コンテンツの本文へ移動する

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。

食いしん坊からはじめるJAZZ ー横濱ジャズバー巡りー

Text : 大島 智恵

 ボランティアライターが独自の視点でお届けしている「マグカルさんが行く! 」コーナーからのスピンオフ企画。「もぐカルさんが行く!」始動!町のグルメ情報をその時々のホットな切り口でお送りします。


記念すべき第一回は、日本最大級のジャズフェスティバル「横濱JAZZ PROMNADE」の開催地でもある”横浜”。そこに点在するジャズバーのオススメ料理を食べ歩き♪

「J A Z Z B a r ってたくさんありすぎてどこに行けばいいのかわからない… 。」「行きたいんだけど行くきっかけがない… 。」

そんな方のために、ジャズについては素人ですが、食べることには余念がないマグカルレポーターが、食いしん坊目線でお届けする「ジャズバーの楽しみ方」をご紹介します。

文末の「横浜ジャズマップ」を片手に、いざ横浜の町へ!

「はじめまして!ジャズは素人、好物はひき肉料理、食べてる最中に話しかけられるのが大ッキライ!もぐカルレポーターもぐ島です! ジャズバーの数が日本一と名高い横浜のJAZZスポットでは、きっとおいし~いものがたべられるんじゃないかと、興味津々・食欲フル稼働で巡ってきました。
 
じゃんじゃんご紹介していきますよ~☆
 
最初に訪れたのは、JAZZクラブ・ファーラウトに併設されていて、ランチも食べられるカフェ『TIME OUT(タイムアウト)』
http://www.jazz-farout.jp/
 
●farout1_small
 
JAZZクラブ、スタジオ、教室・・・など様々な顔を持つ『FAROUT』
 
さっそくオススメの「タコライス」をいただきました!
 
●farout10_small
 
大きめのプレートいっぱいに山盛りのタコライス!
 
「早く食べたい!」と急ぐ気持ちを抑えて混ぜ混ぜしていると・・・。何かが糸を引いてるけど・・・チーズ?一見トッピングには見受けられなかったチーズがどこかに隠れていた様子。おっと、サプライズ・チーズ! 感動しながらパクリ、もぐもぐ、うんうん! カリッカリのひき肉が香ばしくてジューシー。ひき肉好きにはたまらない!みずみずしいトマト&シャキシャキレタスもグッドアシストし、ノンストップで完食。ふはぁ…なんて幸せな昼下がり。
 
食後、お話を伺ったオーナーさんは『ジャズ詩大全22巻』の執筆を手掛けたジャズピアニストの村尾陸男さん。こちらのスタジオでは村尾さんらによる講義やレッスンも行われているそう。
 
‘å‘S20Šª [XVÏ‚Ý]
 
<ジャズ詩大全 全22巻> 完成までに10余年かかったのだとか!
 
続いて向かったのは『Bar Bar Bar』
 
http://www.barbarbar.jp/
 
●BarBarBar1_small
 
風格のある外観、広い店内にはたくさんのテーブル席とジャズステージ。 これぞまさにジャズレストラン。
 
充実した単品メニューの他にコースメニューもあり、デートや記念日など特別な日にも訪れたいスポット。支配人のオススメメニューは、次の2品!
 
三種の肉のグリル
 
<三種の肉のグリル“シェフにおまかせ、バーべキューソースを添えて”>
 
本日のシェフセレクションのお肉は「ラム・鴨・ビーフ」!一度に三種類のお肉をいただけるなんて贅沢ですよねぇ。どのお肉もおいしくて、特にラム特有の風味がたまりません!そして、今回さっそく“絶品もぐセレクション2013”(←そんなのないですが;)にエントリーしたいほど絶品極ウマだったのが・・・
 
ポテトのグラタン
 
<ポテトのグラタン サヴォワ料理人風 “ニンニク風味の玉子と生クリームで焼きました” >
 
ふがーーー☆ わたしのポテト王子!!笑 「ミルクレープのポテトグラタン版」といった感じで、薄くスライスしたじゃがいもをグラタン風に重ね焼きした、とにかくもうおいしいやつッ!表面のこんがり焼き色は、名画のごとし。折り重なったポテトの断面は、もはや絶景。口に運べば至福のもぐもぐタイムが訪れます!
 
このおいしさに触れた瞬間、横浜の名産品や逸品として、スカーフやしゅうまいに並んで紹介されている「ポテトのグラタン」が目に浮かびました(本気)。
 
支配人、まずはエントリーを!世界遺産も夢じゃない!
 
