JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
その他 美術・写真
2018
Oct
Sat
06
南極大陸の風景、観測船や基地などの写真を展示
南極観測60年―定点観測者としての通信社―
開催期間:2018.10.06〜2018.12.24
2018.11.05

(TOP画像)砕氷航行するしらせ 日本新聞博物館提供

 

長らく人類の進入を拒み続けてきた南極大陸――。日本が南極観測に乗り出してから60年以上が過ぎ、初代南極観測船「宗谷」が生まれて80年になります。本展では、東京国際フォーラムで好評を博したシリーズ「定点観測者としての通信社」の写真展から精選した約60点の写真を展示します。厚い氷に覆われ、厳しくも心洗われる極地ならではの風景、そこに生きる動植物の世界、観測船や基地、現代の南極での観測の様子などを紹介します。

 

南極観測60年―定点観測者としての通信社―
[会期]10月6日(土)~12月24日(月・振替休日)
[場所]ニュースパーク(日本新聞博物館)2F 企画展示室
[開館時間]10時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
[休館日]月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は次の平日)
[入館料]一般¥400/大学生¥300/高校生¥200/中学生以下無料
[問い合わせ]045-661-2040
[URL]https://newspark.jp/newspark/info_exhibition/ex000115.html

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

ニュースパーク(日本新聞博物館)

ニュースパーク(日本新聞博物館)は2016年7月20日、情報社会と新聞・ジャーナリズムの役割を体験しながら学べる施設に生まれ変わりました。新聞記者のオンとオフをタッチパネル展示で紹介するなど、楽しく学ぶ仕掛けがたくさんあります。取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」は、横浜の街並みを再現したジオラマにタブレットをかざして過去にタイムスリップ。ペリー来航と日米和親条約の締結、日本大通りや山下公園の誕生の秘密といった横浜の謎を取材して解明します。企画展やさまざなイベントを実施しているほか、製作工房では、いつでも記念マイ新聞づくりができます。

  • ショップ・スポット名
    ニュースパーク(日本新聞博物館)
  • 住所
    神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
  • 電話
    045-661-2040
  • 営業時間
    10:00〜17:00 (入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/4
  • 平均利用額
    一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料
  • URL

Map