MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
美術・写真
2019.01.15

現場で活躍する記者が決定的瞬間をとらえた「報道写真」

ニュースパーク(日本新聞博物館) 開催期間:2019.01.12〜2019.03.24
35日後に終了

「2018年報道写真展」

(TOP画像)「勝った〜!!!」金メダルの雄叫び
平昌五輪フィギュアスケート個人男子フリーの演技を終え、喜びを爆発させる羽生結弦。金メダルを獲得し、五輪男子66年ぶりの2連覇。日本勢の金メダル第1号で日本選手団を勢いづけた=韓国・江陵アイスアリーナ(2018年2月17日 スポーツニッポン)

 

平昌冬季五輪の日本選手、MLB新人王を獲得した大谷翔平選手など、トップアスリートの活躍で盛り上がった一方、日本列島は台風や大規模な地震など多くの自然災害に見舞われました。現場で活躍する記者が決定的瞬間をとらえた幅広いジャンルのニュース写真をとおして、2018年を振り返ります。

本展では、東京写真記者協会に加盟する新聞、通信、放送(NHK)33社の記者が、2018年に撮影した報道写真の中から選んだ約300点を展示します。

 


《東京写真記者協会賞グランプリ》
復興の色 東日本大震災から7年 黄金色
朝日に輝く大船渡湾に浮かび上がるバス。被災したJR大船渡線沿線を、現在はBRT(バス高速輸送システム)が運行している=岩手県大船渡市(2018年2月27日 産経新聞)

 


空飛ぶ金魚
エサの横取りを狙うカラスに追われ、すくい上げたランチュウを落としてしまったオオグンカンドリ。大型の海鳥で熱帯から亜熱帯に分布するため、日本で見られるのはとても珍しい=千葉県九十九里町・片貝漁港(2018年9月28日 東京新聞)

 


拘束3年4カ月 帰国の途に
内戦下のシリアでイスラム過激派組織に拘束され、解放されたフリージャーナリストの安田純平さんが、空路で帰国の途に就いた=トルコ・イスタンブール(2018年10月25日 朝日新聞)

 

 

2018年報道写真展
[日時]1月12日(土)〜3月24日(日)10:00〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]ニュースパーク(日本新聞博物館) 2F企画展示室
[休館日]月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は次の平日)
[料金]一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料
※2/1(金)~3/24(日)は常設展示の一部改修のため、入館料が上記から3割引になります。
[主催]日本新聞博物館、東京写真記者協会
[TEL]045-661-2040(ニュースパーク)
*公式サイトはこちらから!!

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 場所(会場)
    ニュースパーク(日本新聞博物館)

    ニュースパーク(日本新聞博物館)

    ニュースパーク(日本新聞博物館)は2016年7月20日、情報社会と新聞・ジャーナリズムの役割を体験しながら学べる施設に生まれ変わりました。新聞記者のオンとオフをタッチパネル展示で紹介するなど、楽しく学ぶ仕掛けがたくさんあります。取材体験ゲーム「横浜タイムトラベル」は、横浜の街並みを再現したジオラマにタブレットをかざして過去にタイムスリップ。ペリー来航と日米和親条約の締結、日本大通りや山下公園の誕生の秘密といった横浜の謎を取材して解明します。企画展やさまざなイベントを実施しているほか、製作工房では、いつでも記念マイ新聞づくりができます。

    • ショップ・スポット名
      ニュースパーク(日本新聞博物館)
    • 住所
      神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
    • 電話
      045-661-2040
    • 営業時間
      10:00〜17:00 (入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、12/29〜1/4
    • 平均利用額
      一般¥400、大学生¥300、高校生¥200、中学生以下無料
    • URL

    Map

関連記事