ちなみに、こちらのお店をプロポーズやバースデーイベントの場所に選ぶ方も結構いるそうで、スタッフも演奏者も一緒になって人生の一大イベントを盛り上げてくれるんだそう。「成功するとこっそり小さいガッツポーズをしますね(笑)」と支配人。素敵なジャズ演奏を目の前で聴きながら、「ポテトのグラタン」を頬張っている瞬間にプロポーズされたら、最高に幸せですよねぇ・・・!!!(もぐもぐ中に話しかけられるのはもぐ島的にNGですが、この場合は例外とみなします)
 
次に訪れたのはディープめ路線の『Little John』
 
http://www.asahijazz.net/liveinfo/little_jhon.html
 
●littelejohn1_small
 
年季の入った内装と薄明かりの店内は渋~い雰囲気。
 
「乾きもんしかないんですよねぇ」と寡黙で優しそうなマスターに迎えられ、女性ジャズボーカリストのレコードがかかる中カウンターに腰掛けるとカゴに入ったおつまみたちが目に入りました。スーパーやコンビニなどで買える、小袋に入ったおつまみデス。
 
●littelejohn13_small
 
ナッツ類や燻製などラインナップ豊富。
 
そんな、メニューに関してはきっとゆるキャラ的な(!?)マスターが出してくれたのは、タンカレーとチーズ鱈!
 
●littelejohn21_small
 
なぜか絵になる組み合わせ。
 
横浜のとある女性船長によって考案されたこのカクテルは、ジンとウォッカを1:2、“さかな2”と命名されているのだそう。さかな2とチーズ鱈。魚類つながりな両者を、ゴクり&もぐり。フハー、これがまた合いますね! 極上のJAZZの音色がお酒の醸造を深めてるのかも☆ というくらい芳醇なのどごし。チーズ鱈も、今までに食べたチーズ鱈の中で一番ウマかったです。ですよね? 気のせい?
 
目を閉じて音に身をゆだねながら、テーブルの縁に指を弾ませ、リズムを刻むマスター。
 
この人絶対、JAZZが好き。笑
 
またマスターにお会いしたいという思いも込めて、“さかな1”のエピソードを聞かせてもらうのは、次に訪れる時までにとっておくことに ♪
 
Little Johnのマスターに教えてもらって訪れた一軒目は『First』
 
http://www9.ocn.ne.jp/~first-ay/
 
●first25_small
 
コバルトブルーやミントグリーンの装飾が爽やか。整頓され尽くしたきれいな店内で、気軽に入れるレストラン風。
 
「ウチはねぇ、アボカドサラダがよく出るんでね。種をああしてね、たくさん育ってるんですよ」と、なぜか店内・店先・トイレに至るまで、思い思いの場所で栽培されているアボカド苗の紹介が始まりました。
 
abokado
 
アボカド水耕栽培の図。義経を守って矢面に立った弁慶に見えるのは私だけでしょうか?
 
アボカド種と弁慶に感情移入しかけたところに出てきたサラダは、パァーッと彩りあざやか!一気に気持ちが切り替わりました。
 
●first22_samll
 
一皿に丸ごと一つ使われてるんだろうな~というボリュームのアボカドがごろごろッ。
 
口に運ぶと、最高の塩加減で調味されたドレッシングがからんだアボカドが、もぐもぐする間もないほどじゅわとろ~と溶けていきました!
添えられたライムを搾れば、アボカドのまろやかさの合間を、爽やかスッキリな風味が通り抜けていって、思わず鼻の穴がふくらんでしまいました。ふがーー!
 
●first33_small
 
マスターがその都度差し替える“只今、演奏中”のフレームもオシャレ。
 
月1のLIVEとJAMセッションのある数日以外は、マスターが掛けてくれるジャズレコードをBGMに、食事と音楽とお喋りを一緒に楽しめそう。初心者が最初に訪れてみるのに良さそうなお店でした♪
 
Little Johnマスターのオススメ2軒目は、JAZZレコードの熱気ムンムンのバー『down beat』
 
http://www.yokohama-downbeat.com/
 
●downbeat4_small
 
壁ぎっしりのレコードたちが圧巻!
 
扉の向こうから漏れ聞こえてくるJAZZのスイングに誘われてお邪魔すると、見た目はシブいのに笑わせてくれる気さくなマスターと、若い学生バイトさんが迎えてくれました。
 
●downbeat19_small
 
オススメメニューのナンピザと生ビール。
 
「生地から作るから1時間くらいかかるかな~」とマスターがジョークを飛ばすナンピザは、ブルー・チェダー・ゴーダの三種類のチーズをトッピング。なるほどなるほ・・・ふぐぁッ! 気づけば口の中でチーズの旨みが三つ巴状態!三種チーズ入り乱れ!助けてー!
 
