JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
伝統芸能
2018
Nov
Fri
23
狂言「呂蓮」、能「清経」。ともに夫婦の姿を描いた演目で
開催:2018.11.23
2018.07.24

 

能を知る会鎌倉公演昼の部は、夫婦の情愛を描いた「清経【きよつね】」を上演いたします。懴悔のために清経が入水した戦の有様を仕方話に舞語る「クセ」「キリ」が一番の見所です。

解説は講演と致しまして、東京大仏・板橋乗蓮寺の御住職・若林隆壽様をお招きし、仏教と能のお話をしていただきます。

また 狂言は、「呂蓮【ろれん】」という、僧の話を聞いてふと出家をしたくなった男が、妻に黙って出家をした挙げ句、妻に怒られて…。というあまり上演頻度が多くはない演目を上演いたします。能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみいただける公演です。

 

「能を知る会 鎌倉公演 -宗教劇としての能-」
[日時]11月23日(金・祝)10:00〜(9:30開場)
[会場]鎌倉能舞台
[内容]講演「宗教劇としての能」若林隆壽(浄土宗乗蓮寺住職)、狂言「呂蓮(ろれん)」善竹十郎、能「清経(きよつね)」中森貫太、質疑応答 中森貫太
[料金](全席自由)¥5,500(+座席指定料¥1,000 ※お好きなお席を指定できます)
[チケット販売]
■鎌倉能舞台
(TEL・FAX)0467-22-5557(電話・FAX・HP内のフォーム・お葉書などで承ります)
(WEB)http://www.nohbutai.com/perform/index.htm
イープラス
[TEL]0467-22-5557(鎌倉能舞台)
[URL]http://www.nohbutai.com

  • 地域
    鎌倉エリア

鎌倉能舞台

鎌倉能舞台は、日本の伝統芸能・能楽の公開・振興をもって文化の向上に寄与することを目的として、昭和45年(1970年)5月3日故・中森晶三が鎌倉市長谷に創設しました。(落成は昭和46年4月)現在は中森貫太が後継し中心となって動いております。定期公演「能を知る会」®を開催する他、能楽博物館として舞台・能面・能装束等を展示公開しています。展示会などの利用も可。2011年(平成23年)11月1日、神奈川県より公益財団法人の認定を受けました。

 

また、平成21年度より、館内に一般公開型の「能楽博物館」としてオープンいたしました。能舞台と能面・能装束の展示などをご覧になれます。

  • ショップ・スポット名
    鎌倉能舞台
  • 住所
    神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
  • 電話
    0467-22-5557
  • 営業時間
    10:00〜17:00 【休館日】日曜・祝日、その他不定休 ※事前申し込みの場合は、日曜・祝日でもご見学頂けます。
  • 駐車場
    無(専用駐車場はございません)
  • URL

Map