stamp-000

横浜が舞台の人気マンガ「文豪ストレイドッグス」スタンプラリーで観光名所を歩こう!

太宰治、中島敦、芥川龍之介…日本近代文学の文豪たちと同名の登場人物がバトルアクションを繰り広げるマンガ・アニメ作品「文豪ストレイドッグス」をご存知ですか?
横浜を舞台としたこの作品は現在単行本売上410万部を突破する人気コミックで、横浜市と株式会社KADOKAWAがタイアップした「文豪ストレイドッグス スタンプラリー in YOKOHAMA」がただいま開催中です(10月31日まで)
物語の舞台である横浜の観光名所8カ所がラリーポイントになっていて、さらにラリーシートを提示すると各施設の入場料が割引になるなど特典もあります。
気持ちの良い秋の一日、「文豪ストレイドッグス スタンプラリー」のポイントを巡りながら横浜観光ウォーキングしてきました。


Text:大関留美子

「文豪ストレイドッグス スタンプラリー in YOKOHAMA」に登場するキャラクターがデザインされたスタンプラリーポイントは以下の8カ所です。


  • ・横浜マリンタワー 【中原中也】
  • ・三溪園 【芥川龍之介】
  • ・横浜人形の家 【国木田独歩】
  • ・神奈川近代文学館 【中島敦】
  • ・市営地下鉄 横浜駅 【江戸川乱歩】
  • ・市営地下鉄 桜木町駅 【宮沢賢治】
  • ・横浜赤レンガ倉庫 【太宰治】
  • ・よこはまコスモワールド 【泉鏡花】


一日で回れない範囲ではないけれど、できるなら各ポイントをあわただしく過ぎるのではなく、効率よく観光を楽しみながら回りたいですね。

なので今回、一番ベストと思われるルートと周辺情報をご紹介します。乗り物は少なめで歩くことを重視したルートです。ぜひご参考にしてくださいませ。

1. スタートは市営地下鉄・横浜駅

お友だちと参加するならばここを起点にして待ち合わせをするのがベストでしょう。市営地下鉄ブルーラインの横浜駅はJR横浜駅の西口、相鉄線乗り場の近くにあります。
スタンプポイントは改札に向かって右手にあるジョイナスへの入口近くにありました。

市営地下鉄・横浜駅のスタンプラリーポイント
市営地下鉄・横浜駅のスタンプラリーポイント

ますはここでスタンプラリーシートを手に入れ、最初のスタンプを押しましょう!横浜駅のキャラクターは「江戸川乱歩」です!

また、歩くのはほどほどにしてポイントを回りたいのならば一日乗車券を利用するのもおすすめ!
市営バス・地下鉄の制服を着用した作品キャラクター(太宰治・中島敦)の描き下ろしイラストを使用した「文豪ストレイドッグスオリジナル乗車券」を発売しているので、作品ファンであればこれはゲットしたいですね!



文豪ストレイドッグスオリジナル乗車券

  • 価格:市営バス・地下鉄共通1日乗車券 大人券1枚830円
  • ※小児券は販売いたしません。
  • 販売枚数:2種類・各1,500枚限定(計3,000枚)
  • 販売期間:平成28年10月1日(土)から10月31日(月)まで
  • (有効・払戻期間 11月30日(水)まで)
  • 販売場所:市営地下鉄横浜駅・桜木町駅(販売時間は始発から終電までの間)

2. 市営地下鉄・桜木町駅

地下鉄に乗って2駅目、桜木町で下車しましょう。駅のホーム階には大型の『文豪ストレイドッグス』の特製イラストが掲出されています!
いったいどんなイラストかは見てのお楽しみに!ということで、桜木町駅では改札を出た目の前にスタンプポイントがありました。

桜木町駅スタンプポイント

桜木町駅のキャラクターは「宮沢賢治」です!
ちなみに、各ポイントには作品のマンガの1ページが展示されていて、そのラリーポイントの場所にちなんだセリフに編集されていて、それもちょっとした楽しみポイントです。