いや、こんな時にこそ落ち着いて、食への集中力の見せどころです。眉間にしわを寄せながら、味覚のクオリアに全神経を傾けます。
 
・・・・・・いたッ!!! ブルーもチェダーも、ゴーダも、みんないる!!!
 
みんなー! ウ・マ・す・ぎ(涙)。 や、泣いてるんじゃないんです。ちょっと口の端からビールがこぼれただけです・・・。
 
●downbeat11_small
 
天井にはレコードなどがコラージュされ、トイレのドアにベースが。個性的な内装が印象的。
 
入り口から左右に広がる細長い店内は、禁煙のカウンター席と喫煙OKのソファ席に分かれていて、今どきの分煙スタイル。ソファ席ではゆったりと腰を落ち着けてスピーカーから流れる大音量の音楽に浸れそうです。
 
老舗のJAZZライヴバー『DOLPHY』にも行って来ました!
 
http://www.dolphy-jazzspot.com/
 
●dolphy23_small
 
床・テーブル・ステージが総ウッディな店内は、音が良いと好評なのだそう。
 
ニコニコ笑顔の朗らかなオーナーがオーダーしてくれたのは・・・
 
●dolphy8_small
 
DOLPHYの印象的な緑色の外看板をイメージした、美しいミント色のオリジナルカクテル“ザ・パシフィック” と、自家製ピザ。
 
驚くほど糸を引くチーズにテンションが上がるのは、主食がピザのイタリア人やアメリカ人だけではないはずです。
チーズが糸を引きすぎて困っちゃったこと・・・誰もが経験してるかと存じます。チーズにまつわる悲喜こもごも、もしかして最近ご無沙汰じゃないですか?
 
きっとそんなアナタのためのピザです。パッと見は静かな湖面の様相であるのに、スッと手をやると驚くほど内は熱い。そうだ、私も前はそうだったのにな。すっかり今はクールになっちゃって。カッチカチに固まっちゃった、ぐすん(涙)。でも! 明日からまたがんばろう。あーこのピザおいしッ!
 
・・・ピザのチーズが伸びすぎて、おいしくて、大切なことに気づくことってありますよね。
 
“良質な音楽と料理を普段着感覚で”という食いしん坊には拒む理由がどこにも見当たらないフレーズを謳う『KAMOME』へ。
http://www.yokohama-kamome.com/
 
kamome_retake
 
胸が高鳴るラグジュアリーなエントランス。
 
「最近の女子は肉食なんだよなァ」とオーナーが選んでくれたのは、ポークソテー?ローストビーフ?かつサンド?
 
●kamome8_small
 
じゃなくてキッシュ! ベーコン&オニオンのキッシュ!
 
たくさんの本格的なお料理メニューの中から、このキッシュをオススメしてくれたのはやはり、自信があるからなのでしょう。口に入れた瞬間、柔らかくて、もふもふで、うっとりするほどクリーミー♪パイ生地ったらサックサク!!もぐもぐしながら、絶対に笑っちゃいます。香ばしいベーコンのウマさにしばらく、口を閉じたまま鼻呼吸になります。そこに赤ワイン“ピノ・ノワール”を注ぎ込めば思わず、ふぐぐーッ!あぶねぇ、危うく噴き出しそうに…。
おいしさにも「沸点」ってあるんですね。
 
●kamome3_small
 
お料理だけで雑誌などの特集に取り上げられることもあるのだとか。ワインと一緒にKAMOMEの絶品メニューたちをもっと堪能したくなりました。
 
演奏者たちが即興的に演奏する“JAMセッション”中にお邪魔した『ADLIB』。
 
http://www.jazz-adlib.info/
 
●ADLIB18_small
 
奥様お手製のピザ・ミックス、フィッシュ&チップスと、ジントニック
 
カリッと極薄のクリスピー生地に、フレッシュな生トマトのトッピングがアクセントになっていて、たいへんおいしゅうございました。
甘くてジューシーなトマトは黒オリーブの塩味とも相性GOOD!そこにきてジントニックの爽快感といったら・・・うふふん♪ また、外はサクッ、中はふんわり白身魚のフィッシュフライは、タルタルソースも美味でして、フライ食べてるんだかタルタル食べてるんだか、もはや分からなくなるわけでして。
「刺身は醤油を舐めるための口実でしかない」という名言がありますが、「フィッシュフライは、タルタルを“もぐ”るためのスプーンでしかない」と言ったら・・・言いすぎですか?笑
 
