MAGCUL マグカル

MAGCUL
the media for art, culture and events in Kanagawa prefecture.
(別ウィンドウで開きます。)
その他
2019.08.07

魅せられた旅人の短い生涯—作家・中島敦の生誕110年を記念して

神奈川近代文学館 開催期間:2019.09.28〜2019.11.24
開催まであと5日

「特別展「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」」

 

中島敦(1909〜1942)が短い生涯のなかで遺した作品は20数編、著書はわずか2冊を数えるのみです。南洋庁の役人としてパラオ赴任中の1942(昭和17)年2月に文壇デビューを果たしたものの、作家生活は1年に満たず、その年の12月には志半ばにして亡くなりました。しかし、「山月記」「光と風と夢」「李陵・司馬遷」など中島が紡ぎ出した物語は、若い世代を含め今も多くの人々に愛され、読み継がれています。

中島敦の生誕110年を機に行う本展では、中島の短くかつ起伏に富んだ人生を「旅」と捉え、33年の生涯を振り返ります。そして、その珠玉の作品が今日見せる様々な広がりを紹介します。

 


中島敦

 

 

特別展「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」
[日時]9月28日(土)〜11月24日(日)9:30〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]神奈川近代文学館
[休館日]月曜日(10月14日、11月4日は開館)
[料金]一般¥700、65歳以上・20歳未満及び学生¥350、高校生¥100、中学生以下無料
[問合せ]045-622-6666(神奈川近代文学館)

 

 

    当文学館は1984年に開館。この間展覧会としては大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に区分けした文学散歩の展示など50回以上の特別展を開催し、常設展示も含めて、文学の展示活動に力を注いで参りました。

    • Address
      110 Yamatemachi, Naka-ku, Yokohama, Kanagawa
    • TEL
      045-622-6666
    • Business Hour
      Exhibition room (pay) 9: 30-17: 00 (admission until 16:30) Reading room (free) 9: 30-18: 30 (until 17:00 on Saturdays, Sundays and holidays) Rental conference rooms, Japanese-style rooms, Hall (pay) 9: 30-21: 00

    Map

Related article