s-mgc_4978

「美の基準」を持つ町の魅力をアートと交流を通して感じる「真鶴まちなーれ」

新宿から約1時間30分、横浜から1時間10分。小田原市と湯河原町にはさまれた漁師町・真鶴町は、昔ながらの小さな家が海に面した斜面に建ち並ぶ美しい町です。

今年で3回目となる「真鶴まちなーれ」は、その真鶴町の良さを、町中に隠れたアート作品を探したり、ワークショップで町民と交流したりしながら感じてもらおうと、町民有志が集まって生まれた「感じる芸術祭」。ユニークな町の魅力や今年の見どころを、ディレクターの平井宏典さんと、実行委員長の卜部美穂子さんに伺いました。



感じる芸術祭 真鶴まちなーれ2017
懐かしい賑わい/新しい眺め
会期:2017年3月4日~ 3月20日 10:00〜17:00
料金:まちなーれ ArTreasure Walk(アートレジャーウォーク)1,000円(公式ガイドブック代500円含む)
まちなーれ Workshop 各プログラムによる
会場:真鶴港エリア(コミュニティ真鶴|Workshop会場・インフォメーション)
   真鶴半島エリア(真鶴町立中川一政美術館|作品展示・インフォメーション)
主催:真鶴まちなーれ実行委員会
後援:真鶴町、真鶴町教育委員会、真鶴町観光協会、真鶴町商工会
参加アーティスト:阿部乳坊、伊藤隆治、木村幸恵、鈴木泰人、千鶴緑也、高橋つばさ、Chalkboy、向井日香、福留麻里、鉾井 喬
http://www.machinale.net/





Interview&Text:齊藤 真菜
Photo:加藤 甫

地元の産業に触れる


s-mgc_4984

――ワークショップも、ユニークなものがたくさんありますね。

卜部:真鶴でしか体験できないものでいえば、農家さん、漁師さんと干物屋さん、石屋さんによるワークショップがあります。

平井:地元の産業が体験できるものですね。竹林石材店さんのワークショップでは、普段は見られない採石場の見学に行って、石材店の作業場で真鶴産小松石のコースターを作るんです。

卜部:前回までは磨いてツルツルにするワークショップでしたが、今回は新しく、自分で好きなデザインを彫ります。

 漁師さんと干物屋さんのワークショップでは、現役の漁師さんの釣り船に乗って、海釣りをします。この時期はアジが穫れますね。釣った後はみんなで干物屋さんに行って、自分で魚を開いて干物にするというワークショップです。

 農家さんは、ミカン農家なんですが、すごく広大な敷地で、水仙の花摘みなども普段やっているところです。今の時期に生えているものに触れたり、とったりして、最後に笹をとって、その場で煎って「笹茶」にして味わう会をします。


s-mgc_5057子どもたちも加わったChalkboyさんの作品《UOKIOSK》

平井:クラフトなどをやっている町の人にも自由に出展してもらって、今年は40弱のワークショップが集まりました。アートを観て終わりではなく、自分も創作したり、体験の主体的な存在になったりできるんだということをみんなに説明して、「交流」の一環として企画しています。

 ワークショップではなくても、うちの物件貸してあげるとか、チラシ置いてあげるよとか、何か少しでも、面倒くさいけどしょうがないからひと手間かけてやるか、という行為があって初めて、町の人がこちらに目を向けてくれるんですね。何も知らないうちに町に作品が入って、いつの間にか作品が消えているのでは、迷惑はかけないけれど当事者意識が生まれません。

 決して自分たちだけでできるプロジェクトではないので、町の人に理解してもらって、ちょっとずつ普段と違う手間をかけてもらいながら、みんなで真鶴まちなーれが実現できているのかなと思います。


s-mgc_5082

« 前のページ次のページ »

あなたにおすすめのイベント

ページトップへ戻る