●ADLIB26_small
 
楽器を携えた会社帰りのサラリーマンが、続々と集まり演奏に加わる光景は、“森の音楽会”みたいでとっても素敵。
 
 
(まとめ)
 
ふががー!おなかいっぱいです! JAZZ素人ながら、食べものを口実にJAZZスポットを食べ巡ってみたわけですが、いかがでしたか? JAZZバーって、LIVEはもちろんのこと、JAMセッションが間近で見られたり、マスターにリクエストできたり、一方でデートやイベントの舞台として利用もできて、ものすごくHOTなもぐ場所なんですね。そんなJAZZYな空間で、もぐもぐ&グビッ!といけばもう、口からも、耳からも、最高~☆なものが入ってきちゃうんですから、体内すごいことになってるかも!?なんで今まで訪れなかったんだろう。すごくおもしろい場所だと思いました!
 
一つきっかけを掴んで出向いてみれば、見て聞いて出会って感じることって、多いですね。もぐもぐしながら体感できて幸せでした。ごちそうさまでした!
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。今回取材させていたお店の情報や横浜のジャズスポットがわかるマップをダウンロードして、是非お出掛けしてみてくださいね!
 
マップをプリントアウトして、いざ横浜ジャズバー巡りへ!
 

横浜ジャズバーマップ

横浜ジャズバーマップ

 

今回のもぐ川柳
 
 
もぐもぐと ジャズのスイング よく似合う!
 
 
もぐ島拝
 

あなたにおすすめの特集記事

ヨコハマのジャズヒストリーと現在

「ジャズの街」として全国に知られる横浜のお薦めジャズスポッ...
2月10日公開

続きを読む:ヨコハマのジャズヒストリーと現在

年末年始ジャズを楽しむ 神奈川のJAZZ BAR

年末年始は生のジャズ演奏を聴いてみてはいかがですか。ジャズ...
12月27日公開

続きを読む:年末年始ジャズを楽しむ 神奈川のJAZZ BAR
NEW

マグカル読者プレゼント♪ 地劇ミュージカル 「日本…

8月12日(土) 〜 8月13日(日)に神奈川県立青少年セ...
7月25日公開

続きを読む:マグカル読者プレゼント♪ 地劇ミュージカル 「日本…
NEW

「もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡 地劇ミュージカル …

神奈川県では、文化・芸術の魅力で人を引きつけ、地域に賑わい...
7月24日公開

続きを読む:「もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡 地劇ミュージカル …

《マグな人々》 第1回 西川りゅうじん氏

「マグカル」を進めていくために、神奈川県と横浜市を中心とす...
7月20日公開

続きを読む:《マグな人々》 第1回 西川りゅうじん氏

古本市が結ぶ、本・街・ひと

鎌倉・小田原、二つの古本市 ブックカーニバ...
7月12日公開

続きを読む:古本市が結ぶ、本・街・ひと

マグカル読者プレゼント♪ 南足柄市文化会館 映画の…

【プレゼント 1.】 南足柄市文化会館(金太郎みらいホール...
7月12日公開

続きを読む:マグカル読者プレゼント♪ 南足柄市文化会館 映画の…

横浜は『怪人』だけじゃない!KAAT 神奈川芸術劇場周…

今回は、7月、8月のイベント情報をお届けします。 KAA...
7月3日公開

続きを読む:横浜は『怪人』だけじゃない!KAAT 神奈川芸術劇場周…

あなたにおすすめのイベント

横浜市(ベイエリアを除く)

8/18

≪2階映像ライブラリー 夏休みイベント≫ …

神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)2階映像ライブラリー・こどもコーナー 

続きを読む:≪2階映像ライブラリー 夏休みイベント≫ …

横浜市(ベイエリアを除く)

8/23

≪2階映像ライブラリー 夏休みイベント≫ …

神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)2階映像ライブラリー・こどもコーナー 

続きを読む:≪2階映像ライブラリー 夏休みイベント≫ …

横浜市(ベイエリアを除く)

8/12

≪2階映像ライブラリー 夏休みイベント≫ …

神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)2階映像ライブラリー・こどもコーナー 

続きを読む:≪2階映像ライブラリー 夏休みイベント≫ …

横浜市(ベイエリアを除く)

9/18

【イベント】カメルーン×NIPPON ワッシー…

神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)  5階映像ホール 

続きを読む:【イベント】カメルーン×NIPPON ワッシー…