MAGCUL マグカル

MAGCUL
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
映像 演劇・ダンス 美術・写真
2019.05.31

絵画、写真、インスタレーション、映像、ダンス…5人の現代作家の今の感性と出会う

The Museum of Modern Art, Hayama 開催期間:2019.07.13〜2019.09.08
13日後に終了

「みえるもののむこう Beyond the Visible」

 

(TOP画像)酒井幸菜 神奈川県立近代美術館 葉山にて、2019年 Photo: 相川健一

 

生の美しさを世界に探り、眼に見えるかたちにして、作品へと映しだすアートの力。眼と精神、そして身体を同時代の空間に置き、そこから見えるものとその向こうに感じ取ったものを表現に起こしていく清新な感性の今を、絵画、写真、インスタレーション、映像、ダンスなどの多様なジャンルで展開する5人の現代作家、一之瀬ちひろ(1975- )、酒井幸菜(1985- )、白石由子(1956- )、津上みゆき(1973- )、三嶽伊紗(1956- )の仕事を通してとらえます。

 


一之瀬ちひろ「PARIS 2015/11/13–TOKYO 2016」より《SNOWDOME》2016年 発色現像方式印画、紙

 


一之瀬ちひろ「きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について」より[#0021]2019年 発色現像方式印画、紙

 

《展覧会の見どころ》
夏の葉山で、アートを通して世界と出会う
光と色彩にみちた絵画や写真、外光によって変容するインスタレーションなど、展示室の外にひろがる自然と 呼応した脱日常的なアート体験を通して、世界との新しいつながりを探ります。

 


津上みゆき 個展「時の景、つなぐとき」 ポーラ ミュージアム アネックス、2016年 Photo: 長塚秀人 Courtesy: ANOMALY

 


三嶽伊紗 個展「三嶽伊紗のしごと―みているもののむこう」 徳島県立近代美術館、2014年 Photo: 米津光

 

みえるもののむこう
Beyond the Visible
[日時]7月13日(土)〜9月8日(日)9:30〜17:00(最終入館16:30)
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山
[休館日]月曜日(7月15日、8月12日は開館)
[料金]一般¥600、20歳未満・学生¥450、65歳以上¥300、高校生¥100、中学生以下無料、障がい者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)無料
[TEL]046-875-2800(神奈川県立近代美術館 葉山)
[URL]http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
※セット割:「柚木沙弥郎の『鳥獣戯画』」との同時購入で、一般および20歳未満・学生の観覧券がセットで100円引になります。
※リピート割:有料観覧券のご提示で、一般および20歳未満・学生の後日の観覧券が100円引になります(1枚につき1回限り有効)。
※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:8月4日、9月1日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」となりますので、小さなお子様連れの方も、遠慮なくご覧ください。
*その他の割引につきましてはお問い合わせください。

 

関連イベントもCHECK!!
アーティストトーク
[作家と日時]
■白石由子 7月15日(月・祝)13:00〜14:00
ゲスト:川村格夫(本展出品作《SPECIMEN》制作のユニット「36」のメンバー)《SPECIMEN》音盤(レコード)の会場上演を行います。
■津上みゆき 7月28日(日)13:00〜14:00
■酒井幸菜 7月28日(日)15:15〜16:15 ※15:00からのパフォーマンスに続いて行います。
■一之瀬ちひろ 8月10日(土)13:00〜14:00
ゲスト:尾中俊介[Calamari Inc.](本展グラフィックデザイナー)
■三嶽伊紗 8月24日(土)13:00〜14:00
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 展示室
[料金]無料(申込不要/但し、高校生以上は「みえるもののむこう」の当日観覧券が必要です)

館長トーク「みえるもののむこう」
[日時]9月1日(日)13:00〜14:00
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 展示室2・3
[料金]無料(申込不要/但し、高校生以上は「みえるもののむこう」の当日観覧券が必要です)

担当学芸員によるギャラリートーク
[日時]7月27日(土)、8月8日(木)、8月27日(火)各日14:30〜15:00
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山 展示室2・3
[料金]無料(申込不要/但し、高校生以上は「みえるもののむこう」の当日観覧券が必要です)

近代美術館入門講座(葉山町共催)
「みえるもののむこうとこちら」

[日時]7月27日(土)10:00〜11:00
[会場]葉山町福祉文化会館 大会議室
[講師]三本松倫代(神奈川県立近代美術館 学芸員)
[料金]無料
*福祉文化会館への案内地図(外部サイトへ

※神奈川県立近代美術館 葉山の公式サイトはこちら!!

 

 

  • Place
    The Museum of Modern Art, Hayama

    葉山館は、神奈川県立近代美術館の3番目の建物として2003年3月に竣工、10月に開館しました。天井高や照明環境に変化をつけた展示室のほか、資料の収集と情報の発信拠点を目指す美術図書室、視聴覚設備のある講堂、保存技術の粋を集めた収蔵庫など、多様な施設を備えた美術館となっています。生活の中で美術館に親しんでいただけるよう、エントランスホールから中庭、レストラン、ミュージアムショップ、庭園、さらに地下1階の美術図書室などは、観覧料なしでご利用いただけます。

    (写真2枚目/葉山館レストラン)©Norihiro Ueno
    (写真3枚目/葉山館エントランス)Kijuro Yahagi©

    • Shop / Place name
      Kanagawa Prefectural Museum of Modern Art Hayama
    • Address
      Hayama-cho, Miura-gun, Kanagawa Prefecture
    • TEL
      046-875-2800 (representative)
    • Business Hour
      9: 30-17: 00 (final entry 16:30) 【Closed day】 Monday (but open for public holidays and transfer holidays), display exchange period (but restaurant and parking lot are open except Monday), year-end and New Year holidays
    • Parking Area
      Existence (capacity: 48 units, 2 units for disabled people only, 3 units: 53 units in total) [Pay parking lot sales] 8:30 to 18:00 (final warehousing 16:30) ※ Please check the fees at the museum HP etc. .
    • Average Usage
      [Feeering fee] (collection exhibition) General ¥ 250, under 20 and student ¥ 150, over 65 years old ¥ 100, high school student ¥ 100 * The fee for viewing the exhibition varies depending on the exhibition. ※ "International Museum Day" and "Cultural Day" will be specially opened free of charge.

    Map

Article on this spot
Related article