コンテンツにスキップ
能楽を身近に鑑賞<川崎能楽堂>

能楽を身近に鑑賞<川崎能楽堂>

1986年の開館以来、川崎市定期能などを開催。近年は「狂言全集」や「芸能サロン」なども開催するなど、能楽を身近に鑑賞できる能楽堂として親しまれています。

148席と一般的な能楽堂に比べてコンパクトではあるものの、川崎ゆかりの日本画家・結城天童氏が舞台背景の松を描くなど、本格的な様式を有しています。

開催概要

場所

川崎能楽堂

川崎能楽堂

川崎市定期能を開催。邦楽を中心に創意を生かしたパフォーマンスの稽古、発表、鑑賞の場としてご利用いただけます。

施設について アクセス

関連記事