参考:市営地下鉄ブルーライン横浜駅→桜木町駅 206円(ICカード優先)乗車時間3分

3. よこはまコスモワールド

市営地下鉄桜木町駅をみなとみらい方面出口で出て、JR桜木町駅を抜けると大観覧車が見えます。次の目的地はその観覧車のふもとです!行き方は日本丸を右手に見ながら海沿いの道を「国際橋」目指して歩くのがいいでしょう。
コスモワールドはふたつのエリアに分かれていて、今回目指す観覧車のある「ワンダーアミューズゾーン」は国際橋を渡った側になります。

大観覧車乗り場を目指していきましょう 大観覧車乗り場を目指していきましょう

観覧車ふもとの建物の中に3つ目のラリーポイントがありました。よこはまコスモワールドのキャラクターは今回唯一の女性キャラ「泉鏡花」です(実在の泉鏡花は男性ですが)

アニメのカット絵も展示されています アニメのカット絵も展示されています

スタンプ3つ目ゲットしました!

(ここまで来て気がつきましたが、もしポケモンGO !をやってるのであれば、この先もけっこう歩いて移動しますので、アプリを立ち上げておくことをお勧めいたします!)

せっかく来たのでお天気が良ければ大観覧車「コスモクロック21」にもぜひ乗ってみてください。昼は360度のパノラマで横浜の街と海と港の風景を、夜は宝石箱のような夜景を楽しむことができます。

よこはまコスモワールド
  • 所在地:神奈川県横浜市中区新港2丁目8番1号
  • 電話番号: 045-641-6591(代)
  • 入園料:無料
大観覧車「コスモクロック21」
  • 料金: 800円(3歳以上)
  • 利用対象: 0歳〜(※小学生未満は16歳以上の付添い(有料)が必要)

4. 横浜赤レンガ倉庫

コスモワールドをワールドポータース横浜側に出て、道なりに進むとサークルウォークという円形の歩道橋が前に見え、歩道橋を超えた向こうに次の目的地赤レンガ倉庫があります。このあたりはお天気が良ければベイブリッジや大桟橋、山下公園なども見え、なかなか気持ちいいお散歩コースです。

横浜のシンボル・赤レンガ倉庫 横浜のシンボル・赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫は明治・大正時代に建てられて以来、関東大震災や空襲、連合軍への接収など激動の時代をくぐり抜けた港ヨコハマのシンボル的建造物です。長く倉庫として利用されたのち老朽化により休眠、90年代より大規模な修繕が行われ、2002年に文化施設&商業施設として新たに甦りました。

さて、そんな赤レンガ倉庫のスタンプラリーポイントは2号館の4階です。

横浜赤レンガ倉庫のキャラクターは「太宰治」

横浜赤レンガ倉庫のキャラクターは「太宰治」です。ここにはキャラクターのスタンディ―(等身看板)が立ち、赤レンガの壁と雰囲気が合いなかなか素敵なコーナーになっていますね!

横浜赤レンガ倉庫には、たくさんのショップやレストランがあります。ここまでけっこう歩いてると思うので、少し休憩してはいかがでしょうか?

billsのパンケーキ

スクランブルエッグやパンケーキが有名な「bills」や、ベッドでゴロゴロできる席があることで話題の「chano-ma(ちゃのま)」など、魅力的なお店が入っています。

横浜赤レンガ倉庫
  • 所在地:神奈川県横浜市中区新港1-1
  • 電話番号:2号館インフォメーション:045-227-2002
  • 営業時間:1号館:10:00~19:00、2号館:11:00~20:00
  • ※1号館文化施設の開館時間およびカフェレストランの営業時間は店舗により異なります。
  • 定休日:スタンプラリー期間中(10/31まで)は無休

5. 横浜マリンタワー

さて赤レンガ倉庫から次は横浜マリンタワーへ!…赤レンガ倉庫を出た通りをそのまま象の鼻テラス方面へ歩き、横浜税関のところで海岸通りに出て、大桟橋入口を渡ると左手が山下公園です。

せっかくなので山下公園内の海を見ながら通り抜けるのもいいですね。次に目指すマリンタワーはもう目の前に見えています。

さて、マリンタワーのスタンプラリーポイントは展望フロアにあるのでここは入場券を購入してください。スタンプラリーの台紙を提示すると割引になりますよ!

