MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
演劇・ダンス 音楽
2019.08.09

アンドレア・バッティストーニ指揮、宮本亜門演出の新プロダクション

横須賀芸術劇場 開催日:2019.10.13
開催まであと53日

「文化庁委託事業 平成31年度戦略的文化創造推進事業 東京二期会オペラ プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」 ~ザクセン州立歌劇場とデンマーク王立歌劇場との共同制作公演~〈全3幕/原語上演・字幕付〉」

 

(TOP画像/左から)宮本亜門(演出)、アンドレア・バッティストーニ(指揮)

 

2020年春にザクセン州立歌劇場での上演も予定されている新プロダクション。ヨーロッパに先立ち、日本でプレミエを迎えます。新しく生み出される『蝶々夫人』を通して、日本文化の世界への発信にも期待がかかる大作をどうぞご堪能ください。

 


森谷真理(蝶々夫人) ©︎武藤章


藤井麻美(スズキ)


成田伊美(ケート)


樋口達哉(ピンカートン) ©︎深谷義宣


黒田博(シャープレス)


萩原潤(ゴロー)


小林由樹(ヤマドリ)


志村文彦(ボンゾ)


香月健(神官)

 

 

文化庁委託事業 平成31年度戦略的文化創造推進事業
東京二期会オペラ プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
~ザクセン州立歌劇場とデンマーク王立歌劇場との共同制作公演~
〈全3幕/原語上演・字幕付〉
[日時]10月13日(日)15:00〜(14:15開場)
[会場]よこすか芸術劇場(大劇場)
[演出]宮本亜門
[出演]アンドレア・バッティストーニ(指揮)、森谷真理(蝶々夫人)、藤井麻美(スズキ)、成田伊美(ケート)、樋口達哉(ピンカートン)、黒田博(シャープレス)、萩原潤(ゴロー)、小林由樹(ヤマドリ)、志村文彦(ボンゾ)、香月健(神官)、二期会合唱団(合唱)、東京フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)
[料金]S席¥13,000、A席¥11,000、B席¥8,000、C席¥5,000
[チケット販売]
■電話予約センター:(一般)046-823-9999/(プレミアム倶楽部専用ダイアル)046-823-7999
■WEB:チケット予約はこちらから。
■劇場窓口:横須賀芸術劇場1階/サービスセンター内
■横須賀中央駅西口モアーズ1階/モアーズストリート
[主催]文化庁、東京二期会
[問合せ]03-3796-1831(東京二期会)
※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

 

  • 地域
    横須賀三浦地域
  • 場所(会場)
    横須賀芸術劇場

    横須賀芸術劇場は、横須賀市民の生活を心豊かにする人と文化をつなぐ場として、戦後日本ジャズ発祥の地・EMクラブ(米海軍兵員クラブ)の跡地に平成6年(1994年)2月にオープンしました。EMクラブは戦後日本のジャズ発祥の地であり、終戦直後からルイ・アームストロングなど世界的なエンターテイナーが度々演奏に訪れました。また、ジョージ川口、原信夫など後年わが国を代表するミュージシャンたちが熱い演奏を繰り広げるなど、全国に本場アメリカの香りの音楽を発信していました。

    大劇場(よこすか芸術劇場)と小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)の2つの異なる顔を持つ劇場からなり、オープン以来、国内外の有数のオペラやバレエ、クラシック音楽など数多くの公演を行い、活力のある横須賀のシンボルとして<芸術文化と賑ぎわい>の拠点となっています。

    • ショップ・スポット名
      横須賀芸術劇場
    • 住所
      神奈川県横須賀市本町3-27
    • 電話
      046-828-1600
    • 営業時間
      【休館日】毎月第2水曜日、および年末年始
    • 駐車場
      有(有料地下駐車場〈ベイスクエア・パーキング〉) ※地下駐車場は一般駐車場のため、曜日・時間帯によっては、大変混雑します。特に車高1.7mを超える車は駐車できない場合もありますので、ご注意ください。
    • URL

    Map

関連記事