MAGCUL マグカル

MAGCUL
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
演劇・ダンス
2019.08.07

巨大な渦に飲み込まれる、北欧の鬼才 テロ・サーリネンの衝撃作!

KAAT KANAGAWA ARTS THEATRE 開催期間:2019.10.25〜2019.10.27
開催まであと35日

「KAAT DANCE SERIES 2019 テロ・サーリネン×韓国国立舞踊団 「VORTEX」」

 

『VORTEX』はフィンランドで最も著名な振付家テロ・サーリネンが韓国国立舞踊団からの呼びかけにより振付し、2014年にソウルにて初演された大作です。かねてよりアジアの身体に関心のあったテロ・サーリネンにとってはまたとない機会となり、初演以降カンヌ・フェスティバルやパリ(シャイヨー宮劇場)、ニューヨークなど各地で上演され続けている話題作です。テロ・サーリネンはこの作品に「VORTEX = 渦動(かどう)」というタイトルをつけました。北欧と韓国の文化・伝統が出会い、組み合わされ、ダンサー達の中にある原初的なアイデンティティーが刺激され、時には渦のなかに巻き込まれお互いの文化が激しく衝突するかのようなイメージをもって新たな身体表現を導きだすことに成功しました。

 

“私はいつもダンスの儀式的な本質に魅了されています。
私の身体に宿っている伝統や経験と韓国の伝統の融合により、
私は素晴らしいプレゼントを与えられたと感じています。”
ーテロ・サーリネン

本公演で注目されるのは、伝統舞踊・音楽を専門としている韓国国立舞踊団にテロ・サーリネンが、コンテンポラリーダンスの手法で挑み、韓国舞踊の伝統を斬新な振付で現代に花開かせていること。そして韓国の伝統的音楽の固有の形式と素材を使いながら、従来の演奏方法から解放された、新しい形式と演奏技術を駆使する、チャン・ヨンギュ率いる音楽バンド「Be-Being」のライブ演奏です。“渦動”を意味するタイトルの通り、『VORTEX』には瞬時に変化する敏捷な動きで舞台を構成する力強い振付けが施されており、ソロからデュエット、群舞へと変化していく多彩な踊りの“渦”が、観る者をスリリングに巻き込んでいきます。『VORTEX』はアジアの身体の魅力をテロ・サーリネンの振付と韓国国立舞踊団が紡ぎ出した傑作であり、2019年秋の神奈川への招聘公演は、韓国・フィンランド・日本の友好をシンボリックに称える舞台として相応しい作品となります。2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を目前に控え、盛り上がる気運のなか、三つの国を繋ぐ美しい舞踊作品です。

 

 

KAAT DANCE SERIES 2019 テロ・サーリネン×韓国国立舞踊団
「VORTEX」
[日時]10月25日(金)〜27日(日)
10/25(金)貸切公演
10/26(土)15:00〜★
10/27(日)15:00〜
★=託児サービスあり。公演1週間前までに要予約・有料(マザーズTEL.0120-788-222)。
[会場]KAAT神奈川芸術劇場 ホール
[料金](全席指定)S席¥3,500、A席¥2,000、24歳以下¥1,750、高校生以下¥1,000、シルバー(満65歳以上)¥3,000
※24歳以下割引、高校生以下割引、シルバー割引はチケットかながわの電話・窓口のみ取扱い(前売りのみ・枚数限定・要身分証明書)。
[チケット販売]
チケットかながわ TEL.0570-015-415(10:00〜18:00)
チケットぴあ(Pコード:496-237) TEL.0570-02-9999
イープラス
ローソンチケット(Lコード:33166) TEL.0570-084-003
[主催]神奈川県、KAAT神奈川芸術劇場
[問合せ]0570-015-415(チケットかながわ/10:00〜18:00)
※未就学児入の入場はご遠慮ください。
※車椅子でご来場の方は、事前にチケットかながわにお問合せください。
※営利目的の転売禁止。

 

 

    演劇、ミュージカル、ダンスなどの舞台芸術専用の施設。芸術監督に、俳優・演出家の白井晃氏を迎え、演劇、ミュージカル、ダンスなどの優れた舞台芸術作品を創造・発信しています。

    (外観写真)©森日出夫

    • Address
      281 Yamashita-cho, Naka-ku, Yokohama, Kanagawa
    • TEL
      045-633-6500

    Map

Related article