この日は「臓器移植普及推進月間」の普及啓発として、夜になるとグリーンにライトアップされていました。 この日は「臓器移植普及推進月間」の普及啓発として、夜になるとグリーンにライトアップされていました。 マリンタワーのキャラクター「中原中也」
マリンタワーのキャラクター「中原中也」

スタンプラリーポイントは展望フロア29階にありますが、横浜マリンタワーのキャラクター「中原中也」のスタンディ―は1階に展示されていました。隣には横浜出身のミュージシャン「ゆず」のサイン入りポスターもありました。

昼間の景色も素敵ですがやはりここは夜景がきれいですね。時間に余裕があればマリンタワーは最後にして夕焼け~夜景を楽しむのもおすすめです。

横浜の素晴らしい夜景をお楽しみください 横浜の素晴らしい夜景をお楽しみください
横浜マリンタワー
  • 所在地:神奈川県横浜市中区山下町15番地
  • 入場料:大人:750円→割引で675円 / 中高生:500円→割引で450円
  • 小学生:250円→割引で225円 / 幼児:200円/→割引で180円
  • 営業時間:10:00~23:30(最終受付 22:00)
  • 定休日:なし

6. 横浜人形の家

マリンタワーを出て元町側に歩くとすぐに「横浜人形の家」があります。

横浜人形の家

ここは重要ポイントが二か所!ひとつはスタンプラリーポイント、そしてもうひとつはミュージアムグッズコーナーです。
こちらもスタンプラリーポイントに入るのには入場料が必要です。マリンタワー同様ラリーシートの提示で割引があります。

展示は常設展と企画展があり、スタンプラリーは常設展の入場料だけでOKですがせっかくなのでお時間のある方は企画展もぜひ。「Kawaii」をキーワードに約70名の工人の作品が集まった「Kawaiiこけし展」が11月27日(日)まで 開催中です。

常設展には世界100か国以上の国々の人形たちが集まり、西洋アンティークから市松人形、リカちゃんまで幅広く楽しめます。

充実のスタンプラリーポイント 充実のスタンプラリーポイント

スタンプラリーポイントは3階のイベントスペースにありますが、こちらは今回のラリー会場の中で最も充実した内容の展示を楽しめました。

  • ・現在製作中の『文豪ストレイドックス』の1/7スケールフィギュア・ねんどろいど 製作過程のパネル紹介
  • ・テレビアニメ『文豪ストレイドックス』のキャラクター紹介
  • ・これまでに登場した『文豪ストレイドックス』のぬいぐるみなどの展示。
横浜人形の家のキャラクターは「国木田独歩」でした! 横浜人形の家のキャラクターは「国木田独歩」でした!

また、1階のミュージアムショップでは文豪ストレイドックスのグッズも販売しています。



横浜人形の家
  • 所在地:神奈川県横浜市中区山下町 18番地
  • 電話番号:045-671-9361
  • 入場料:大人400円→割引350円
  • 小・中学生200円→割引100円
  • (企画展・特別展は別途料金が必要)
  • 定休日:毎週月曜休館(祝日の場合は翌平日)
  • 開館時間 :午前9時30分〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
  • ショップ 午前10時~午後18時
  • カフェ 午前11時~午後19時
  • ※営業時間は変更する場合もあります。

2016年10月29日(土)・30日(日)の2日間はなにかが起こる!?ハロウィンイベント開催! ★合言葉は「トリック・オア・トリート」
ハロウィン衣装・コスプレをして 入館された方には、合言葉で カフェにてアイスクリームを プレゼント!コラボ展示開催中の「文豪ストレイドッグス」の コスプレももちろん大歓迎!

