JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
音楽
2018
Dec
Sun
09
入場無料! ソリストに森山京子、井出司を迎え定期演奏会開催
TBSK管弦楽団 第9回定期演奏会
開催:2018.12.09
2018.09.25

 

今回のテーマは「第9番」。ソリストに森山京子さん、井出司さんを迎えてマーラーの大地の歌、ショスタコーヴィチの9番などを演奏します。入場無料、全席自由ですのでぜひご来場ください。

 

TBSK管弦楽団 第9回定期演奏会
[日時]12月9日(日)13:30〜(13:00開場)
[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール 音楽ホール
[出演]久世武志(指揮)、森山京子(メゾソプラノ)、井出司(テノール)、TBSK管弦楽団(管弦楽)
[曲目]ショスタコーヴィチ:交響曲第9番、シェーンベルク:室内交響曲第1番 Op.9b(管弦楽版)、マーラー:交響曲「大地の歌」
[料金]無料
[MAIL]tbsk.orch@gmail.com
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
※ホールの定員を超えた場合、入場を制限させていただく場合がございます。
※13:10頃よりプレコンサートを行います。

  • 地域
    川崎市

ミューザ川崎シンフォニーホール

川崎市は長らく工業都市として国内の産業を支えてきましたが、産業構造が変化するなかで、川崎市が文化都市へと変貌していくシンボルとしてミューザ川崎シンフォニーホールは2004年に誕生しました。そして、世界有数の音響を誇ることが評価され、著名なオーケストラによる公演が行われる音楽の殿堂としての地位を確立するなど、川崎市が進める「音楽によるまちづくり」に貢献してきました。また、川崎市とフランチャイズ提携を結んだ東京交響楽団がミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地に日々のリハーサルも含めて活動し、日本のトップランナーとして音楽芸術の創造・発信を行っています。

ミューザ川崎シンフォニーホールは演奏家のポテンシャルを最大限に発揮する優れた音響環境を提供し、心を込めてホールに来るすべての方々をお迎えします。また川崎市を代表する文化拠点として、オーケストラならびに多様なジャンルの音楽家と手を携え、音楽文化の発信と交流の「座」となるホールを目指します。

  • ショップ・スポット名
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 住所
    神奈川県川崎市幸区大宮町1310
  • 電話
    044-520-0100
  • 駐車場
    有(有料) 【収容台数】343台【営業時間】24時間営業【時間・料金】7:00〜24:00(15分ごと)¥100、24:00〜7:00(60分ごと)¥100
  • URL

Map