MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
その他
2019.09.12

横浜中華街からラグビーを盛り上げよう!

横浜中華街 開催期間:2019.09.18〜2019.10.15
開催まであと2日

「横浜中華街RED×ニュージーランドBLACK -ラグビー発祥の地 横浜中華街からキックオフ-」

 

横浜中華街では、ニュージーランド大使館の後援のもと、「横浜中華街RED×ニュージーランドBLACK-ラグビー発祥の地 横浜中華街からキックオフ-」を開催します。

当イベントは、ラグビー強豪国であるニュージーランドの文化・観光・物産を紹介する国際交流イベントです。

横浜中華街はニュージーランドを応援しています。

 

横浜中華街RED×ニュージーランドBLACK
-ラグビー発祥の地 横浜中華街からキックオフ-
[日時]9月18日(水)~10月15日(火)
[場所]ChinaTown 80 オープンスペース(横浜市中区山下町80番地 横濱ディアタワー1階)
[内容]ラグビー強豪国であるニュージーランドの文化・観光・物産を紹介します
[主催]横浜中華街発展会協同組合
[後援]ニュージーランド大使館、ニュージーランド政府観光局、神奈川県、横浜市文化観光局
[問合せ]045-662-1252(横浜中華街発展会協同組合)
[URL]https://www.chinatown.or.jp/info/rugbyworldcup2019/

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

    横浜開港後、貿易商人たちの居留地として開発されたのがルーツです。1868年その一角に約1,000人の華僑が居住し、現在の中華街の原型ができあがりました。現在では、500件以上の店舗が立ち並ぶ、世界最大級のチャイナタウンに発展しました。関羽を祀る「関帝廟」、隣国や隣家と仲良くする「親仁善隣」という看板が掲げられた善隣門、2006年開廟した海の守護神を祀る「横濱媽祖廟」など、中華街の魅力は近年一層充実しています。

    Map

関連記事