★詳細はこちら→ 横浜人形の家 – 横浜人形の家 ハロウィンイベント

7. 神奈川近代文学館

さて、スタンプラリーもゴールを入れて残り3カ所になりました!次の2つは今までと比べて少し遠い!まずは横浜の有名観光地・港の見える丘公園の先にある「神奈川近代文学館」に行きましょう。
ここに行くのに一番の難関は坂!しかし今は坂の上までエスカレータで行ける設備ができました。まずはみなとみらい線「元町・中華街駅」まで行き6番出口改札にある、アメリカ山公園に行くエスカレータ、またはエレベータに乗りましょう。

上がった先にはアメリカ山公園があり、公園を抜けて道なりに進むと右手に外人墓地の入口、そして左の先の正面には「港の見える丘公園」の入口があります。

港の見える丘公園に入り、右手にあるバラ園を抜けた先にある大佛次郎記念館の奥にレンガ造りの陸橋「霧笛橋」があります。その橋を渡った先の建物が近代文学館です。

「神奈川近代文学館」では神奈川県ゆかりの文学者の原稿や書簡など貴重資料を展示し、作家とその作品を紹介しています。

11月27(日)まで特別展特別展「安岡章太郎展――〈私〉から〈歴史〉へ」が開催中です 11月27(日)まで特別展特別展「安岡章太郎展――〈私〉から〈歴史〉へ」が開催中です

こちらにも『文豪ストレイドッグス』のファンには見逃せない展示が!

全国の文豪ゆかりの文学館案内とメッセージブック 全国の文豪ゆかりの文学館案内とメッセージブック

そのひとつは全国の文豪ゆかりの文学館の案内です。今年の秋は兵庫県芦屋市の谷崎潤一郎記念館で文豪ストレイドッグスとのコラボイベントが開催中、大阪府堺市の与謝野晶子記念館では11月1日より横浜に続きスタンプラリーを開催予定!とのことで各イベントのチラシが設置されています。

そしてもうひとつは、スタンプラリーポイントでここにしかない、文豪ストレイドッグス作者の朝霞カフカ先生・春河35先生、掲載誌「ヤングエース」編集部あてのメッセージブックの記帳所です。イベント終了後、このブックを文学館から先生方に渡してくれるとのこと!

中を少し拝見しましたが、熱い応援メッセージとすごく上手なイラストがカラフルにたくさん描かれていて、作品ファンの愛がたくさんつまった素敵なメッセージブックでした。
週末などは、これを描くために訪れたファンの人たちで列ができるほど人気だそうです。

さらに常設展コーナーには、神奈川近代文学館とのコラボオリジナルイラストも展示されています。こちらもファンには必見ですね。

神奈川近代文学館のキャラクターは、横浜にゆかりの深い文豪で、物語の主人公「中島 敦」
神奈川近代文学館のキャラクターは、横浜にゆかりの深い文豪で、物語の主人公「中島 敦」
  • ・スタンプポイントは入場無料ですが、常設展には入場料がかかります。※ラリーシートで割引があります。
  • ・展示入館者には『文豪ストレイドッグス』オリジナルポストカードを先着2000名にプレゼント。

神奈川県立神奈川近代文学館

  • 所在地:神奈川県横浜市中区山手町110
  • 電話番号:045-622-6666
  • 入場料:一般600円→割引400円
  • 65歳以上・20歳未満及び学生300円→割引200円
  • 高校生100円→無料/中学生以下無料
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は開館)、展示切り替え期間、年末年始
  • 開館時間 :午前9:30~午後17:00  ※閲覧室は平日午後18:30(土日祝は17:00)

~ちょっと寄り道~

せっかく山手まで来たので、近辺の横浜らしいエキゾチックな街並みを楽しみましょう。港の見える丘公園のバラ園では、秋バラがちょうど見頃を迎えています。
外人墓地入口まで戻り道沿いに進むと山手十番館、山手資料館と雰囲気のある洋館が並びます。

山手の街並み

さらに横浜山手正教会の角を左に行くとChristmas Toysという一年中クリスマスのお店があります。お店の中はクリスマスグッズでいっぱい。見ているだけでワクワクしてきます!

