MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
美術・写真
2018.12.03

神奈川県立近代美術館葉山館で、青い空と海を感じる

神奈川県立近代美術館 葉山 

葉山には何度も行ったことがありますが、今回ステキな出会いがありました。今年開館15年を迎えた、神奈川県立近代美術館 葉山館です。なんて開放的で素晴らしい空間でしょう!
青空とブルーの海を感じながら、アートを体験できる美術館です。

今回は、生誕120年を迎える建築家、フィンランドのアアルトの展覧会。天井が高く太陽の光がいっぱい入る空間で、彼の作品を楽しみました。
座り心地の良い椅子!なんだかずっと座っていたくなります。
観ながら、感じながら、北欧の文化を五感で感じることができました。

美術館の入り口にはイサムノグチの作品などもあり、オープンエアーが心地いい。新鮮な空気を吸いながら、心からリフレッシュできます。天気も最高に良かったので、海を見ながらバカンス気分を堪能しました。

アアルトの写真を見ると、とっても分厚い大きな手が目に入りました。ピアノを弾いたら良い音が出たと思います!!
ピアノは置かれた空間で音の響きが変わります。建築物で演奏者の気持ちや楽器の響きも変化するので、改めて建物や空間は大切だなぁ、と思いました。

葉山の海もキラキラ光っていました。

  • 場所(会場)
    神奈川県立近代美術館 葉山

    神奈川県立近代美術館 葉山

    葉山館は、神奈川県立近代美術館の3番目の建物として2003年3月に竣工、10月に開館しました。天井高や照明環境に変化をつけた展示室のほか、資料の収集と情報の発信拠点を目指す美術図書室、視聴覚設備のある講堂、保存技術の粋を集めた収蔵庫など、多様な施設を備えた美術館となっています。生活の中で美術館に親しんでいただけるよう、エントランスホールから中庭、レストラン、ミュージアムショップ、庭園、さらに地下1階の美術図書室などは、観覧料なしでご利用いただけます。

    (写真2枚目/葉山館レストラン)©Norihiro Ueno
    (写真3枚目/葉山館エントランス)Kijuro Yahagi©

    • ショップ・スポット名
      神奈川県立近代美術館 葉山
    • 住所
      神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
    • 電話
      046-875-2800(代表)
    • 営業時間
      9:30〜17:00(最終入場16:30) 【休館日】月曜日(但し祝日および振替休日の場合は開館)、展示替期間(但しレストランと駐車場は月曜を除き営業)、年末年始
    • 駐車場
      有(収容台数48台、身障者専用2台、バス3台の計53台) 【有料駐車場営業】8:30〜18:00(最終入庫16:30) ※料金は美術館HP等でご確認ください。
    • 平均利用額
      【観覧料】(コレクション展)一般¥250、20未満と学生¥150、65歳以上¥100、高校生¥100 ※企画展の観覧料は展覧会によって異なります。 ※「国際博物館の日」と「文化の日」は特別に無料開館となります。
    • URL

    Map

関連記事