MAGCUL マグカル

JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
2018
5月
14
今年は野外展示も。小田原城で歴史とアート両方を堪能

 

2009年に小田原市の無尽蔵プロジェクト「市民による芸術文化創造」として発足、小田原市の無形文化財・黒田長成侯爵邸・清閑亭にアートを飾ることから始まり、会場も小田原城天守閣(4階回廊)、城址公園(各曲輪)と展示のキャパも増え、2018年は二宮尊徳翁の報徳博物館展示室を加わりました。

展示も日本画・洋画・金属アート・オブジェ・陶・書・写真漆・木彫・工芸アート・いけばな・動く彫刻と野外展示というにジャンルの幅も広がり、作家も地元でも海外で活動する作家を含め本展「小田原城アートNOW」に賛同参加する作家も増えています。

2018年は特に10周年ということから「お茶壷曲輪」を会場として「風に絵画がそよぐ!」という雨にも風にもまけずに、和紙に描かれた絵画・書を野外展示いたします。これは国内初の試みで、これにより平面を含めアートの領域も拡がるものと思われます。ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

 

 

小田原城アートNOW2018
[日時]6月2日(土)〜29日(金)
※会場・イベント内容によって時間は異なります。
[会場]小田原城天守閣4F、小田原城址公園、清閑亭、報徳博物館、小田原駅前UMECO
※清閑亭のみ6月17日(日)まで。
[出演・出展]杉崎宗雲、大隅秀雄、勝孝、竹鶴寿男、上原髄光、宮崎桂一、杉崎宗雲Jr、Who+望月、ほか
[料金]無料(但し、小田原城天守閣のみ要入館料〈一般¥500、小・中学生¥200〉)
[主催]小田原文化芸術協会
[TEL]090-8846-7842
[MAIL]mail@artnow.jp(小田原文化芸術協会)

  • 地域
    足柄西湘地域

小田原城

江戸時代に造られた雛形や引き図を基に昭和35年に鉄筋コンクリート造で復興されました。3重4階の天守に付櫓、渡櫓を付しています。

 

なお、最上階の高欄付き廻縁は復興に際して新たに付けられたものです。内部には、甲冑・刀剣・絵図・古文書など、小田原の歴史を伝える資料や、武家文化にかかわる資料などが展示されています。

  • ショップ・スポット名
    小田原城
  • 住所
    神奈川県小田原市城内6-1
  • 営業時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで) 【休館日】12月第2水曜日 ※館内整理のため 12月31日~1月1日(12月第2水曜日)
  • 駐車場
    無(周辺の有料駐車場をご利用ください)
  • 平均利用額
    【入館料】(天守閣単独券)一般¥500、小・中学生¥200、(常盤木門との2館共通券)一般¥600、小・中学生¥220、(常盤木門と小田原城歴史見聞館との3館共通券)一般¥70円、小・中学生¥250 ※障がい者手帳・療育手帳持参・提示で無料(付添1名含む)になります。 ※小田原市が発行する「福寿カード」持参・提示で無料(付添1名含む)になります。

Map