コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

「神奈川西・日本の伝統文化」 祭り特集 (湯河原編)

「神奈川西・日本の伝統文化」 祭り特集 (湯河原編)

毎年5月第4土曜日に開催する「湯かけまつり」は、湯河原の初夏を告げる恒例の祭り。名湯で知られる湯河原温泉の湯を神輿に向かって勢いよくかける、参加型の祭りとして知られています。湯河原の魅力を知り尽くす(一社)湯河原温泉観光協会企画課長の久野木孝一さんに、祭りの由来と湯河原でいま注目されている魅力あふれるスポットや食べ物などについてお話を伺いました。



久能木 孝一(Kunoki Takaichi)プロフィール
一般社団法人湯河原温泉観光協会企画課長
1962年生まれ。湯河原町在住




Interview&Text&Photo:三沢真理

「湯河原温泉湯かけまつり」について

ーー「湯かけまつり」はどんな祭りですか

 

湯河原温泉街は神奈川県と静岡県に県境を流れる千歳川と上流の藤木川沿いに縦長に位置し、この川沿いの不動滝から、泉公園まで「ドッコイ、ドッコイ」という掛け声とともに神輿が練り歩き、約2kmの沿道からは観客が湯河原温泉の湯を威勢よく神輿にかけます。湯は1000樽(約60t)用意していますので、見て楽しむというより湯をかけてビショビショになる参加型の祭りです。特に、メイン会場となる湯河原観光会館前広場と泉公園では神輿が会場内を練り歩くので盛大に湯が飛び交います。

ーー何がきっかけで始まったのでしょうか

 

江戸時代、当地の湯の効能が高いことから温泉を樽に詰めて大名家や御用邸に献上したと言われています。当時の道中の安全を祈願してお湯をかけ、お祓いする儀式にちなんだことから始まり、今回で34回目を迎えます。現在ではお湯に感謝の気持ちを込めて神輿にかけるようになりました。


IMG_6687_th

ーー誰が神輿を担いでいるのですか

 今年の神輿は4基の予定で、担ぎ手の内3基は地元の神輿会、1基は当会で企画する「湯かけまつり体験ツアー」参加者によるものです。女性限定ではありますが、まだ体験ツアー参加者を募集していますので気になる方はぜひお問い合わせください(先着100人、参加者全員にオリジナル半纏(はんでん)プレゼント、参加費3000円)。

「湯河原温泉」について

ーー湯河原温泉にはどのような効能があるのでしょう

湯河原温泉は古くから名湯と伝えられ、泉質は弱アルカリ性で無色透明です。効能は幅広く、切り傷や打撲をはじめ、神経痛や婦人病などに大きな効能があるとされています。


IMG_6687_th
狸が見つけた美肌の湯としても有名な湯河原温泉。その美肌の湯を存分に浴びる祭り

ーー湯かけまつりを一層楽しむにはどうしたらいいでしょう

 

 担ぎ手も、観客も、両方が楽しめるのが湯かけまつりです。ぜひ思いっきり濡れて楽しんでいただきたいですね。当日は、湯河原温泉の旅館から集めた何万本もの割り箸を燃やして無病息災、五穀豊穣を祈る神事の行事「御箸(みはし)まつり」も湯河原観光会館前広場で同時開催します。同広場では屋台も出ますし、日中は「独歩(どっぽ)の湯」という足湯施設もありますので一日楽しめるのではないでしょうか。


IMG_6687_th
参加者は水着の上に半纏を着て神輿を担ぎます

湯河原温泉を「もっと」楽しむ

ーーそのほか、湯河原で楽しめるイベントはありますか

 6月1日から11日まで、万葉公園で自生のゲンジホタルを鑑賞する「ほたるの宴」と湯河原観光会館で花菖蒲の鉢が並ぶ「花菖蒲展」を開催します。ホタルは川の水温・気温によって発生の時期は前後しますが、自生ならではのゆったりと優雅に飛ぶホタルの光をお楽しみいただける予定です。

ーー最近、湯河原町で注目されているもの・スポットを教えてください

 湯河原はいま、パン屋とラーメン店が特に人気があるようですね。テレビで度々取り上げられることもあり、入店に人数制限をする店や入るまでに何時間も行列ができる店もあると聞いています。また、湯河原は古くから神聖なエネルギーが働いている場所と言われており、五所神社、城願寺、幕山の3ヵ所を巡る「トリプルパワースポット巡り」も若い女性を中心に注目を集めています。これら3ヵ所を巡り画像をSNSにアップすると神聖な木のパワーを身に着けられるご祈祷グッズもプレゼントしていますのでぜひ巡ってみてください。

