MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
音楽
2019.08.10

戦後日本ジャズの聖地“EM CLUB跡地”で精鋭たちのSwingに酔いしれる!

横須賀芸術劇場 開催日:2019.11.02
開催まであと46日

「横須賀トモダチジャズ2019 ”EM CLUB LEGEND”」

 

(TOP画像/左上から時計まわり)宮脇惇、福井ともみ、田中信正、伊藤君子 ©︎Toshiya Suda

 

戦後日本ジャズの聖地、EM CLUB跡地に立つ、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットを舞台に、精鋭たちのSwingに酔いしれる!

 

ヨコスカ・トモダチ・ジャズも4回目を迎えた! どこでもやってるジャズではいけない。後発であっても、そして小さくても他所と違う企画を考えてきた。そして今年も自信をもってお奨め出来る。
【宮脇惇 quartetto】
第6回「ちぐさ賞」を受賞した横須賀生まれの25歳。夢はカーネギーホールのステージという期待の星。ゲストに有能な若手2人を加え凱旋公演となる。地元で温かい拍手をおくりたい。
【福井ともみ&マウント・ノネット】
今年も帰ってきました。総勢9名というフレッシュなビッグ・コンボで、子供からお年寄りまで楽しめるおなじみの音楽を中心に演奏します。お楽しみに。
【伊藤君子×田中信正 スーパーデュオ】
日本を代表する歌手。歌のうまさに加え、レパートリーの広さやひばりの歌、津軽弁で歌うジャズで幅広いファン層に支持されている。実力派ピアニストとの丁々発止がスリリング。
---企画:柴田浩一(ジャズ・プロデューサー)

 

 

横須賀トモダチジャズ2019 ”EM CLUB LEGEND”
[日時]11月2日(土)15:00〜(14:30開場)
[会場]ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(小劇場)
[出演]宮脇惇 quartetto(ゲスト;浅場裕文、武田将)、福井ともみ&マウント・ノネット、伊藤君子×田中信正 スーパーデュオ
[料金](全席指定)¥4,000
※3歳以上はチケットが必要です。
[チケット販売]
■電話予約センター:(一般)046-823-9999/(プレミアム倶楽部専用ダイアル)046-823-7999
■WEB:チケット予約はこちらから。
■劇場窓口:横須賀芸術劇場1階/サービスセンター内
■横須賀中央駅西口モアーズ1階/モアーズストリート
[主催]横須賀トモダチジャズ実行委員会、一般社団法人ヨコスカ・ジャズ協会
[問合せ]080-4473-0550(一般社団法人ヨコスカ・ジャズ協会)
※3歳未満のお子様の入場はご遠慮ください。

 

*11月2日(土)、3(日・祝)には、近隣のドブ板通りで「横須賀トモダチジャズ2019 ”Dobuita Bourbon Street”も開催されます!!

 

 

  • 地域
    横須賀三浦地域

    横須賀芸術劇場は、横須賀市民の生活を心豊かにする人と文化をつなぐ場として、戦後日本ジャズ発祥の地・EMクラブ(米海軍兵員クラブ)の跡地に平成6年(1994年)2月にオープンしました。EMクラブは戦後日本のジャズ発祥の地であり、終戦直後からルイ・アームストロングなど世界的なエンターテイナーが度々演奏に訪れました。また、ジョージ川口、原信夫など後年わが国を代表するミュージシャンたちが熱い演奏を繰り広げるなど、全国に本場アメリカの香りの音楽を発信していました。

    大劇場(よこすか芸術劇場)と小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)の2つの異なる顔を持つ劇場からなり、オープン以来、国内外の有数のオペラやバレエ、クラシック音楽など数多くの公演を行い、活力のある横須賀のシンボルとして<芸術文化と賑ぎわい>の拠点となっています。

    • 住所
      神奈川県横須賀市本町3-27
    • 電話
      046-828-1600
    • 営業時間
      【休館日】毎月第2水曜日、および年末年始
    • 駐車場
      有(有料地下駐車場〈ベイスクエア・パーキング〉) ※地下駐車場は一般駐車場のため、曜日・時間帯によっては、大変混雑します。特に車高1.7mを超える車は駐車できない場合もありますので、ご注意ください。
    • URL

    Map

関連記事