コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

神奈川県民ホールギャラリー「アート・コンプレックス」シリーズ アーカイブ

「アート・コンプレックス」シリーズ アーカイブ

アート・コンプレックスシリーズとは

現代美術と、ダンス、音楽など他ジャンルの表現を実験的に関係させることで、新たなアートの創造を試みるプロジェクト。神奈川県民ホールギャラリーで開催される企画展と連動する形で開催されている。

パフォーミングアーツ=ブラックボックス、アート=ホワイトキューブという枠を飛び越えて、まちなかのカフェ、電車内、路上など様々な日常空間に芸術表現の場が広がりをみせてきている昨今ですが、それに加えて美術展そのものがクロスオーバーなパフォーマンスの現場になるということも、より身近になってきたのではないでしょうか。ここでは、2007年から作曲家・ピアニストでもある一柳 慧監修のもと、いち早く先鋭的な手法でそのことを行ってきた神奈川県民ホールギャラリーの「アート・コンプレックス」シリーズに焦点をあててみました。
 
舞台芸術において演出家による総合化が一般的な方法論だとすれば、このアート・コンプレックスは、より個々の独自性に重きをおき「様々な表現分野がそれぞれ独立しながらもぶつかり合う場」を目指しているとのこと。2007年からの「アート・コンプレックス」シリーズのあゆみをまとめてみました。 

アート・コンプレックス2007〜のあゆみ

2007
 
塩田千春 展「沈黙から」 × コンスタンツァ・マクラス & ドーキー・パーク「沈黙」
 
ドイツを拠点に世界各地で活躍する作家・塩田千春展の展示空間で、ベルリン在住の振付家・コンスタンツァ・マクラスの新作公演と多和田葉子・高瀬アキによるパフォーマンスを展開。
 

2007AC
左:塩田千春展《沈黙から》 中央:コンスタンツァ・マクラス&ドーキー・パーク 右:多和田葉子×高瀬アキDUO:音の間 ことばの魔   撮影:西村 康

 
2008
 
小金沢健人 展「あれとこれのあいだ」 ×
一柳慧プロデュース「音楽×能×映像の共演」|三輪眞弘 プロデュース 「愛の賛歌-4ビット・ガムラン」

 
作曲家の一柳慧、三輪眞弘それぞれのプロデュースに、映像作家の小金沢健人が加わり、2夜の演奏会を開催。第一夜は、和&洋、音楽&舞踊&ヴィジュアル・アートという多角的なコラボレーションを繰り広げた一柳プロデュース。第2夜は、「愛の賛歌-4ビット・ガムラン」の演奏に小金沢健人のアートが折り重なり、独創的なガムラン世界を出現させた三輪眞弘プロデュース。
 
2008AC
左:小金沢健人《速度の落書き》 中央:音楽×能×映像の競演 右:愛の賛歌−4ビット・ガムラン”  撮影:佐藤実咲

 
2009
 
「日常/場違い」展 × 首藤康之・中村恩恵「時の庭」
 
トップダンサーとして世界的に活躍する首藤康之が、オランダ在住の美術作家佐藤恵子のインスタレーション作品に触発され、作家自身と対話を重ねて構想をあたため実現。振付けにはキリアンはじめ気鋭のアーティストと共同制作を重ねる中村恩恵を迎えダンスと美術が融合した新たな作品を創出。
 
2009AC
左:佐藤恵子《変容》 撮影:田中雄一郎  中央・右:時の庭 撮影:matron

 

2010
 
泉 太郎展「こねる」 × 一柳慧・山下洋輔・有馬純寿スーパー・セッション

 
50年代NYに渡り帰国後も第一線で音楽界を牽引し続ける一柳慧、JAZZの世界はもとより、オーケストラや世界のアーティストらと共演するなど国内外で広く活躍する山下洋輔、ライヴ・エレクトロニクス界の第一人者である有馬純寿ら第一線で活躍する音楽家が、新進気鋭のアーティスト泉太郎の映像世界を舞台に、ガーシュインの<ラプソディ・イン・ブルー><プレリュード>などの名曲を熱演。
 

2010AC
左:泉 太郎《靴底の耕作》 中央・右:一柳・山下・有馬スーパー・セッション 撮影:青柳 聡

 

2011
 
「日常/ワケあり」 × ジョン・ケージ生誕100年「せめぎあう時間と空間」

 
生誕100年を迎えたジョン・ケージに焦点をあて「不確定性」をテーマにパフォーマンスを展開。深遠な光がニューヨークを拠点に活動するアーティスト田口一枝のインスタレーションを舞台に、ケージとの親交でもよく知られる一柳慧をナビゲーターに迎え、北村明子の構成によるパフォーマンスを展開。
 