ーー最後に、久能木さんの湯河原が好きなポイントを教えてください


IMG_6687_th
湯河原温泉観光協会企画課長 久能木さん

 気候が温暖で、自然にあふれ、街の人間が穏やかでのんびりしているところですね。都心からそれほど遠くもなくアクセスしやすい場所ですし、住みやすいです。昔から夏目漱石や名だたる文豪たちが静養のため湯河原を訪れてきましたが、最近では若いアーティストの方たちも増えてきているようです。ぜひ皆さんにも湯河原に来ていただきたいです。

マグカル編集部より
 祭りのメイン会場となる湯河原観光会館前広場のすぐ横には、足湯のある万葉公園が広がります。園内には茶室もあり、川のせせらぎと鳥のさえずりを聞きながらお抹茶もいただけます。湯かけまつりもホタルの宴も、夜の時間帯のイベントなので楽しんだ後は湯河原温泉にのんびりと浸かって宿泊したくなりました。

湯かけまつり
開催日 平成29年5月27日(土) 雨天決行
※例年5月第4土曜日の開催になります。
開催時間:神輿パレード:19:00~21:30
御箸(みはし)まつり・火入れ式:19:00~(湯河原観光会館前広場)
神輿パレード区間:不動滝(19:00出発)~湯河原観光会館(20:00過ぎ頃)~泉公園(21:00頃到着)

ほたるの宴・花菖蒲展 
開催期間:平成29年6月1日(木)~6月11日(日)
開催時間:19:30~21:00(花菖蒲展は10:00~)
開催場所:万葉公園内花木園
入園料金:無料

お問合せ:(一社)湯河原温泉観光協会 TEL0465-64-1234
※女性限定湯かけまつり体験ツアーの申し込み締め切りは5月20日頃まで

あなたにおすすめの特集記事

NEW

ヨコハマ・パラトリエンナーレ 2017 ディレクターに…

東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、世界から注...
9月21日公開

続きを読む:ヨコハマ・パラトリエンナーレ 2017 ディレクターに…

3年に1度、世界の現代アートが横浜に ヨコハマトリエ…

横浜市内で3年ごとに開催されている現代アートの国際展「ヨコ...
9月15日公開

続きを読む:3年に1度、世界の現代アートが横浜に ヨコハマトリエ…

FMヨコハマ×マグカルドットネット コラボ企画第2回「…

「はぁ~いフジタでェ~す!」の声でお馴染み、FMヨコハマ(...
9月12日公開

続きを読む:FMヨコハマ×マグカルドットネット コラボ企画第2回「…

マグな人々 第2回「横内謙介氏」

神奈川県の「マグカル」の取組を推進するために、有識者からご...
8月29日公開

続きを読む:マグな人々 第2回「横内謙介氏」

神奈川・日本の伝統文化 祭り特集 「藤沢宿・遊行の…

今年で12回目を数える藤沢の夏の風物詩「藤...
8月23日公開

続きを読む:神奈川・日本の伝統文化 祭り特集 「藤沢宿・遊行の…

マグカル・アカデミー (小田原編) 「小田原少年少女…

小田原を中心に国内外で活動を続ける小田原少年少女合唱隊が、...
8月16日公開

続きを読む:マグカル・アカデミー (小田原編) 「小田原少年少女…

Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第3回

JazzyPopシンガーのRyu Mihoです。...
8月14日公開

続きを読む:Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第3回

8月8日は「笑いの日」 大井町ふるさと劇団&お笑いラ…

8月8日はハ(8)ハ(8)の語呂合わせで「笑いの日」として...
8月6日公開

続きを読む:8月8日は「笑いの日」 大井町ふるさと劇団&お笑いラ…

「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」

子どもたち、そして、大人になった子どもたちへ。 川崎市 ...
8月4日公開

続きを読む:「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」

森山開次によるワークショップ「おどろう!描こう!」

「絵を描くようにおどったり、おどるように絵を描い...
7月30日公開

続きを読む:森山開次によるワークショップ「おどろう!描こう!」

マグカル読者プレゼント♪ 地劇ミュージカル 「日本…

8月12日(土) 〜 8月13日(日)に神奈川県立青少年セ...
7月25日公開

続きを読む:マグカル読者プレゼント♪ 地劇ミュージカル 「日本…

「もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡 地劇ミュージカル …

神奈川県では、文化・芸術の魅力で人を引きつけ、地域に賑わい...
7月24日公開

続きを読む:「もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡 地劇ミュージカル …

あなたにおすすめのイベント

川崎市

10/1

日本民家園 竹細工「小判型六つ目かご」 (…

川崎市立日本民家園 

続きを読む:日本民家園 竹細工「小判型六つ目かご」 (…

川崎市

9/24

日本民家園 人形浄瑠璃 「生写朝顔話 宿…

日本民家園 旧工藤家住宅(国指定重要文化財)

続きを読む:日本民家園 人形浄瑠璃 「生写朝顔話 宿…

川崎市

11/1

二子散策と「老舗料亭やよい」でお茶を飲…

東急田園都市線「二子新地駅」東口改札前

続きを読む:二子散策と「老舗料亭やよい」でお茶を飲…