MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
音楽
2019.06.28

これぞ横須賀! 四半世紀にわたり人気を博し続けてきた日米音楽の祭典

横須賀芸術劇場 開催日:2019.09.08
開催まであと13日

「第10回米海軍第7艦隊バンド&横須賀交響楽団フレンドシップコンサート アメリカン・サウンド・イン・ヨコスカ」

 

米海軍バンドと市民オーケストラによるダイナミック・サウンド。1995年からタクトをとり続けている名匠・秋山和慶を中心に、米海軍第7艦隊バンドと市民オーケストラの横須賀交響楽団がお贈りする大人気公演。今年は、第7艦隊バンドによるスペシャル・パフォーマンス、マーチの数々に加え、開館25周年記念特別プログラムとして、ゲストにジャズ・ピアニストの松永貴志を迎え、アメリカ音楽を代表するあの名曲も演奏します。どうぞご期待ください。

 


秋山和慶(東京交響楽団桂冠指揮者)

 


ルイス・E・エスピノーサ中尉(米海軍第7艦隊バンド・バンドマスター)

 


石野雅樹(横須賀交響楽団音楽監督)

 


松永貴志(ピアノ)

 

 

第10回米海軍第7艦隊バンド&横須賀交響楽団フレンドシップコンサート
アメリカン・サウンド・イン・ヨコスカ
[日時]9月8日(日)15:00〜(14:15開場)
[会場]よこすか芸術劇場(大劇場)
[出演]秋山和慶(東京交響楽団桂冠指揮者)、ルイス・E・エスピノーサ中尉(米海軍第7艦隊バンド・バンドマスター)、石野雅樹(横須賀交響楽団音楽監督)、米海軍第7艦隊バンド(管弦楽)、横須賀交響楽団(管弦楽)、松永貴志*(ピアノ)、高嶋秀武(司会)
[曲目]米海軍第7艦隊バンド スペシャルパフォーマンス、スーザ:海を越えた握手、チレネイ:忠誠、團伊玖磨:太平洋艦隊マーチ、タイケ:マーチ ツェッペリン侯、スミス:エターナル・ファーザー、ガンヌ:ロレーヌ行進曲、エルガー:行進曲「威風堂々」op.39 第1番 ニ長調、ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー*
[料金](全席指定)S席予定枚数終了、A席¥2,500、B席予定枚数終了
[チケット販売]
■電話予約センター:(一般)046-823-9999/(プレミアム倶楽部専用ダイアル)046-823-7999
■WEB:チケット予約はこちらから。
■劇場窓口:横須賀芸術劇場1階/サービスセンター内
■横須賀中央駅西口モアーズ1階/モアーズストリート
[主催]公益財団法人横須賀芸術文化財団
[問合せ]046-828-1602(横須賀芸術劇場)
※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

 

  • 地域
    横須賀三浦地域
  • 場所(会場)
    横須賀芸術劇場

    横須賀芸術劇場は、横須賀市民の生活を心豊かにする人と文化をつなぐ場として、戦後日本ジャズ発祥の地・EMクラブ(米海軍兵員クラブ)の跡地に平成6年(1994年)2月にオープンしました。EMクラブは戦後日本のジャズ発祥の地であり、終戦直後からルイ・アームストロングなど世界的なエンターテイナーが度々演奏に訪れました。また、ジョージ川口、原信夫など後年わが国を代表するミュージシャンたちが熱い演奏を繰り広げるなど、全国に本場アメリカの香りの音楽を発信していました。

    大劇場(よこすか芸術劇場)と小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)の2つの異なる顔を持つ劇場からなり、オープン以来、国内外の有数のオペラやバレエ、クラシック音楽など数多くの公演を行い、活力のある横須賀のシンボルとして<芸術文化と賑ぎわい>の拠点となっています。

    • ショップ・スポット名
      横須賀芸術劇場
    • 住所
      神奈川県横須賀市本町3-27
    • 電話
      046-828-1600
    • 営業時間
      【休館日】毎月第2水曜日、および年末年始
    • 駐車場
      有(有料地下駐車場〈ベイスクエア・パーキング〉) ※地下駐車場は一般駐車場のため、曜日・時間帯によっては、大変混雑します。特に車高1.7mを超える車は駐車できない場合もありますので、ご注意ください。
    • URL

    Map

関連記事