JP / EN
神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。
ミュージカル・音楽・演劇・映画など県内のアート情報を発信します。
その他
2019
Feb
Sat
09
梅の名所「三溪園」で春を感じる
観梅会
開催期間:2019.02.09〜2019.03.03
2019.01.07

三溪園は古くから梅の名所としても有名です。特に竜が地を這うような枝ぶりの「臥竜梅(がりょうばい)」や中国・上海市から贈られた、花弁を支える萼の部分が緑色の「緑萼梅(りょくがくばい)」など、珍しい種類を含む約600本が園内を彩ります。

 

観梅会
[日時]2月9日(土)~3月3日(日) 9:00~17:00(入園は16:30まで)
[場所]三溪園
[料金]大人(高校生以上)¥700/こども(小学生・中学生)¥200
[TEL]045-621-0635
[URL]https://www.sankeien.or.jp/

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

三溪園

生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。175,000m2に及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。
三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「神輿振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。その後、戦災により大きな被害をうけ、1953年(昭和28年)、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至ります。

  • ショップ・スポット名
    三溪園
  • 住所
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 電話
    045-621-0634
  • 営業時間
    9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
  • URL

Map

このスポットの記事