MAGCUL マグカル

JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
2018
5月
01
「能を知る会」鎌倉公演、昼の部も能は仇打ちがテーマ

(TOP画像)能「放下僧」

 

梅雨の時節、6月2日(土)の県民のための「能を知る会」®昼の部は、兄弟の機転により見事宿敵を討ち果たす「放下僧【ほおかぞう】」を上演。

実際に仇討ちを果たす曲は、「夜討曽我」などがありますが、本曲では油断を誘うために「放下」という大道芸人の振りをするということが特色となっております。さらに面を用いない直面と呼ばれる形式で演じ、また現在物の名に相応わしいドラマチックな脚本なだけでなく、禅問答、曲舞、羯鼓、小歌といった普段はあまり見ることのできない芸づくしと盛り沢山な内容となっております。

狂言は、僧を泊めることを禁じている集落において、旅の僧があの手この手でなんとか言いくるめて宿に泊めさせてもらい、宿の主人に舞を舞ってみせる「地蔵舞【じぞうまい】」を上演いたします。

 

 

「能を知る会」鎌倉公演
ー仇討ちの能ー
[日時]6月2日(土)14:00〜(13:30開場)
[会場]鎌倉能舞台
[内容]解説「仇打ちの能」中森貫太、狂言「地蔵舞」大藏吉次郎、能「放下僧」鈴木啓吾、質疑応答 中森貫太
[料金](全席自由)¥5,500(+座席指定料¥1,000)
[チケット販売]
【鎌倉能舞台】
(TEL・FAX)0467-22-5557(電話・FAX・HP内のフォーム・お葉書などで承ります)
(WEB)http://www.nohbutai.com/ticket/
【イープラス】
http://eplus.jp/sys/T1U37P0422480150
[TEL]0467-22-5557(鎌倉能舞台)
[URL]http://www.nohbutai.com

  • 地域
    横須賀三浦地域

鎌倉能舞台

鎌倉能舞台は、日本の伝統芸能・能楽の公開・振興をもって文化の向上に寄与することを目的として、昭和45年(1970年)5月3日故・中森晶三が鎌倉市長谷に創設しました。(落成は昭和46年4月)現在は中森貫太が後継し中心となって動いております。定期公演「能を知る会」®を開催する他、能楽博物館として舞台・能面・能装束等を展示公開しています。展示会などの利用も可。2011年(平成23年)11月1日、神奈川県より公益財団法人の認定を受けました。

 

また、平成21年度より、館内に一般公開型の「能楽博物館」としてオープンいたしました。能舞台と能面・能装束の展示などをご覧になれます。

  • ショップ・スポット名
    鎌倉能舞台
  • 住所
    鎌倉市長谷3-5-13
  • 電話
    0467-22-5557
  • 営業時間
    10:00〜17:00 【休館日】日曜・祝日、その他不定休 ※事前申し込みの場合は、日曜・祝日でもご見学頂けます。
  • 駐車場
    無(専用駐車場はございません)

Map