MAGCUL マグカル

MAGCUL
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
美術・写真
2019.08.01

ラガーマンから画家へ。岡部文明が描き続ける「ピエロ」に会いにいく

YOKOHAMA RED BRICK WAREHOUSE 開催期間:2019.09.13〜2019.11.03
44日後に終了

「岡部文明2019展—「ラグビー精神」で、愛と平和の象徴を描く—」

 

(TOP画像)「CIRCUS BOKABE 劇場(鳥と遊ぶピエロ)」2014年 油彩

 

1965年、県立福岡工業高校ラグビー部2年生の岡部文明は、岐阜国体前日のスクラム練習中に頚椎脱臼骨折の重症を負いました。身体の自由を失い、先の見えない入院生活が続く中、別府市の病院に来日中のニュージーランド学生選抜(NZU)の4人が見舞いに訪れました。

文明少年は、自分もラガーマンの一人であることの誇りと自信を次第に取り戻し、画家になることを決意。1973年、サーカスで出会ったピエロを生涯のテーマに定め、世界中を巡りながら「愛と平和の象徴」であるピエロを描き続けています。

 

岡部文明2019展—「ラグビー精神」で、愛と平和の象徴を描く—
[日時]9月13日(金)〜11月3日(日)11:00〜16:30
[会場]横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
[料金]無料
[主催]岡部文明2019展実行委員会
[問合せ]045-663-9151(岡部文明2019展実行委員会)
[MAIL]okabe2019@kanagawa-np.co.jp

 

 

     

    明治、大正時代に国の模範倉庫として創建された横浜赤レンガ倉庫。当時の倉庫の面影を残し小さなお店が軒を連ねるショッピングフロアでは、横浜発の各種ブランドから横浜土産、横浜赤レンガ倉庫ならではのこだわりを持った個性あふれるショップなど、バラエティーに富んだショップが揃っています。イベント広場では季節ごとに様々なイベントが催され、1号館のホール&スペースでは演劇やコンサート、ダンスなどの公演や各種展示会を通じて横浜ならではの芸術、文化を創造、発信しています。

    • Address
      Yokohama Red Brick Warehouse 1-1-1 Shinko, Naka-ku, Yokohama, Kanagawa

      Yokohama red brick warehouse
    • TEL
      (Building 1) 045-211-1515 / (Building 2) 045-227-2002
    • Business Hour
      (Building 1) 10: 00-19: 00 / (Building 2) 11: 00-20: 00 * Cafes and restaurants vary by store

    Map

Related article