2012AC
左:田口一枝《reum/stream》 中央・右:せめぎあう時間と空間 撮影:田中雄一郎

 

2014
 
「日常/オフレコ」 × つむぎねパフォーマンス「さく」

 
青田真也、安藤由佳子、梶岡俊幸、佐藤雅晴、八木良太という気鋭作家5名による「日常/オフレコ展」を舞台に、宮内康乃が率いる音楽グループ「つむぎね」が「オフレコ」というコンセプトから引き出された「新月」を意味する言葉「朔」をテーマにパフォーマンスを展開。
 

2014つむぎね
左:日常/オフレコ展展示風景  撮影:杉山 豪介(Gottingham Inc.)  中央・右:つむぎねパフォーマンス「さく」

 

関連するURL
http://www.kanakengallery.com/

あなたにおすすめの特集記事

NEW

雨の日でも楽しめる鎌倉♪鶴岡八幡宮から徒歩で行ける…

鎌倉駅から小町通りを抜け、鶴岡八幡宮へ向かう道沿いにも様々...
6月28日公開

続きを読む:雨の日でも楽しめる鎌倉♪鶴岡八幡宮から徒歩で行ける…
NEW

マグカル読者プレゼント♪ 箱根ラリック美術館招待券

箱根ラリック美術館は、アール・ヌーヴォーとアール・デコの時...
6月24日公開

続きを読む:マグカル読者プレゼント♪ 箱根ラリック美術館招待券

「慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ」

1901年に創立。慶應大学の学生が主体となって運営を続け、...
6月21日公開

続きを読む:「慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ」

Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第2回

『このお店を知っていたら、かっこいい女かも。』女友達を連れ...
5月31日公開

続きを読む:Ryu Mihoの『Woman in Jazz♡』第2回

「神奈川西・日本の伝統文化」 祭り特集 (湯河原編)

毎年5月第4土曜日に開催する「湯かけまつり」は、湯河原の初...
5月20日公開

続きを読む:「神奈川西・日本の伝統文化」 祭り特集 (湯河原編)

横浜は『怪人』だけじゃない!KAAT 神奈川芸術劇場周…

KAAT 神奈川芸術劇場で現在上映されている、劇団四季のミ...
5月19日公開

続きを読む:横浜は『怪人』だけじゃない!KAAT 神奈川芸術劇場周…

マグカルレポート Vol.1 第65回ザよこはまパレード

横浜開港記念みなと祭 第65回ザよこはまパレード(国際...
5月18日公開

続きを読む:マグカルレポート Vol.1 第65回ザよこはまパレード

「KAAT EXHIBITION 2017」詩情の森 語りかたられる…

4月30日から、KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ...
5月5日公開

続きを読む:「KAAT EXHIBITION 2017」詩情の森 語りかたられる…

神奈川県民ホール、5月のおススメコンサート

1.KODA KUMI LIVE TOUR 2017 ~W...
4月30日公開

続きを読む:神奈川県民ホール、5月のおススメコンサート

GW限定プレゼント企画♪ 普及公演「横浜狂言堂」

勝手に決めました、毎月第2日曜日は狂言の日 普及公演「横浜...
4月30日公開

続きを読む:GW限定プレゼント企画♪ 普及公演「横浜狂言堂」

FMヨコハマ×マグカルドットネットコラボ企画

「覇魂(ばっこん)!」の雄叫びでお馴染みのFMヨコハマ...
4月26日公開

続きを読む:FMヨコハマ×マグカルドットネットコラボ企画

マグカル・サイトリニューアル記念♪プレゼント

<プレゼント1>「モーション・ブルー・ヨコハマ」ライブご招...
4月26日公開

続きを読む:マグカル・サイトリニューアル記念♪プレゼント

あなたにおすすめのイベント

横須賀三浦地域

11/25

県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説…

鎌倉能舞台

続きを読む:県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説…

横須賀三浦地域

11/25

県民のための能を知る会 鎌倉公演 : 解…

鎌倉能舞台

続きを読む:県民のための能を知る会 鎌倉公演 : 解…

横浜ベイエリア(中区・西区)

11/15

県民のための能を知る会 横浜公演 講演:…

横浜能楽堂

続きを読む:県民のための能を知る会 横浜公演 講演:…

横須賀三浦地域

10/24

県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説:…

鎌倉能舞台

続きを読む:県民のための能を知る会 鎌倉公演 解説:…