MAGCUL マグカル

「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
「マグカル・ドット・ネット」は、神奈川県内のアート・カルチャー情報を発信するサイトです。
神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を推進しています。
(別ウィンドウで開きます。)
演劇・ダンス 音楽
2019.10.16

名門・松山バレエ団総出演で贈る、超大作バレエ・ファンタジー!

神奈川県民ホール 開催日:2020.03.20
開催まであと104日

「松山バレエ団 新『 白鳥の湖』 全4幕」

 

名門・松山バレエ団が1994年に発表し、その後も進化し続ける壮大な新『白鳥の湖』が、25年ぶりに神奈川県民ホールに登場します!白鳥たちの幻想的な舞い、絢爛豪華な舞踏会、魔王ロットバルトとのスリリングな闘いなど、見どころが満載の新『白鳥の湖』。神聖ローマ帝国を舞台にした壮大な愛の物語が、チャイコフスキーの美しい音楽とドラマティックに絡み合い、観る者を夢の世界へと誘います。儚く繊細な白鳥オデットと妖艶な黒鳥オディールを演じ分ける、世界のプリマ・森下洋子の圧倒的な表現力も必見です。松山バレエ団総出演でお贈りする超大作に、どうぞご期待ください!

 

《STORY》
魔王ロットバルトの呪いで白鳥に姿を変えられた皇女オデットと、神聖ローマ帝国の皇太子ジークフリードは、湖畔で運命的な出会いを果たし、心を通わせる。ところが、翌日の戴冠式で新皇帝となったジークフリードの前に、ロットバルトがオデットに瓜二つの王女オディールを連れて現われ、惑わされたジークフリードは彼女に愛を誓い、皇妃として戴冠させてしまう。真実を知ったジークフリードは、オデットと真の愛を貫き通し、オデットと王国を救うために死を賭して魔王に挑む。

 

 

松山バレエ団 新『 白鳥の湖』 全4幕
[日時]2020年3月20日(金・祝)15:30〜(14:45開場)
[会場]神奈川県民ホール 大ホール
[台本・振付・演出]清水哲太郎
[音楽]P.I.チャイコフスキー
[出演]森下洋子(オデット&オディール)、松山バレエ団、河合尚市(指揮)、東京ニューフィルハーモニック管弦楽団(管弦楽)
[料金](全席指定)S席¥10,000、S席ペア¥19,000、A席¥7,000、B席¥5,000、C席¥3,000、子ども・学生(3〜24歳・枚数限定)¥2,000
※学生券はチケットかながわのみで取り扱います。
[チケット販売]チケットかながわ
[主催]神奈川県民ホール
[問合せ]045-633-3798(神奈川県民ホール 事業課)
※3歳から入場可(1人1枚チケットが必要です)。
※3歳未満のお子様の入場はご遠慮ください。

 

 

  • 地域
    横浜ベイエリア(中区・西区)

    1975年、山下公園・横浜港・中華街などの恵まれた環境の中、全国屈指の大型文化施設として、また国際レベルの音楽、舞台芸術、そして美術に親しむ空間として誕生。世界で活躍するアーティストを中心に、充実した公演を開催し、芸術文化の創造と振興につとめています。

    • 住所
      神奈川県横浜市中区山下町3-1
    • 電話
      045-662-5901
    • 営業時間
      開館時間:9:00〜(閉館時間は公演による)

    Map

関連記事