MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
美術・写真
2019.04.12

神奈川県立近代美術館コレクション展で、日本の野外彫刻の歴史を知る

神奈川県立近代美術館 葉山 開催期間:2019.04.06〜2019.06.23
7日後に終了

「コレクション展「彫刻のある風景」」

 

神奈川県立近代美術館は、開館当初の1950年代から同時代の彫刻の展覧会を数多く開催してきました。また当時海外で盛んに試みられつつあった、公共の場に彫刻を展示・設置する動向を受け、日本でいち早く野外彫刻展を企画し、また各地の彫刻ビエンナーレに関わるなど、日本における野外彫刻の展開に大きく寄与してきました。本展では、過去から今日にいたるまで神奈川県立近代美術館で行われたそれらの試みを、当時の出品作家による作品や資料約30点とともに紹介します。

 


阿井正典《果》1968年 木 神奈川県立近代美術館蔵

 


加藤顕清《空想的風景の中の裸婦彫刻》制作年不詳 水彩絵具、紙 神奈川県立近代美術館蔵

 

《展覧会の見どころ》
1. 日本の野外彫刻の歴史を知る
神奈川県立近代美術館の館長を務め、日本における野外彫刻の展開に大いに貢献した美術評論家の土方定一は、野外で彫刻を愉しむことは「われわれの生活空間を合理的に美わしくしようということ」と述べています。日本においてどのように野外彫刻が展開されたのか、またそれにどのように彫刻家が反応したのかを、神奈川県立近代美術館における野外彫刻の展示を参照しつつ、ご覧いただきます。

2. 神奈川県立近代美術館の野外彫刻をもっと深く楽しむ
神奈川県立近代美術館では、1951年の開館以来さまざまな彫刻を野外で展示してきました。本展では、過去に展示された作品などを回顧しつつ、それらゆかりの作品を展示室内にも出品することで、これらの美術家たちが根底に抱く理念や創造の豊かさを探ります。

 


若林奮《緑の森の一角獣座 模型》1996-97年 鉄、銅、木(檜)、インク、グアッシュ 神奈川県立近代美術館寄託 photo by ©Tadasu Yamamoto

 

コレクション展「彫刻のある風景」
[日時]4月6日(土)〜6月23日(日)9:30〜17:00(最終入館16:30)
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山
[休館日]月曜日(4月29日、5月6日は開館)
[料金]一般¥250、20歳未満・学生¥150、65歳以上と高校生¥100、中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方(および介助者原則1名)無料
[TEL]046-875-2800(神奈川県立近代美術館 葉山)
[URL]http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
※「ポーランド・ポスター展」をご覧の方は、同展の観覧券で同日に限りコレクション展 「彫刻のある風景」もご覧いただけます。
※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:4月7日、5月5日、6月2日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」となりますので、小さなお子様連れの方も、遠慮なくご覧ください。
*その他の割引につきましてはお問い合わせください。

 

関連イベントもCHECK!!
担当学芸員によるギャラリートーク
[日時]4月7日(日)、5月6日(月・祝)、6月8日(土)各日14:00〜14:30
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 展示室1
[料金]無料(申込不要/但し、高校生以下はコレクション展の当日観覧券が必要です)

館長トーク
「ポーランド・ポスター展」&コレクション展「彫刻のある風景」
[日時]5月18日(土)14:00〜15:00
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 展示室
[出演]水沢勉(神奈川県立近代美術館館長 )
[料金]無料(申込不要/但し、高校生以下は「ポーランド・ポスター展」の当日観覧券が必要です)

近代美術館入門講座(葉山町共催)
「美術館や町に彫刻があるということ」

[日時]6月1日(土)10:00〜11:00
[会場]葉山町福祉文化会館 大会議室
[講師]髙嶋雄一郎(神奈川県立近代美術館主任学芸員)
[料金]無料
*福祉文化会館への案内地図(外部サイトへ

※詳細は神奈川県立近代美術館 葉山の公式サイトをご覧ください。

 

 

  • 地域
    湘南地域
  • 場所(会場)
    神奈川県立近代美術館 葉山

    葉山館は、神奈川県立近代美術館の3番目の建物として2003年3月に竣工、10月に開館しました。天井高や照明環境に変化をつけた展示室のほか、資料の収集と情報の発信拠点を目指す美術図書室、視聴覚設備のある講堂、保存技術の粋を集めた収蔵庫など、多様な施設を備えた美術館となっています。生活の中で美術館に親しんでいただけるよう、エントランスホールから中庭、レストラン、ミュージアムショップ、庭園、さらに地下1階の美術図書室などは、観覧料なしでご利用いただけます。

    (写真2枚目/葉山館レストラン)©Norihiro Ueno
    (写真3枚目/葉山館エントランス)Kijuro Yahagi©

    • ショップ・スポット名
      神奈川県立近代美術館 葉山
    • 住所
      神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
    • 電話
      046-875-2800(代表)
    • 営業時間
      9:30〜17:00(最終入場16:30) 【休館日】月曜日(但し祝日および振替休日の場合は開館)、展示替期間(但しレストランと駐車場は月曜を除き営業)、年末年始
    • 駐車場
      有(収容台数48台、身障者専用2台、バス3台の計53台) 【有料駐車場営業】8:30〜18:00(最終入庫16:30) ※料金は美術館HP等でご確認ください。
    • 平均利用額
      【観覧料】(コレクション展)一般¥250、20未満と学生¥150、65歳以上¥100、高校生¥100 ※企画展の観覧料は展覧会によって異なります。 ※「国際博物館の日」と「文化の日」は特別に無料開館となります。
    • URL

    Map

このスポットの記事
関連記事