすすめのイベント

横須賀三浦地域

11/25

県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説…

鎌倉能舞台

続きを読む:県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説…

横須賀三浦地域

11/25

県民のための能を知る会 鎌倉公演 : 解…

鎌倉能舞台

続きを読む:県民のための能を知る会 鎌倉公演 : 解…

横浜ベイエリア(中区・西区)

11/15

県民のための能を知る会 横浜公演 講演:…

横浜能楽堂

続きを読む:県民のための能を知る会 横浜公演 講演:…

横須賀三浦地域

10/24

県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説:…

鎌倉能舞台

続きを読む:県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説:…