JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
その他
2018
Oct
Sat
27
海老名市の近代建築や古民家などを紹介!
第38回海老名市温故館企画展 海老名村役場建築100周年記念「海老名の近代建築と古民家」
開催:2018.10.27
2018.09.27

 

神奈川県下で現存する最古の庁舎建築である旧海老名村役場は竣工から今年で100年を迎えました。近代海老名の建築の特色として、公共施設に洋風建築が多い一方で、民家には洋風建築はあまり採用されず、近世からの伝統的な和風建築が多く見られました。このような建築物も、平成初期までは見られましたが、現在では激減してきています。

本展示では旧海老名村役場庁舎建築とその資料、また近年に取り壊された物も含め、市内の主な近代建築や古民家等について紹介します。

 

 

第38回海老名市温故館企画展
海老名村役場建築100周年記念
「海老名の近代建築と古民家」
[日時]10月27日(土)9:00〜17:15
[会場]海老名市立郷土資料館「海老名市温故館」
[料金]無料
[主催]海老名市教育委員会
[TEL]046-233-4028(温故館)

  • 地域
    県央地域

海老名市立郷土資料館「海老名市温故館」

この建物は、大正7(1918)年に海老名村役場庁舎として完成しました。時代の最先端をゆく近代的建築で、郡役所様式と呼ばれる建築様式を取り入れて建てられました。その後、海老名市は、この建物の一部を改修し、海老名市立郷土資料館「海老名市温故館」として昭和57年10月に開館いたしました。郷土の歴史に関する文献・記録・民俗・考古その他の資料を収集・保管・展示をして、郷土文化の発展・向上に寄与してきました。温故館は、大正10年に相模国分寺跡の史跡指定にあわせて「遺物陳列館」として開館したものです。昭和57年に郷土資料館を開館する際に、この名称と資料を引継ぎしました。

1階には、高校・歴史資料(石器・土器・国分寺瓦など)を展示。2階では「衣・食・住」をテーマに、明治・大正・昭和にかけての生活用具・農具などの庶民生活の暮らしを知るための資料が展示されています。

  • ショップ・スポット名
    海老名市立郷土資料館「海老名市温故館」
  • 住所
    神奈川県海老名市国分南1丁目6-36
  • 電話
    046-233-4028
  • 営業時間
    【開館時間】9:00〜17:15(入館は16:30まで)/【休館日】年末年始(その他臨時に休館することがあります)
  • 駐車場
    有(無料/2台)
  • 平均利用額
    【利用料】無料
  • URL

Map