Christmas Toys

少し早いですが、今からクリスマスのプレゼントをおみやげに選んでもいいかもしれませんね。

Christmas Toys
  • 所在地:神奈川県横浜市中区山手町239
  • 電話番号:045-623-1696
  • 営業時間:9:30~18:00 (土・日・祝日は~19時)

8. 三渓園

さて!スタンプラリーもゴールが近づいてきました!次は今回のエリアの中では最も遠い「三渓園」です。ここへ歩いていくのはかなり大変なのでバスを使いましょう。

三渓園に行くバスは、横浜市営バス8系統と148系統です。

「港の見える丘公園」からのわかりやすいルートは「元町・中華街駅」に戻り、川を渡って「横浜人形の家」近くにある「山下ふ頭入り口」バス停から乗るのがいいでしょう。

または少し難易度が高いですが、こちらのルートで行くとけっこう近道です。

少し難易度が高いですが、こちらのルートで行くとけっこう近道です

港の見える丘公園入口から海に向かって進み、展望台のある広場を左に行き公園を出ると、海側を右手に進む細い道があります(愛の母子像がある道よりも、もうひとつ崖沿いの方の道です)。その道を進んで行くと崖下に降りる階段があります。降りて進むと大きな道路に出ます。その道路の横断歩道を渡り少し左に行ったところに「山下橋」というバス停があります。

三渓園に行く横浜市営バス8系統・148系統が停まるバス停です。これに乗り「三溪園入口」で降りれば、三渓園はそこから徒歩5分です。

※バスに不慣れな人は、最初のスタンプラリー目的地を三渓園にして、横浜駅または桜木町駅から横浜市営バス8・148系統に乗り、直行したほうがいいかもしれません。
※土・日曜日・祝日限定ですが横浜駅東口より「ぶらり三渓園BUS」というバスも出ています。

参考:横浜市営バス8・148系統 三渓園入口↔横浜駅 216円(ICカード優先)乗車時間約40分

三渓園 京都や鎌倉などから集められた歴史的建造物17棟が自然豊かな園内にたくみに配置された日本庭園です

園内へは入場券を購入してください。ラリーシート提示で割引になります。

製紙・生糸貿易で差異を成した実業家・原三渓(はら さんけい)が明治39年に開園したこの三渓園には三渓氏の長男の友人だった芥川龍之介がたびたび訪れていて、三渓園を詠んだ俳句も残しているそうです。

というわけで、三渓園のキャラクターは「芥川龍之介」でした!

三渓園のキャラクターは「芥川龍之介」

庭は内苑と外苑の二つのエリアに分かれていて、内苑には多数の文化的価値のある建築物が点在し四季折々の風景を楽しめます。
外苑には大きな池と茶屋などの休憩処があり、うどんやおでんなどの軽食やお団子やお汁粉などの甘味を楽しめます。おすすめは原三渓が考案したというこちらの「三渓麺」。ここでしか食べられませんよ!

梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所でもあり、外国人にも人気のある横浜でも有数の日本文化が体験できる観光スポットです。
10月26日(水)から11月23日(祝)まで開催の「菊花展」では菊花約500点を展示。大菊や懸崖・小菊盆栽などレパートリー豊かな菊花の世界が楽しめます。

三渓園
  • 所在地:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 電話番号:045-621-0635
  • 営業時間:9:00~17:00(最終入園 16:30)
  • 定休日:12/29~12/31
  • 入場料:大人500円→割引で400円
  • 小学生200円→割引で100円
  • アクセス:「横浜駅」東口、または「桜木町駅」より
  • 市バス8・148系統 三溪園入口下車・徒歩5分
  • ぶらり三溪園BUS(土・日曜日・祝日限定運行) 三溪園下車

ゴール!横浜駅東口 アニメイト横浜

ラリーポイント、あとはゴールだけになりました!三渓園からバスに乗り、そのまままっすぐ横浜駅まで戻りましょう。終点のひとつ手前「横浜駅改札口前」で下車してください。横浜駅東口前のヨコハマプラザホテルの建物内にラリーのゴール「アニメイト横浜」があります。

アニメイト横浜のキャラクターは「フランシス・F」でした
アニメイト横浜のキャラクターは「フランシス・F」でした

こちらで最後のスタンプを押して、ラリー完了です!記念の缶バッチをいただきましょう。

お疲れさまでした~!

横浜の観光名所をひと通り歩いて巡る楽しい一日になりました。スタンプラリーはコンプリートの達成感があっていいですね!
アニメイトの隣には崎陽軒本店があります。お土産に横浜名物シウマイもいかがでしょうか?

文豪ストレイドッグスのスタンプラリーは10月31日(月)まで開催中です。

関連する特集記事

ページトップへ戻る