MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
その他
2019.01.28

25周年記念! 自社ミュージアム開館の歩みを辿る展覧会

日本郵船歴史博物館 開催期間:2019.02.09〜2019.07.07
41日後に終了

「企画展 開館25周年記念 生々流転 〜日本郵船歴史博物館の歩み〜」

 

2018年12月、日本郵船歴史博物館はおかげさまで前身である日本郵船歴史資料館開館から25周年を迎えました。100年を超える歴史を持つ日本郵船にとって、会社の資料を収集し、次世代へつなげるミュージアムの開設は、長年の願いでもありました。民間企業が自社ミュージアムを開館するに当たり、どのように準備を進め、運営してきたのか、本展示ではこの四半世紀の歩みを振り返ります。併せて、戦前に本社ビル(東京都千代田区)で行なった展覧会の様子などについても紹介します。

 

 

企画展 開館25周年記念
生々流転
〜日本郵船歴史博物館の歩み〜
[日時]2月9日(土)〜7月7日(日)10:00〜17:00(最終入館16:30)
[会場]日本郵船歴史博物館
[休館日]月曜日(祝日の場合は翌平日)
[料金]入館料のみ〈一般¥400、中高生・65歳以上¥250、小学生以下無料、障がい者手帳および特定疾患医療受給者証をご提示の方とその介護者1名無料〉
[TEL]045-211-1923(日本郵船歴史博物館)

 

関連イベントはこちら!!
■講演会
企業が博物館を持つこと-印刷博物館の設立と運営
[日時]3月16日(土)14:00~15:30
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[講師]宗村泉(印刷博物館 副館長)
[定員]80名
[参加費]¥500(博物館入館料込み、各種割引対象外)

■講演会
年間100万人が来館する―カップヌードルミュージアム 横浜について
[日時]4月6日(土)14:00~15:30
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[講師]筒井之隆(安藤百福発明記念館 横浜 館長)
[定員]80名
[参加費]¥500(博物館入館料込み、各種割引対象外)

■ワークショップ
ペーパークラフト教室
客船 飛鳥IIのペーバークラフトを作ってみませんか。
[日時]3月30日(土)、6月1日(土)各日14:00~15:30
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[講師]西口正人(ペーパークラフトアーティスト)
[対象]小学生以上
[定員]各日20名(小学生は保護者同伴)
[参加費]¥500(博物館入館料別途)

■ワークショップ
氷川丸でスナップ!
船 飛鳥IIで撮影も手がけるプロの指導で、氷川丸船内やデッキからの景色を撮影してみませんか。
[日時]4月13日(土)、5月25日(土)各日11:00~13:00
[会場]氷川丸船内(住所:横浜市中区山下町山下公園地先)
[集合]氷川丸 エントランスロビー
[講師]佐藤敦彦(株式会社 海事プレス社)
[定員]各日15名
[参加費]¥500(氷川丸入館料別途)
[持ち物]デジタル一眼カメラ(三脚は不可)
*氷川丸入館料:一般・大学生¥300、シニア(65歳以上)¥200、小中高生¥100

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)
  • 場所(会場)
    日本郵船歴史博物館

    近代日本海運の黎明期から今日に至るまでの近代日本の 海運史を、映像・写真・客船パンフレット・モデルシップなどでご紹介します。

    • ショップ・スポット名
      日本郵船歴史博物館
    • 住所
      神奈川県横浜市中区海岸通3-9
    • 電話
      045-211-1923
    • 営業時間
      10:00~17:00
    • URL

    Map

このスポットの記事
関連記事